冬キャンプにタープは必要?オススメの種類を紹介

冬キャンプは、暖房器具・防寒着・寝具など、他の季節のキャンプに比べ荷物も多くなりがち。夏によく使われるタープは、荷物を少なくするために、削られるアイテム候補となりやすいようです。

しかしタープは、冬こそ快適に過ごすための非常にマストなキャンプアイテムなんですよ。

今回は、

  • 冬でもタープが必要な理由
  • 冬におすすめのタープの種類

などを、詳しくご紹介します。

目次

意見は分かれるが、あった方が快適に過ごせる!

「タープは必ずしも必要か」と言うと、キャンパーの中でも意見が分かれるところ。とはいえ、タープがあるとテント以外にゆったりできるスペースが増えるのでおすすめです。

かさばりやすく荷物になりやすいといっても、ワンタッチでコンパクトなタープもたくさんあります。それでは、タープがあった方が良い理由を3つ解説していきましょう。

テントの前室(キャノピー)では足りない

テントの前室を広げる
出典元:MODERN DECO


テントの入り口のひさし部分、いわゆる前室(キャノピー)は、日除けになったり荷物置きになったりと、とても便利です。1人や2人などの少人数だと、キャノピーを広げた下にイスやテーブルを置いて過ごすこともできます。

しかし、たとえ大型のテントであっても、キャノピーはそこまで広くありません。テーブルを置くと荷物が置けなかったりするものです。

また、キャノピーを広げるとテントの入り口も開いてしまうため、テントの中は凍えるような寒さになってしまうことも

子ども連れでテントの中で寝かせておくときや、ファミリーやグループキャンプで先に休む人がいる場合は、キャノピー全開にするのは忍びないもの。

テントとタープ
出典元:Instagram@yama_free

そのため、タープが一つと、他の人に気を使うことなくスペースを活用できます。テーブルを置いても充分な広さがあるため、飲食を楽しみつつ、くつろぐこともできます。

枯葉などの舞い散りや、少しの雨も防いでくれるので安心して外で過ごすリビングスペースとなるでしょう。

雪が降っても活動できる

雪の中のテント

自然の中にあるキャンプ場では、急な天候の変化は当たり前。とくに山に近いキャンプ場などの場合は天気予報が外れることも多々あります。

さらに冬は雪の降る季節。屋根の代わりとなるタープがあれば、突然雪が降ってきても、BBQや焚き火をすることも可能です。

また、タープの下では燃料系の暖房器具も使えて、あたたかさもある程度キープできるので、快適に過ごすことができ安心です。

少々の雪が降ったところでタープはびくともしません。テント以外に活動ができるスペースがあると、天候に振り回されることなく冬のキャンプを思う存分楽しめますよ。

露や霜対策になる

露に濡れたフィールド

テントの上にタープを張ることで、やっかいな露や霜をある程度防ぐことができます。

気温がグッと下がる冬のキャンプでは、夜中から明け方に露や霜が降りることによりテントが濡れてしまったり、凍ってしまったりすることがあります。

テントが濡れてしまうと完全に乾かし切るまでかなり時間がかかり、その後の後片付けに手間と労力がかかるためとても厄介なもの。

タープの中にテント
出典元:Instagram@michi_camp_

就寝前などにオープンタイプのタープをテントの上に張ると、露や霜対策になります。

この原理は、タープとテントの間に空気の隙間ができるので空気が循環し、露や霜がつきにくくなるというものです。ダブルウォールテントの二重構造の仕組みに似ていますね。

タープとテントは必ずくっつかないように張り、きちんと正しく設営するのがポイントです。

おすすめはスクリーンタープ

スクリーンタープ
出典元:Amazon

さまざまな種類の中でも、冬キャンプにおすすめなのは「スクリーンタープ」です。スクリーンタープは作り自体にメリットがあり、キャンプの必須アイテムとして活躍が期待できます。そこでその魅力を詳しく解説していきましょう。

フルクローズすることで風を防げる

フルクローズドのスクリーンタープ
出典元:Amazon

スクリーンタープは1枚屋根のオープンタープと違い、天井だけでなく側面も覆う作りのタープです。

壁部分(側面)はスクリーンといってメッシュで透けている素材が使われているため、開放感のある通気性に優れた構造になっています。

さらに、このスクリーン面は閉じることもできるので、すべてをフルクローズすることも可能。雨や雪だけでなく風も防げるためも、冬の防寒対策にも役立ちます。

石油ストーブなど燃料系の暖房器具が使える

出典元:Instagram@lemonhope.skr

通気性のあるスクリーンタープだと、一酸化炭素中毒のリスクがある燃料系ストーブも問題なく使えます。

石油ストーブ・薪ストーブなどの燃料系の暖房器具は、コンセント要らずで、じんわりポカポカしたあたたかさが持続するなど、冬キャンプには大変重宝する暖房器具です。

やかんや小鍋を一緒にあたためることもできるので、冬キャンプではとても人気のあるアイテムの一つ。

しかし、人体に毒となる一酸化炭素を排出する暖房器具でもあります。一酸化炭素は、無臭かつ無色で気づきにくい厄介なもの。一酸化炭素が充満すると、気が付かない間に一酸化炭素中毒になる恐れがあるので注意が必要です。

温度計

燃料系の暖房器具を使うときは充分な換気をする必要があるため、せまく密閉しがちなテント内での使用は基本的にNG。

しかしスクリーンタープなら、メッシュの全面窓であるスクリーンが常に換気の役割をするので問題なく使えます

有毒な気体を直接外へ排出するので、わかりにくい一酸化炭素の発生をしっかり防御してくれるので安心して冬キャンプに持参できますね。

夏にも大活躍する

スクリーンタープ
出典元:Amazon

夏場によく活躍する一般的なオープンタープは開放的で使いやすいのですが、横からの雨風や虫の侵入はどうしても避けられないという問題点があります。

スクリーンタープだと通気性が良く、全面メッシュ窓なので虫の侵入を防ぎ、風だけが通るという仕組みなので便利です。

涼しく快適に使えるのはもちろんのこと、スクリーンの開閉具合も調整できるので、密封しすぎることによる熱中症なども防いでくれるのも魅力といえるでしょう。

スクリーンタープ

夏につきものの夕立や急な局地雨なども、フルクローズすれば完全にシャットアウトできます。

冬だけでなく、夏キャンプにも大変使いやすく大活躍すること間違いなしです。

スカート付きで冷気の侵入を防ぐ

スクリーンタープのスカート
出典元:Amazon

スカートとは、テントやスクリーンタープのフライシート部分(床面)から、地面へ伸びるヒラヒラとしたカーテン状の生地のことを指します。

タープやテント内に入ってこようとする外気を遮断する役割があるため、スカートがついているかいないかで、冬キャンプを快適に過ごせるか大きな差があります。ペグでしっかり固定することで(ペグダウン)、風によるバタつき。

ただし、すべてのスクリーンタープにスカートがついているとは限りません。タープのスカートは冷気の侵入のみならず、害虫の侵入も防ぐため年間を通しておすすめできるタイプです。

スクリーンタープを新たに購入する際は、スカート付きのものを選ぶのがおすすめです。

また、すでに持っているスクリーンタープがスカート付きでない場合は、後付けすることも可能です。冬場でも快適過ごせるようアレンジしてみましょう。

まとめ

ただでさえ荷物が多くなる冬キャンプではタープが削られがちですが、タープがいかに便利で必要性があるのかを詳しく解説していきました。そしてスクリーンタープがおすすめな理由もご紹介しましたが参考になれば幸いです。

  • ゆったりくつろげるリビングスペースになる
  • フルクローズができるので雪や急な雨・風でも、問題なく活動できる
  • スカート付きで冷気をシャットアウト
  • テントの上部にきちんと張ることによって冬場に厄介な露や霜対策にもなる
  • 換気が充分にできるので石油ストーブが使える
  • 実は冬場だけでなく夏場にも使えるので年中活躍する

など、さまざまなメリットがあります。

少人数での冬キャンプでもコンパクトなタイプのタープもあるので、目的に合わせて選んでみてくださいね。使いやすいタープをおともに冬キャンプを楽しみましょう。

タープを長く使うために必要な、使った後のお手入れ方法などについてはこちらで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

冬キャンプをするときは、寒さ対策のための服装やおすすめの暖房器具などをしっかり押さえておきましょう!冬のキャンプで注意しておきたいポイントも合わせてチェックできるので、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる