タープとは?初心者でもわかるテントとの違いや選び方のポイント| WAQ OUTDOOR JOURNAL

タープ

「テントとタープの違いってなんだろう」
「テントがあればタープって必要なさそうだけど、いるのかな?」

アウトドアグッズは種類が多くて、キャンプ初心者の方は戸惑うことも多いかもしれません。

たくさんあるアウトドアアイテムの中でも「何がどう違うの?」と疑問に思う代表格が、タープとテントの違いについてです。

なんとなく同じように見えるテントとタープ。

しかし、テントとタープの役割や使い方はまったく違うもので、キャンプではタープがあった方が快適に過ごせます。

今回は、アウトドア・キャンプ初心者の方に向けて、テントとタープの違いやタープがあることで得られるメリットやデメリットについて解説していきます。

この記事でわかること

  • タープとテントの違い
  • タープの必要性
  • タープの種類
  • 初心者にオススメのタープ

この記事を読めば、テントとタープの役割の違いが理解できて、タープがあることでキャンプライフが快適に過ごせる理由がわかります!

タープとは?テントの違いは?

タープとテントの違いは次のとおりです。

  • タープ
    屋根の役割を果たす。みんなでくつろぐリビング空間を作る。
  • テント
    寝室の役割を果たす。身体をゆっくり休めるため空間を作る。

このように、タープとテントにはそれぞれ役割があります。

それでは、タープとテントの違いを細かく説明していきます。

タープとは

ヘキサタープ
「タープ:Tarp」の意味は、「太陽の日差しや雨を防ぐための大きな布」です。

タープを張ることによって屋根ができるため、空から降り注ぐ太陽の光や突然の雨を防いでくれます。
特に強い日差しが照りつける夏のキャンプでは、熱中症対策や日焼け対策としても役立ちます。

「青空の下では開放感がありすぎて少し落ち着かない」といったときも、タープで屋根を作ることで守られている感覚が出るため不思議と心が落ち着くはず。

イスに座ってくつろいだり、キッチンスペースを作ってみんなで飯を食べたりなど、自然の中でくつろぐ居住空間を作るのに便利なアイテムのひとつです。

テントとは

テント
テントは気密性が高く、居住に適した空間を作り出します。

キャンプマットや寝袋を敷いたりコットを置いたり。
キャンプでたまった身体の疲れを、ゆっくり癒すための場所です。

タープとは構造が異なり、テントのほうが気密性が高いため、雨風に対抗するときはテントの方が適しています。



このように、

  • タープはリビングのようなもの
  • テントは寝室のようなもの

という役割があります。

テントとタープを組み合わせて使うことで、リビング・寝室を分けて家の中と同じように過ごせる、と想像するとわかりやすいでしょう。

タープもテントも、自然の中で快適なアウトドアライフを送るためには欠かせないアイテムであるといえます。

タープのメリットとデメリット

タープがあることによって得られるメリットとデメリットをみていきましょう!

メリット

タープを設置することで得られるメリットは次の3つです。

  • 開放感が得られる
  • かんたんに設置できる
  • 持ち運びしやすい

開放感が得られる

タープは、大きく分けて「オープンタープ」と「スクリーンタープ」の2種類に分けられます。

  • オープンタープは、側面に布がないタイプ
  • スクリーンタープは、側面にも布があるタイプ

側面に生地がついていないオープンタープは、四方から風の通り抜けるため開放感が抜群です。
ゆったりくつろぎながら自然の風をダイレクト感じられるため、キャンパーたちにも人気。
テントで悩むことが多い結露や蒸れといった問題に悩まされることもありません。

かんたんに設置できる

タープの設営方法は、ポールで支えてペグ打ちし、ロープの張りを調整するだけでOK。
構造がシンプルなためテントと比べると組み立てがかんたんです。
慣れない最初のうちは少々難しく感じるかもしれませんが、ペグ打ちの場所やポールの立て方などのコツを掴めると、1人でも設営できるようになります。

持ち運びしやすい

タープに必要な部品は、布(タープ)・ペグ・ポール・ロープのみ。
テントと違ってシンプルな構造のため、必要なパーツも少なくコンパクトにまとまり持ち運びしやすいのもメリットの一つです。
積載量が限られるツーリングキャンプなどでも持ち運びやすいです。

デメリット

タープを設置することで得られるデメリットは次の3つです。

  • 横殴りの雨に弱い
  • 虫が寄ってきやすい
  • 風に煽られやすい

虫が寄ってきやすい

オープンタープの場合は側面がないため開放感がありますが、その分虫が寄ってきやすくなります。
虫と遭遇しやすい、春〜夏にかけては、虫除けなどの対策が必要です。

横殴りの雨に弱い

開放感がある分、横から入ってくる雨には弱いという欠点があります。
風を伴う雨の中タープの下にいるとびしょ濡れになる可能性もあります。

風に煽られやすい

風を受ける面積が広い分、風の影響を受けやすく、風向きによっては強い風が吹くと煽られやすいです。
タープの面積や張る高さによって変わりますが、ペグ打ちや風向きをきちんと把握せずに設営すると飛ばされる可能性も……。

そのためタープの設営では、ペグを打つ角度やフックの向きなどに注意しなければいけません。
タープやテントを設営するうえで基本となるペグに関する知識はしっかり身につけておきましょう!

強度の出るペグの打ち方は?テントが飛ばないようにする工夫など

キャンプにタープは必要?

テントと男性

寝床となるテントさえあれば、タープを準備しなくてもキャンプはできます。
キャンパーの中には、タープなしでキャンプをする方達もいます。

しかし、日除け・雨除け・テントの結露除けとなるタープがある方が安心して過ごせるでしょう。

また、寝室となるテントの中は、荷物がごちゃごちゃしてくつろげるスペースが意外と少なくなりがちです。
キャンプでは、居住スペースをいかに快適に確保するかが重要。
タープがあることで荷物を置けるスペースも広げられるため、テントの中でも快適にゆっくり過ごせるようになります。

さらにタープとテントを組み合わせることで、キャンプサイト内のさまざまなレイアウトが楽しめます。

  • 日除け・雨除け・テントの結露除けになる
  • ゆったり過ごせるスペースが広がる
  • キャンプサイト内のレイアウトを楽しめる

以上のことから、タープがあった方がより快適なキャンプライフを過ごせるでしょう。

レイアウトを決める基本

キャンプグッズ
安全かつ快適にキャンプを楽しむためには、キャンプサイト内のレイアウト(タープやテントの配置決め)は重要です!

レイアウトを決めるときは、次の4つを軸に考えていきます

  • タープ
  • テント
  • キッチン

駐車場に車を停めているなど車の位置を決める必要がない場合は、タープ・テント・キッチンで決めていきましょう!

レイアウトを決めるときの注意点

レイアウトを決めるときは、次の2つに気をつけてください。

  • 風向き
  • スペース

風向きに注意

強風
タープは風に弱いため、設営するときは風向きに配慮して設営しなければいけません。

特に、料理や焚き火などで火を扱う場合は、火の粉が飛んでタープやテントに穴が開く可能性もあります。
キッチンや焚き火をする場所は風下に設置することを忘れないようにしてください。

風が強いときは、タープが煽られて飛ばされるケースもあるため、風向きには細心の注意を払いましょう!

スペース

オートキャンプ場
キャンプ場には、好きな場所にテントやタープが設置できるフリーサイトと、区画が決められている区画サイトがあります。

  • 区画が決められたサイトの場合
    決められた範囲からはみ出して、周囲の人たちに迷惑がかからないように配置決める
  • 自由に使えるフリーサイトの場合
    周囲の人たちに迷惑がかからないようにレイアウトを決める

フリーサイトでテントなどを設営するときに確認しておきたいとポイントは、こちらの記事にまとめています。

フリーサイトでのびのび過ごそう!テントを設営する前にチェックしたいポイント

レイアウト方法は大きく分けて3種類ある

タープとテントのレイアウトの方法は大きく分けて3種類あります。

  • メインポールの脇にテントを連結させる
  • タープのサイドにテントを連結させる
  • メインポール前にテントを連結させる

荷物の運搬や動線など自分たちの使いやすいレイアウトや、プライバシーを考慮した配置、
風の向きやポールやロープが引っかからないようにする、など。
安全面や使いやすさを考慮して、レイアウトを決めましょう。

タープの種類

ウイングタープ
タープと一口に言ってもさまざまな形があります。

【タープの種類】

  • ウイングタープ
  • ヘキサタープ
  • スクエアタープ
  • スクリーンタープ
  • ワンタッチタープ

それでは、種類別の特徴やオススメの利用シーンについて解説していきます。

ウイングタープ

ウイングタープ

【ウイングタープの特徴】

  • ひし形の布
  • 2本のポールとロープで設営する
  • 非自立式
  • 小型で持ち運びしやすい

2本のポールを対角に立て、ロープを張ってタープを支えます。
設営のために必要な部品が少なく小型でコンパクトなため、持ち運びしやすいのも特徴のひとつ。

タープを張ったとき、鳥が羽を広げたような姿になるため、見栄えが良いのも魅力です。
ただし、ひし形で面積が少ない分、日陰になる箇所が少なくなり、出入り口も狭くなります。

自分だけのプライベート空間が確保できれば良いソロキャンプに向いています。

ヘキサタープ

ヘキサタープ

【ヘキサタープの特徴】

  • ヘキサゴン(六角形)の布
  • 2本のポールとロープで設営する
  • 非自立式
  • 抜群の開放感

ウイングタープと同じく、2本のポールとロープで設営できます。
布地の角が6つあり両端が尖った形になるため、張ったときのフォルムが美しく、キャンパーたちからも人気の高いタープです。

側面に布がないため開放感があって、風が通りやすいため夏に最適。

しかし、ヘキサタープと同じく布の面積が少ないため、日陰になる面積も少なめです。
とはいえ、張り方の工夫次第では、日陰になる面積を広げることも可能。

その他にも、ポールを追加してタープを張る高さを変えて居住スペースを広くするなどアレンジも楽しめます。

張り方次第でゆったりした空間も確保できるため、グループキャンプなどにもおすすめです。

スクエアタープ・レクタタープ

レクタタープ

【スクエアタープ・レクタタープの特徴】

  • メインポール2本とサブポール4本で設営
  • レクタタープは「長方形」
  • スクエアタープは「正方形」
  • 非自立式

正方形や長方形の形をしているため角がわかりやすく、初心者の方でも組み立てやすいタープです。
また、シンプルな構造をしているためアレンジの幅も広く、プライベート空間を重視したり風対策メインに設営したりなど、状況や好みに合わせて変えられます。

タープの種類の中でも最も面積が広く居住性が高いため、グループやファミリーなど、大人数でのキャンプやアウトドアに最適です。

スクリーンタープ

スクリーンタイプ

【スクリーンタープの特徴】

  • 側面にメッシュや布がついている
  • 虫の侵入が防げる
  • 自立式と非自立式の2つある

布やメッシュ生地で側面を囲むため、プライベート空間がしっかり確保できます。
その分、オープンタープと比べると開放感が少なく、風の通りが悪くなるというデメリットがあります。
少しでも風通しを良くしたい場合は、メッシュ生地にするのがおすすめです。

夏場は虫よけ対策にもなるため、なるべく虫を近づけたくないときに役立ちます。

自立式のものはペグが打てない場所でも設営できるため、地面がコンクリートの場所でも使えます。

ワンタッチタープ

ワンタッチタープ

【ワンタッチタープの特徴】

  • フレームと布が一体になっている
  • 他のタープと比べて重量は重め
  • かんたんに設営できる

ワンタッチタープの名前の通り、ワンタッチで手軽に設営できます。

設営が簡単な一方で、ペグ打ちが必須のタープと比べると風に弱く、他のタープと比べると重量感があり、収納性に欠けるといったデメリットがあります。

しかしながら、時間や手間をかけずに設営できるため初心者でも取り扱いがしやすく、コンクリートの上でも設置が可能。
キャンプ場はもちろん、砂浜・BBQ・フェスなどでもよく使われています。

開放感がありますが、オプションパーツとして側面にメッシュやシェードを取り付けられるものもありるため、凡庸性の高いタープです。

タープの選び方

さまざまな形のタープがあるため「どれを選べば良いのかわからない」と迷うかもしれません。

そのようなときは選ぶ基準となるポイントをしっかり押さえることで、自分にぴったりなタープを見つけられるはず。

タープを選ぶときにチェックしておきたいポイントは次の3つです。

  1. 使用人数
  2. 遮光性
  3. 耐水性

それでは、各項目について詳しく解説します!

1.使用人数

使用人数に合わせて、さまざまなサイズ幅のタープが販売されています。

下の表は、タープの種類と使用人数の目安です。

1〜2人 3〜4人 5〜6人
ウイングタープ 400✕400 500✕500 600✕600
ヘキサタープ 400✕400 450✕450 550✕550
レクタタープ 250✕200 400✕300 450✕350
スクリーンタープ 300✕300 330✕330 360✕360

キャンプに参加する人数(タープを使用する人数)に合わせて、適切なタープの形やサイズを選びましょう。

2.遮光性

太陽光
「太陽の光をどれだけ遮断できるのか」といった遮光性もチェックしましょう。

  • 布の色が黒いものほど遮光性がアップする
  • タープが厚いほど遮光性が高くなりる

タープの厚みは、D(デニール)、もしくはT(デシテックス)という単位で表されます。
数値が大きいものほど生地の分厚さが増し、遮光性が高く丈夫です。

また、素材がコットンのものは糸が太く分厚いため、その分遮光性も高くなります。

日差しが強くなる夏場は、遮光性が高いタープほど暑さから守ってくれるため、涼しく快適に過ごせるでしょう。

3.耐水性

水
雨が降ったときにどこまでの水圧に耐えられるか?といった「耐水圧」もチェックしましょう。
耐水圧とは、どれだけ水を通さないかを表す指標で、数値が高ければ高いほど浸水する確率は低くなります。

ただし、耐水圧が高くなるほど生地が分厚くなり、風通しが悪くなります。耐水圧は、1000〜1500mm前後がおすすめです。

また、耐水圧が低いタープの場合でも、水の通り道を上手に作るなど張り方に工夫をする方法もあります。どこまで耐水性にこだわるかじっくり考えましょう。

まとめ

タープとハンモック
キャンプの醍醐味は、自然の中にで静かに流れる時間を楽しむものです。

しかし、テントだけでは、くつろげるスペースが少なくなったり、なんだか落ち着かなかったりするもの。

屋根の代わりとなるタープを張ることで、雨よけや日よけができ、くつろぐスペースを広げることができます。

テントは寝室に、タープはリビングとして使い、キャンプサイトを自分流にレイアウトして、目一杯楽しいキャンプの時間を作っていきましょう!

なお、キャンプから帰ってきたあとは、タープやテントの汚れを落としてしっかり乾燥させるなどのお手入れも欠かせません。
適当に保管すると、カビが生えてしまい、大切なテントやタープが台無しになることも。
テントやタープの適切なお手入れ方法・保管方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

オフシーズンにしておきたいテント・タープの正しい保管方法

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア