冬キャンプに向けて注意しておくポイントを覚えておこう!

キャンプ時の体感的に感じる寒さだけでなく、時期やキャンプ場の場所によっては路面・地面の凍結によって様々なトラブルが起こりやすいのが冬キャンプです。せっかくのキャンプを安全に、快適に楽しむために、火の管理や車、テントの設営にまつわる冬キャンプならではの注意点をまとめてみましたのでこの機会にぜひ覚えておきましょう。

キャンプ道具の忘れものには注意!

キャンプ場に到着して「忘れものをした!」なんて経験はありませんか?
夏場のキャンプではそれほど気になりませんが、寒い季節のキャンプで忘れ物をしてしまうと、ものによっては快適にすごせなくなる場合もあります。特にテント関係の忘れ物には要注意です!

・テント
なかなか忘れることはないかもしれませんが、テントが無ければキャンプをしても寝るところが無くなり困ってしまいます。
出発前にテントとセットになっているポールなども、ちゃんと入っているかを合わせて確認しましょう。前回のキャンプから入れっぱなしだと思っていて確認しないままでポールを忘れてしまうと、テント自体を設営することができなくなりますので、注意が必要です。

・グランドシート
テント設営時に、地面とテントの間に敷くシートです。グランドシートには、テントの底面が小石などで傷つくことを防いだり、悪天候時にテント内への浸水を防ぐこと、地面からの底冷えを防いでくれる役割があります。このグランドシートを忘れてしまうと小石などでテントが傷つきやすくなりますし、底冷えを引き起こし睡眠の妨げになる可能性があります。
そのため、キャンプをするときには必ずテントとセットで持ち運びましょう。

・インナーマット
就寝中の底冷えを防ぐのにもう一つ必要なのが、テント内に敷くマットです。グランドシートでは防ぎきれなかった冷気を遮断してくれます。冬場でのおすすめはなるべく分厚い生地のもので、冷気を十分に遮断してくれるマットを選びましょう。ちなみに、銀マットでよくある間違った使い方が、アルミシートの方を上にしてしまうことです。アルミシートの部分は、冷気を遮断してくれる効果があるため、上むきではなく下向きに敷くようにしましょう。ウレタン素材を上にすることで保温性も上がりますし、分厚いものであればクッション性も上がります。

・暖房器具
冬キャンプを行う上で最も重要で、忘れてはいけないのが暖を取るための暖房アイテムです。
周りに何も遮るものがないことが多いキャンプ場では、他の場所に比べて気温がグッと下がります。気温が低かったとしても焚き火台や燃料式のストーブを用意しておけば、暖かく快適な時間を過ごすことができるので忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。
また、電源付きのサイトに設営することができるのであれば電気毛布などの電気式の暖房器具を使用することもできるのでオススメです。

次は実際にキャンプをする上で注意しておきたいポイントをまとめてみました。

冬キャンプで気をつけておく注意点

1.水の確保
キャンプ場の環境によっては、冬場は凍結対策で水道が使用することができない場所もあります。事前に調べておくことが重要ですが念のため、他のシーズンよりもミネラルウォーターを多めに持って行くといざという時でも安心です。

2.キャンプ場までの道路の凍結対策
冬キャンプの注意するポイントはキャンプ場に着くまでにもあります。冬場の道路は路面凍結の可能性もあり他のシーズンに比べて路面状況がまったく違います。路面が凍っていてもスリップしないようにスタッドレスタイヤに替えておくか、そこまでの装備が入らない場所であってもいざという時の滑り止めチェーンの用意はしておきましょう。

3.テント周りの対策はしっかりと!
積雪地域にあるキャンプ場では、テントは時間とともに雪まみれになる可能性もあります。そんな状態が長時間続くと心配になるのがパーツ部分の凍結。
ポール内部のショックコードが切れてしまったり、ファスナーが凍ってしまって開けられないということにならないよう、
日頃から定期的に防水スプレーで対策を行っておきましょう。普段では行わないような細かいところまで念入りにしておくことがポイントです!
また、テント内の熱で雪が溶けてしまい、ペグやロープが緩んでしまうと倒壊する危険もあるため設営前にしっかりと雪を踏み固めておきましょう!

4.暖房器具による一酸化炭素中毒
冬キャンプでの心強い味方である暖房。手軽に取れる暖かさと雰囲気の良さから石油ストーブなどをテント内に持ち込む方も多いと思いますが誤った使い方をしてしまったことによる事故は毎年のように発生しています。
テント内では大前提としてそもそもの火器使用は厳禁とされていますが、持ち込まなければならない状況では必ず定期的な換気を心がけ、警報機を設置してこまめにチェックしておくなど充分に注意しながら使用しましょう。

5.火の取り扱いには細心の注意を
他のシーズンに比べて冬場は空気が非常に乾燥しやすいため、少しの火種でも簡単に燃え広がってしまいます。
そのため置き場所にも注意が必要です。直火が許可されているキャンプ場でない限り、薪ストーブや焚き火は地面へのダメージを考え、地面からある程度の距離を取るようにしましょう。また雪の上に直接ストーブを置くのもNGです。ストーブ本体の熱で下の雪が溶けてしまい、店頭する恐れがあります。
暖房器具を使用するときは、舞い上がった火の粉や熱がテントや衣服に燃えうつらないよう細心の注意を払いましょう!

まとめ

今回は冬キャンプで注意しておくべきポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?
初心者の方でこれから冬のキャンプにも挑戦したい方もいらっしゃるかと思いますが、まずはじめのうちは電源付きのサイトを選んで、なるべく火は使わないようにしましょう!
ゆっくりと知識を蓄えていき、安全で安心なキャンプを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA