初心者でもわかるタープとテントの違い| WAQ OUTDOOR JOURNAL

タープ

アウトドアショップに行くと専門用語が多く使われており初心者の人は戸惑ってしまうかもしれません。
中でも戸惑ってしまうのがタープとテントの違いについてです。
形状は似ていますが使用用途が全然違います。
そこで今回テントとタープの違いや使用用途などを解説します。

テントとタープの違い

キャンプの際にテントを寝室とすると、タープはみんなでくつろぐリビングのようなものです。

ポールの上部にシートが付いており日差しや風・雨などを防いでくれる役割があります。
特に夏のキャンプ場は日射が強くタープもなしで過ごしていると熱中症になる危険性があり、快適なアウトドアライフを送るには必要不可欠なアイテムとなります。

また、一言にタープと言っても種類が豊富で使う用途によってサイズなどが変わってきますので、人数や状況に合わせて選ぶ事が大切です。
よくキャンプ場で目にするヘキサタープや、バーベキューをする時によく使われる組み立てが簡単なワンタッチタープなど紹介していきます。

タープの種類と特徴

キャンプ場などでよく見かけるウィング・ヘキサ・レクタ・スクエアなどのタープ類。
タープとハンモック
これらのタープは、ポール1本に対して2本のロープを張ることでポールを支え、その他の部分もロープで引っ張ることで設営します。

  • 風の抵抗に強く開放感がある。
  • 比較的設営が簡単で慣れれば一人でもできる。
  • 自在にアレンジでき応用がききやすい。
  • スクリーンタープやワンタッチタープに比べて比較的重量が軽い。

慣れると1人でも設営できるのが魅力的なのですが、ポールの立て方に馴れがいるので最初のうちは人数を多めに使い設営するのがいいでしょう。

※ただし、レクタタープとヘキサタープについては比較的大きなモデルが多いため風の抵抗に弱く設営が大変です。
その分、より大人数で使用することができ、開放感は段違いです。

スクリーンタープ

スクリーンタイプ
こちらもキャンプ場などで見かけることのあるサイドにメッシュ素材が使用されたタープです。
防虫性能が高く、夏であればコットなどを利用して眠ることもできます。

  • 風にかなり弱く、開放感に欠ける
  • 居住性、防虫性能はタープ類の中で群を抜いている
  • 収納性に欠け、設営も大変
  • 比較的狭い区画でも設営可能

他のタープに比べると設営も大変なタイプにはなりますが、虫の多い夏場は活躍してくれキャンプサイトの区画が狭い場合でも自立式のタイプであれば効率よく使用することができます。

設営が簡単なワンタッチタープ

ワンタッチタイプ
BBQなどでもっともよく見かけるのが設営も簡単なワンタッチタープになります。

  • タープよりも風に弱いが、開放感がある
  • これまで紹介した中で一番重く、収納性に欠ける
  • 設営が簡単で初心者でもすぐに設営できる
  • 狭い区画でも設営可能で、もしもの時もすぐに移動できる。

初心者でもすぐに設営できるほど簡単で、キャンプ場というよりはビーチやBBQなどで使用されることが多いかと思います。
キャンプ場では収納性の悪さなどからあまり使われないようです。

最近ではサイドにメッシュやシェードを取り付けられるものもあり、凡庸性の高いモデルです。

レイアウトの基本

まずはテントとタープを立てる前に、レイアウトを確認してから設営を行うようにしましょう。

テントとタープだけのレイアウトを考えがちになりますが、キャンプ場のレイアウトを考える際には主に、テント・タープ・キッチン・車の4つで考えると良いでしょう。

基本はこの4つの組み合わせになると思いますので、これらを視野に入れてレイアウトを考えてみましょう!
駐車場に車を止めた場合は車の位置を気にしなくていいのでレイアウトも広めに取ることができます。

最初になにをどこに配置するのか把握しておくことをオススメします。
また、言わずもがなですが、周辺のキャンプサイトに宿泊されている方への配慮も忘れずに行いましょう。

タープを使用して快適な時間を過ごそう!

テントと男性
キャンプの醍醐味は、自然の中に入っていき、その中で静かに流れる時間を楽しむものだと思います。
しかし、ただ自然の中にテーブルと椅子を置いたのだとしても不安になり、いまいち落ち着くことができなかったりするものです。タープがあるからこそ自然とのいい緩衝材になってくれなんとなく安心できますよね。
テントは寝室、タープはリビングに例えられますが、目一杯くつろげて、楽しいキャンプの時間を作っていきましょう!

WAQオンライン公式ストア