まだまだ気を抜けない冬キャンプ!体を暖かくする素材はどれ?

キャンプに行く時、特に冬キャンプでの寒い場所でのキャンプで気にしなければならないのは服装です。
今年は例年にくらべて寒い日が多く、キャンプでの服装もより大事になってきます。

どういった服装で冬キャンプを楽しめばいいのか。
他の季節のキャンプとは違い、冬の場合、川辺のキャンプ場でも海辺のキャンプ場であっても水遊びをすることはほぼ無いと重いうので、基本的な服装はどの場所のキャンプ場出会っても同じになります。
今日はそんな服装をすればいいのか、また冬キャンプのインナーにオススメの素材”メリノウール”についてご紹介しようと思います!

冬キャンプの魅力

前回の記事でもご紹介しましたが、冬キャンプにはそこでしか味わえない魅力がたっぷり詰まっています!
もう一度冬キャンプの魅力をご紹介すると、

1.夏に比べて空気が澄んでいる
冬なので寒さはそれなりに厳しくはなりますが、その分夏よりも空気がとっても澄んでいてきれいですよね。
さらに夏だと、台風の影響や急なゲリラ豪雨が多いためキャンプを中止にしなければならない可能性も発生してしまいますが、
冬は夏に比べて天候が読みやすくなるためキャンプに行く予定も立てやすくなります。
また、日の出日の入りが早いため夏とはまた違った空気感を味わえるのも魅力の一つです。

2.人が少なく、貸切状態だってありえる
冬場は残念ながら休業になってしまうキャンプ場もありますが、クローズ期間がなく一年中営業しているキャンプ場も多くあります。
夏のキャンプが盛んな期間はキャンプサイトがほとんど埋まってしまいテントの設営や車の乗り入れまで大変ですが、
冬キャンプでは人もまばらなので、サイトでの設営をゆったりとすることができキャンプを楽しめます。
また、人気のあるキャンプ場や、設備の整っている高規格キャンプ場などの場所は夏場のハイシーズンには何ヶ月も前から予約を取らないとならなかったりしますが、
冬のキャンプならそんなキャンプ場でもタイミングがバッチリ合えば貸し切り状態の場合もあります。

3.虫が寄ってこない
アウトドアやキャンプが嫌いな人の理由の一つに、虫が苦手だからというのがあります。
キャンプ場で出会う代表的なものといえば蚊・アブ・蜘蛛などがいますが数えればキリが有りませんよね?
しかし、そういった虫に出くわす心配も冬キャンプにはありません。
虫は基本的に冬はエサもなく寒さに弱いので冬を越すために落ち葉の下や自分の巣にじっと隠れているか、
産卵を終えて死んでしまっているかのどちらかが大半です。
なので虫が苦手で今までキャンプに行かなかった型でも、キャンプデビューできるいい機会でもあります!

夏場はアウトドアのハイシーズンということで、どこのキャンプ場でも人が多くあまりゆっくりできないこともあります。
その点冬キャンプは一般的にはオフシーズンになるため、夏には予約がいっぱいだったキャンプ場でも人が
少なくゆっくりとキャンプの時間を楽しむことができます。
また虫がほとんどいないため、虫が苦手でキャンプを敬遠していた方でも安心して始めることができるのもポイントです!

冬キャンプでの服装のおすすめ”レイヤリング”

服装はレイヤリングが大事
レイヤリングとは、ウェアを”アウターレイヤー””ミドルレイヤー””インナーレイヤー”に分けることにより、活動中の体温調節を簡単に行うことができなおかつ汗による冷えをなくすことができます。
アウターレイヤーに関しては、キャンプでアクティブに活動する方でなければそこまで重視しなくてもいいですが、
この機会にぜひ覚えておきましょう!

・ベースレイヤー
肌に直接触れている下着のことをベースレイヤーと言い、登山中に出た汗を吸い取る役割が必要。
登山は普段よりも格段に運動量が多く汗をたくさんかきやすいため、すぐに汗を吸い取り早く乾いてくれるものがおすすめです。
長袖か半袖が一般的ですが、女性用に向けてスポーツブラやタンクトップ型の製品も販売されています。

・ミドルレイヤー
肌着とアウターの間に着るものをミドルレイヤーと呼びます。
保温力の高いフリースや長袖シャツ、インナーダウンなどのアイテムがよく使用されています。
冬であれば保温力の高いフリースを、夏などの暑い時期なら通気性に優れた半袖シャツなど、季節によって必要になってくるアイテムは変わってきます。
これも活動される季節によって選ぶものが変わってきますので必要になれば購入していきましょう。

・アウターレイヤー
一番外側に着るジャケットがアウターレイヤーです。
風・雨・気温などのあらゆる条件から身を守るウェアで、防水性、防風性、透湿性などの機能が必要となります。
冬キャンプではどちらかというと、保温性を重視しなければならないので、ダウン入りのアウターレイヤーなどを用意しましょう。

冬キャンプのインナーに最適な、”メリノウール”とは

メリノウールとは

メリノウールとは、ウール(羊毛)の一種で、メリノ種と呼ばれる羊からとれるウールのことを指します。
メリノウールの生地は夏に着用して汗をかいてもさらっとした肌触りが続きます。
また汗を素早く吸収して発散させ、雑菌の繁殖を抑えて臭いを防いでくれます。さらに繊維の間に空気を多く含むので断熱効果が高く、繊維に吸湿した時に発熱する量が多いため冬に高い保温性を発揮します。

化学繊維との違い

インナーウェアの人気が高いブランドとして、mont-bellがあります。
mont-belからもインナーウェアの種類として、メリノウールを使用したシリーズと、化学繊維を使用しているジオラインというシリーズがありますが、どういった違いがあるのでしょうか。
ジオラインとスーパーメリノウールで比較してみました。

ジオライン
化学繊維でできてる(ポリエステル100%)・速乾性に優れている。
防臭効果でニオイを抑えてくれる・静電気が起きにくい

スーパーメリノウール
羊の毛でできてる(天然素材100%)・ジオラインよりも優れた発熱量。
汗をかくとウールがその水蒸気を吸湿して熱を発生させて暖かくさせる仕組みがある
天然素材のため免疫機能による制菌・防臭力がある

ぱっと見では同じような機能性で、素材が違うだけのようにも思いますが、
化学繊維の方は、どちらかというと冬場でもアクティブに動く、登山やスノースポーツでその威力を発揮する素材
のようです。
一方のメリノウールは、発熱量が高く保温性に優れているため、あまり動かず冷えた場所に長くいることが多い冬キャンプの
ようなシチュエーションに最適な素材と言えます。

まとめ

今回は冬キャンプの服装についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
大事なのは、レイヤリングで体温の確保をしつつ、簡単に体温の調節をできるようにする。ということです。
また、一番下に着ることになるインナーレイヤーには、できれば発熱性・本姓に優れたメリノウール素材を使用したインナーをおすすめします。
しっかりと防寒対策をして、誰もいない・空気の澄んだキャンプ場で贅沢な時間を満喫してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA