寒さ対策は足元から!テントシューズの選び方

登山や雪中キャンプをする時だと、防水機能はぜひあってほしいところです。テントの外が雪だったとしても、防水機能がついていれば、テントシューズを履いたまま外に出られます。

除雪やトイレといった所用でテント外に出るたびに脱いでいたのでは、せっかくテントシューズで暖かさを保っていた足が冷えてしまいます。靴底はラバーなどである程度厚みがあり、汚れづらく水をはじく素材が貼られていればなお良いです冬のキャンプはハイシーズンにはない魅力で一杯のため、初めてチャレンジしようと
思われている方も多いのではないでしょうか?
屋外で活動するための服装の防寒対策バッチリでも意外とおろそかにしがちなのが室内での防寒対策。
今回は足元からの冷えを防いでくれる冬用テントシューズについてまとめてみました!

・テントシューズとは

テントシューズとは名前の通り、冬キャンプで宿泊したときに足元からの底冷えを防いでくれるシューズです。基本的にテント内で使用することを主に想定されいるので、テントシューズを履いたまま寝袋に入って寝ることもできます。

テントシューズにも種類があり、外生地に防水機能が搭載されているもの、ソールが付いていて雪の上をそのまま歩区ことができるものもあります。テントの外にあるものを取りに行きたいときに、そのためだけに登山靴や防寒靴をはきなおす手間がなく、余計に寒い思いをしなくてもすみます。

・採用されている素材

基本的に冬用のテントシューズに採用されている素材は、寝袋に使用されている素材と同じものが使われていることが多いです。
寝袋に使用されている素材は主に2つで、化学繊維・ダウン素材に分けることができます。
それぞれに特徴があるので、ご自分の好みに合わせて選べば問題ないでしょう。

化学繊維・・・化学繊維はダウン素材に比べて、安価なものが多く・使用後の手入れも楽なのが特徴です。
グレードの高い化学繊維のものほど保温力も高くなります。
デメリットとしては、重さがあり安易に安いものを購入してしまうと保温性能があまり良くない点です。

ダウン素材・・・化学繊維に比べて保温性能が高く、寒冷地でも問題なく使えるところが特徴です。
また軽いので、気軽に気軽にど声でも持って行ける手軽さもあります。
デメリットとして価格が高くなってしまうこと、水に弱く保管状態に気をつけなければすぐに
カビが発生してしまうことなどが挙げられます。

・テントシューズの選び方

1.速乾性やメンテナンスのしやすさ
冬場の気温が低い状況で濡れてしまった服を着ていると、いつまでも体が暖かくなりませんよね。
また、気分的にも濡れていたり、湿っていたりしていると良くありません。

それと同じでテントシューズは着用していて蒸れないように、通気性・速乾性に優れた素材を使ったものがおすすめです。
速乾性に優れていれば、濡れてしまったとしても乾くのが早くて便利です。

2.防水機能があるかどうか
降雪地帯での雪中キャンプをする時は、防水機能を選んでおきたいところです。
もしテントの外が雪だったとしても、防水機能があれば脱ぎ履きする必要がなくテントシューズのまま外に出られます。

防水透湿性に優れたゴアテックス素材を使用したテントシューズも販売されていたりもするので、
そちらを選んでもいいかもしれませんね。

3.滑り止めがあるかどうか
基本的にはテント内で着用することをメインとしています。テントの床はラグ等を敷いていない状態だと滑りやすいので、
シューズの底面に滑り止めが付いているものを選ぶと移動がラクですし、転倒の危険がなく安全です。

ただし注意点として、就寝時に滑り止めがついていると寝袋に入りづらくなって不便です。そんな時のために販売されている表と裏で使用することができるリバーシブルタイプを活用しましょう。

4.軽量でコンパクトになるかどうか
テントシューズは必ずしも必要になるものではありませんが、足元が冷える冬のキャンプにはぜひ持って行きたいアイテムですよね。
アイテムが軽いためそこまで重量は考えなくても良いですが、登山をしてのキャンプともなるとアイテムの重量はとても大切です。

・室内用スリッパでも大丈夫!

年に数回しか行かないキャンプのためだけにテントシューズはちょっと。。。って方は、
量販店に売っている室内用のルームシューズで代用できるのでご安心を!
冬用のルームシューズでもキャンプで使うことができますし、価格も安いのでもしキャンプ場で汚れてしまっても
気軽に買い換えることができます。

ただ、注意点としてアウトドア用に比べて通気性や透湿性がないに等しいため、
シューズないが蒸れやすくなってしまいます。
これを許容できるのであれば、ルームシューズを使うのもありなのではないでしょうか?

・まとめ

今回は冬キャンプにはあると嬉しいテントシューズについてご紹介しましたがいかがでしたか?
どれだけ服装をあったかくしても、テント内の寒さは地面からやって着ます。
保温性に優れたテントシューズを使ってリラックスしたキャンプを楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA