インフレーターマットの上手な収納方法|真似すればOK【完全図解】

インフレーターマットの上手な収納方法
  • URLをコピーしました!

キャンプ用マットにはさまざまな種類が存在しますが、中でも寝心地の良さでは他を一歩抜きん出るインフレーターマットは、キャンプでの快適な睡眠の友です。

しかし、インフレーターマットの弱点といえば、「コンパクトさに欠けること」と、「たたみ方にコツがいり元のケースにうまく収納できない」ということではないでしょうか。

そこで今回は、インフレーターマットの上手な収納方法を、図解入りで完全解説します。解説どおりにしていただければ、きっとどなたでも、かんたんかつ上手に収納ができるはずなので、ぜひ参考にしてください!


なお、アウトドアブランドのWAQでは、幅広い年代の方に使いやすいインフレーターマットを販売しています。

LINE登録すると誰でも使える、お得な500円クーポンもプレゼント中!ぜひこの機会に公式ストアをチェックしてみてください。

\ 送料無料でお届け! /

目次

インフレーターマットはたたみ方にコツがいる

ウレタンマット

インフレーターマットは、弾力性のあるウレタンフォームが入っているため、寝心地の良さは抜群。その反面、収納時は中の空気をうまく抜きながらたたまなければ、元のサイズに戻らず収納袋に入らないことも……。

インフレーターマットの空気をうまく抜くためのポイントは次のとおりです。

  • 平坦な場所で行う
  • ヒザを使って体重をかけながらたたむ
  • 空気を徐々に端へと寄せ集めていく

これらのポイントをしっかり頭に入れておきましょう!次の章では、実際のたたみ方をご紹介します。

インフレーターマットの上手な収納方法:WAQのマットで実演!

インフレーターマットを上手にしまい、購入時に付属していたケースにうまく収納するためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

今回は、こちらの「WAQインフレータブル式マット8cm」を使って、実際の収納方法を順を追ってご説明します。

WAQインフレータブル式マット

\ 送料無料! /

まずは普通のたたみ方を試してみる

まずは、一般にみなさんがやっておられるであろう、普通に端からクルクル巻いていくたたみ方を試してみましょう。

STEP
マットの端にあるバルブを完全にゆるめます
インフレーターマットのバルブ
STEP
バルブの反対側から、ていねいに巻いていく
マット端から巻いていく

巻くときには一気に巻かず、空気を抜きながら巻くたびにバルブから「シュー」という音がするように、両手とヒザをうまく使って巻いていくのがコツです。

両手と両膝を使ってマットを巻いていく
STEP
空気を抜きながら少しずつ巻いていく
マットに体重をかける

インフレーターマットはバルブが開いた状態だと、元の状態に戻ろうとする性質があります。そのため、巻く途中で体重を緩めてしまうと、空気が思うように抜けていきません。

シートの巻きが大きくなってきても、しっかりと体重をかけるよう意識してください。

マットにしっかり体重をかける
STEP
最後まで巻き切ったらバルブを閉める

最後まで巻ききったら、体重をかけた状態のままバルブを閉めます。

巻き切った状態のインフレーターマット
完全に巻き切った状態

筆者はこれまでに何度もこの製品の収納を行った経験があるので、今回もうまくいきました。しかし、なれない間は途中途中でうまく体重をかけられず、画像のように小さく巻ききるのは難しいかもしれません。

ケースにちゃんと片付けられる?巻き上がりの直径を測定

マットの直径をメジャー測定

実際にメジャーをあてて、巻き上がりの直径を測ってみたところ、約21~22cmくらいの太さでした。

マットのサイズ

WAQの公式ホームページ「インフレータブル式マット8cm」の製品詳細では、規定(出荷時)の公称サイズが直径20cmですので、少しオーバーしているという感じでしょうか。

インフレーターマットを収納袋に入れた状態

しかし、WAQの専用ケースは多少余裕を持たせて設計しているため、ここまで巻ききってあれば難なく収納できました。

ケース的にも若干の余裕がある感じで、ほぼ集荷時と同様といってもいいのではないでしょうか。ここまでたためればほとんど問題は無いといえるでしょう。

上手な収納は「空気の抜き方」がポイント

WAQインフレータブル式マット8cm

インフレーターマットの収納には、1にも2にも「空気の抜き方」がポイントです。普通に端から巻いていくだけでも、ちゃんと体重をかけて空気を抜くことができれば、元のケースにしっかりと収納することはできるはずです。

ただし、注意点として、最後はバルブをしっかりと閉めるということは意識してください。

インフレーターマットのバルブ
バルブの閉め忘れに注意

インフレーターマットはバルブを開けると膨張して、元の形へ戻ろうとする性質を持っています。バルブの閉めが甘いと、マットの中に少しずつ空気が入り、ケースの中で膨らんでしまいます。

こうなると、次回のキャンプのときにケースがパンパンになってしまい、うまく取り出せないといったことにもなりかねません。バルブの閉めにだけ注意して、ここまでたためれば完璧でしょう。

しかし、インフレーターマットはいろいろなキャンプギアの中でも、収納スペースをとってしまう道具の代表格です。

積載量に余裕のある車といえど、ファミリーキャンプなどで複数枚のインフレーターマットを持っていく場合は、1枚ができる限りコンパクトに収納できた方がいいに越したことはありません。

そこで次は、インフレーターマットをさらにコンパクトに収納するための、かんたんなたたみ方を解説します。

インフレーターマットをよりコンパクトに!かんたんにできるたたみ方3ステップ

インフレーターマットを、購入時よりもさらにコンパクトに収納できるたたみ方を3ステップでご紹介します。

先にご紹介した端から巻いていくたたみ方と比べると、若干の手間はかかります。しかし、このたたみ方であれば確実に荷物のカサを減らせるはず。ぜひ一度試してみてください。

STEP
大雑把に空気を抜く
インフレーターマットを適当に折りたたんで空気を抜く

まずはバルブをゆるめた状態でマット全体を適当に折り曲げ、体重をかけて空気を抜きます。画像ではじゃばら状にたたんでいます。

インフレーターマット全体に体重をかける

あらかたの空気が抜けたところで、体重をかけたままバルブを閉めてください。

STEP
端から巻いていく
空気が抜けた状態で巻いていく

次に、バルブを閉めた状態のままマットを広げます。空気が抜けてぺしゃんこになっていますが、まだまだ小さくなりそうです。

マットの端から巻いていく

通常の巻き方と同様、端から巻いていきます。

このとき「バルブは絶対に開けず、閉めたままの状態」で作業をしてください。

膝を使ってマットを巻いていく

これも普通のたたみ方と同様、ヒザをうまく使い、体重をかけて巻いていきます。

今回は前章で紹介した普通のたたみ方と違って、バルブを閉めた状態で行います。そのため「ちょっと気をゆるめたら空気が抜けていかない」ということはありません。落ち着いて巻いていけば十分です。

マット内の空気を端に寄せる

うまく巻いていくことができれば、空気が端に寄せられてくるはずです。

この状態まできたら、今度はバルブをゆるめて、しっかりと端まで巻ききった上で改めてバルブを閉めます。

ぐるぐる巻きにしたインフレーターマットの直径をメジャーで測定

実際に直径を測ってみると、ほぼ20cmちょうどでした。この状態で、ほぼ出荷時と同じように収納できたといえますね。

STEP
さらに空気を抜いて巻き込む

ここで、さらにコンパクトな収納性を求めて、もうひと押ししてみましょう。

インフレーターマットをしぼんだ状態からさらに空気を抜いていく

巻き上げたマットのバルブを閉めたまま、もう一度広げます。

マットに全体重をかける

再びステップ2と同様に、バルブを閉めたままていねいに端から巻いていきます。空気を寄せた状態でバルブを開き、しっかりと中の空気を出し切ります。

インフレーターマットの直径をメジャー測定

ここまで空気を出し切ってうまく巻くことができれば、実測値18~19cm程度までコンパクトなサイズになりました。

収納袋に畳んだマットを入れた様子

元のケースに入れてみてもこのとおり。場合によってはフォールディングマットの1本ぐらいなら、一緒に入りそうな勢いではないでしょうか。

ここまでカンペキにたたむことができれば、車載時スペースの有効活用にも一役買ってくれるはずです。

ダブルサイズのインフレーターマット収納のコツ

シングルサイズのインフレーターマットであれば、3ステップのたたみ方でうまく収納できることは分かっていただけたと思います。

しかし、これがダブルサイズになった場合はどうでしょうか?

ここでは、WAQのRELAXING CAMP MATシングルサイズダブルサイズで、どのくらいのサイズ差があるのか比べてみます。

WAQリラクシングキャンプマット シングルサイズ
WAQ RELAXING CAMP MAT シングルサイズ
WAQリラクシングキャンプマット ダブルサイズ
WAQ RELAXING CAMP MAT ダブルサイズ

シングルサイズとダブルサイズの大きさは下記のとおりです。

WAQリラクシングキャンプマット シングルサイズとダブルサイズの違い

同じWAQの製品で比較しても、シングルとダブルでは横幅に63cmもの差があります。横幅のあるマットをうまくたたんで、元のケースにキレイに収納するには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

※これから紹介するリラクシングマットは10cm厚の製品となります。

先にタテにたたんで空気を抜く

ダブルサイズをうまく収納するコツは、出荷時のたたみ方と同様、一旦タテに2つ折りにして空気を抜くことです。

順を追って解説します。

STEP
バルブを開いてタテに2つ折りにする
マットを2つに折りたたむ
縦に半分折る
STEP
さらに2つか3つに折って空気を抜く
マットの空気を抜く
STEP
2つ折りにしたまま、端から巻いていく
マットの端から巻いていく
マットの端から巻いていく
STEP
最後まで巻き上げたら中の空気をしっかり抜く
マット上に乗って空気を抜く

上記の手順であれば、1人でも比較的かんたんに巻くことができます。

複数人いる場合は、2人で撤収するのがベスト

ダブルサイズのマットでも、適切な手順を取れば1人でも撤収できます。しかし、サイズも重量も大きくなるダブルサイズのインフレーターマットの場合、できれば2人で撤収するのがベストです。

マット自体の取り回しも、巻き上げるのも、そしてうまく体重をかけて空気を抜いていくのも、2人ならもっとかんたんに効率よく作業できます。

2人でマットを収納する

時として撤収時には飽きてしまうお子さんでも、空気を抜く際に上に乗ってもらうなどすれば、楽しんで撤収のお手伝いができるかもしれませんよ。

まとめ

インフレーターマットの上手な収納方法と題して、実際にWAQ製8cmシングルサイズインフレータマットを使ったたたみ方を解説いたしました。
上手なたたみ方のステップは次のとおりです。

  • 適当に折り曲げ大雑把に空気を抜く
  • 体重をかけ空気を抜きながら端からていねいに巻いていく
  • バルブを閉めたまま再度広げダメ押しの一巻きでさらに小さくする

この3ステップに沿ってたためば、誰でもかんたんにコンパクトな収納ができるはずです。その際のポイントとしては、1にも2にも「マットに体重をかけてしっかりと空気を抜きながらたたむこと」です。

図解を見ながらしっかりと手順を確認した上で、ぜひともご自宅などで一度この収納方法を試してみてください。キャンプへいくときの車載スペースだけでなく、自宅での収納時でも荷物のかさばりを最低限に抑えることができるはずですよ。


インフレーターマットをはじめとしたキャンプマットに関する情報は、こちらもご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる