冬キャンプでも快適に過ごそう!秋冬キャンプでの暖房の種類。

寒さが厳しくなって来たこの時期でのキャンプに必ず必要なのは暖を取るための暖房器具。
アウトドアでも使用できる暖房器具といってもガス、石油、電気など多種多様な種類が販売されているため、どれがいいのかわからなくなってしまうことも。今回の記事では燃料の違いによるそれぞれの特徴とアウトドア用としての選び方をご紹介します。
ぜひ自分にぴったりのストーブを見つけてください!

・ストーブが必要になるシチュエーション

そもそもの話、キャンプにストーブなどの暖房アイテムは必要なのか?とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

春や夏の日帰りキャンプを楽しむ分には、ほとんどの場合が必要ありませんが、高地でのキャンプ時や、秋から冬にかけて宿泊するキャンプでは、街中で過ごすときとは寒さが全然違うため手軽に暖を取れるアイテムは必要になって来ます。
また夏であっても、昼間は涼しく快適ですが、場合によっては夕方から夜にかけて、気温が下がる朝方にかけては、非常に冷え込みます。夏にヒーターが必要というのは少し言い過ぎかもしれませんが、アウトドアでの寒暖の差はそれほど違います。
秋や冬にかけてのキャンプでは、なおさらストーブが必要不可欠なアイテムのひとつです!

自然での寒暖の差をきちんと把握し、キャンプを行う場所の気温にマッチした暖房器具を用意しましょう。
他のアイテムを冬用にすることで暖房を使わずに過ごすこともできますが、手軽に購入できるものを選べば快適に過ごすことも可能です。

・アウトドアでも使える暖房器具の種類

:石油ストーブ
燃料は全国のガソリンスタンドで入手でき安価な灯油を使用するストーブ。
灯油はガソリンなどに比べても比較的安全に持ち運ぶことができます。また、天板の上に鍋を置けるタイプのものだとお湯を沸かしたり簡単な料理が作れてしまうのもポイントです。
暖める能力も高く、ストーブの種類によっては全方向を暖めることが可能です。
また、キャンプで使用するだけでなく普段の自宅使いから、いざという時の備えとしても活躍します。
デメリットとしては、使われている部品が多くそれなりの重量のため持ち運ぶのに苦労しますし、日数によっては別で灯油を用意していなければなりません。

:ガスヒーター
ガスヒーターの魅力はコンパクトさと手軽さ。何と言ってもこれにつきます。CB缶さえ用意できればどなたでもすごく簡単に暖をとることができます。燃料もホームセンターやスーパーなどでも手に入れることもできるカセットボンベのため、保管や持ち運びも楽ですし、販売しているメーカーも種類も豊富で安く買うことができルところもメリットです。
デメリットとしては、次に紹介する電気ストーブと同様に暖房能力がそこまで高くなく、熱源を放射している方向でしか暖をとることができません。キャンプでの使用には足元に置いて下半身を暖めるのに向いています。

:電気ストーブ
電気ストーブも同様に本体の軽量さと手軽さが魅力のアイテムになります。
こちらは燃料を使わず電気を利用して熱源を放射する仕組みのため、空気が乾燥しにくいのも特徴の一つです。
比較的安価に入手することができ電源さえあれば常に使用することができるのもメリットです。
デメリットとしては、電気を使えないキャンプ場ではアイテムとして使い物にならない。ということとガスヒーターと同じで一定方向にしか熱源を放射できないところです。

:薪ストーブ
焚き火と同じ薪を燃料とし、薪をくべて本体の中で燃焼させることで熱を発生させます。
燃焼能力は4種類の中ではずば抜けて高いため素早く暖をとることが可能です。火力は薪の量や空気窓からコントロールすることで比較的容易にできるため、石油ストーブ同様に料理もOK。
しかしデメリットもそれなりにあり、薪ストーブをテント幕内で使用するには幕内で暖房を使用可能なテントを用意したり、
薪が不完全燃焼を起こすことで発生する一酸化炭素中毒には最新の注意が必要です。

・ストーブ使用時の注意するべきポイント

:一酸化炭素濃度に注意する
灯油を燃料とした石油ストーブや、薪ストーブを幕内で使用する際は、一酸化炭素濃度が高くならないようこまめにチェックすることが必要です。密閉された幕内での使用は絶対に止め、定期的に空気を入れ替えたりなどしてこまめな換気を心がけましょう。

:熱源との距離
テントの素材に化学繊維を使用している場合は、テントやタープと熱源との距離が近いと放射されている熱で溶けてしまう可能性があります。距離には十分注意してください。テントが溶けるのが心配な方は何年素材のコットンやポリコットン製のテントを使用しましょう。

:灯油のニオイに注意
灯油は他と比べるとニオイの強い燃料です。キャンプ場に向かうときに車が揺れてこぼれたり、給油時にこぼれてしまうとニオイが車内に充満してしまうことも。そうならないよう、移動時は厚手のビニール袋で包んだり、トレーの上に灯油缶を載せるなどして、こぼれないような対策を行いましょう。また、給油は必ずテントの外でするようにしましょう。

:付けっ放しで寝てしまわない
夜間に突然の雪が降ったり、ベンチレーションのために設けられている部分が雪で塞がれてしまって密室になる可能性もあります。暖かいからといって常に付けっ放しにするのではなく、就寝時にはきちんと消火しておきましょう。

・幕内での使用は一酸化炭素チェッカーが必須!

常に換気を行なっていたとしても、やはり一酸化炭素中毒の危険性に心配になられる方も多いかと思います。
現在、D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア)などから手軽に濃度のチェックができ、危険濃度になると音で警告してくれる
”一酸化炭素チェッカー”が販売されています。
定期的に換気を行いつつ濃度チェッカーも合わせて確認しておけば安心して暖房器具を使用することができますね。

・まとめ

今回は冬キャンプにもはや必要不可欠な暖房器具についてご紹介させていただきました。
手軽に団を取れてサイトの雰囲気もアップさせてくれるおしゃれアイテムとして、SNS等でもよく見かけるようになって来ましたが、種類毎の特徴や、一酸化炭素中毒にならないための対策など、注意するべきことを把握して使用するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA