キャンプマットの選び方!寝心地が良く快適に過ごせるマットの種類も解説| WAQ OUTDOOR JOURNAL

キャンプやアウトドアなど、普段と違う環境でも快適な睡眠を取るために欠かせないキャンプマット。
とくにキャンプマットのありがたさが感じられるのは暑さや寒さが厳しくなる季節です。
地面からの熱や冷気を遮断し、テント内を暖かくしてくれるキャンプマットは必須ギア。

ホームセンターなどでよく見かける銀マットをはじめ、ウレタン素材が入っているタイプや空気で膨らませるタイプなど、さまざまな種類があります。

マットの特性を確認せず適当に選ぶと、「地面の凹凸が気になってしまい眠れない」「地面からの冷え込みが厳しくて底冷えした」なんてことも。

キャンプマットを購入する前は、キャンプマットを使うことでどんな効果があるのか?自分の好みやキャンプ先の環境にあうマットはどんなものか?理解しておきましょう!

【この記事でわかること】

  • キャンプマットの効果
  • キャンプマットの種類
  • 各キャンプマットのメリット、デメリット
  • 目的別キャンプマットの選び方

キャンプマットの役割や効果

キャンプでは、その日の疲れを翌日に持ち越さないためにも、快適な睡眠をとるための工夫が必要です。
「寝心地のいい寝袋がいる」と考えがちですが、じつは寝袋と同じくらい重要なアイテムがキャンプマットです。

地面との接触を避け快適な寝心地が得られる

キャンプマットなしで寝ると、地面の凸凹やゴツゴツした石、木の根が体に当たって背中や腰を痛めることに。
テントの中にキャンプマットを敷くと、地面の凸凹を吸収してくれるため、体が痛くならず快適に眠れます。

「キャンプマットなんてなくても、寝袋を準備すればいいんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。
がしかし、地面の凸凹を寝袋1つだけでカバーするのはとても難しく、体が痛くて眠れないなんてことも……。

キャンプマットは、寝袋やテントを設営しただけではカバーできない地面の凸凹から体を優しく守ります。
快適な寝心地を得るためには欠かせないアイテムです。

断熱効果で地面からの冷気・熱をシャットアウト

地面から伝わる冷気や熱を防ぐのも、キャンプマットの重要な役目です。

とくに夏や冬のキャンプでは、地面から伝わってくる熱や冷気の影響を受けやすく、寝苦しくなったり底冷えしたりすることも。
断熱効果があるキャンプマットを敷くと、地面から熱や冷気が伝わるのを防ぎ、テント内の環境も快適になります。

キャンプマットの断熱性能を判断する指標を「R値(熱抵抗値)」といいます。

「R値(熱抵抗値)」は、その素材がどれだけ熱を透過させにくいかを表す数値。
R値が大きいほど熱が逃げづらく、断熱材として優秀なことを意味しています。
春、夏、秋ならR値2.5以下。冬ならR値4.0以上がオススメ。

地面から伝わる熱や冷気の影響で、寝袋本来の保温力が発揮されないケースもあります。
とくに冬のキャンプでは思った以上に冷え込むため、キャンプマットは必ず準備しておきましょう!

インナーマットと寝袋(シュラフ)マットの違い

キャンプマットと一口に言っても、大きく2種類に分けられます。

キャンプマットの種類

  • インナーマット
    • テントの中の床全体に敷くマット。
      地面から伝わる冷気や湿気を遮断する。
      テント内に結露ができるのを抑える。
  • 寝袋マット(シュラフマット)
    • 寝袋の下に敷くマット。
      寝袋よりひとまわり大きいサイズ。
      寝袋の性能をアップさせる
【マットを敷く順番】
グランドシート→インナーテント→インナーマット→寝袋マット→寝袋

高性能の優れた寝袋を準備しても、テント下のコンディションが悪ければ快適な眠りにつけません。
キャンプやアウトドアで心地よく眠りたいなら、寝袋とマットは必ずセットで持っていきましょう!

寝袋マットさえあれば、インナーマットは必須ではありません
しかし、寝袋マット+インナーマットの両方あれば、クッション性や断熱性がアップするためより快適に眠れます。

  • 寝袋の下以外の箇所も快適にしたい。
  • テント内で過ごすことが多い。

このような場合は、インナーマットも持っていかれるのがオススメです。

テントの中での過ごし方や状況に合わせて、組み合わせを選びましょう!

キャンプマットの種類

キャンプマットには大きく分けて2種類あります。

キャンプマットの種類

  • 発泡式マット…クッション素材をマット形状にしたもの
  • エアー注入式マット…空気を入れて膨らませるもの

各マットのメリット・デメリット、特徴を解説していきます!

発泡式マットの種類

発泡式マットは、以下の2種類です。

  • 銀マット
  • ウレタンマット

銀マット

メリット

  • 1,000円前後で購入できる、コスパ◎
  • 好きな大きさにカットできる

デメリット

  • 薄いため寝心地が悪い
  • 高い断熱性は期待できない

一般的によく使われているベーシックなキャンプマットです。

必要な時にササッと広げたり丸めたりできるため設営や後片付けがラクで、重さも軽いのが特徴。
1,000円前後で購入できて、ホームセンターなどに売られているため手に入れやすく、好きなサイズにカットできるため汎用性も優れています。

断熱効果もそれなりに期待できるため、春や秋の国内キャンプ場であれば銀マットでも問題ありません。
しかし、高い断熱効果は期待できないため、真冬のキャンプには不向きです。
薄くクッション性が低いため、体が痛いと感じることもあります。

【こんな人にオススメ】

  • 安く済ませたい人
  • 携帯性、軽量性を重視する人

ウレタンマット

メリット

  • 薄いため寝心地が悪い
  • 高い断熱性は期待できない

デメリット

  • クッション性が少ない

合成樹脂などの素材でできたウレタンマットは、断熱性に優れており丈夫なのが特徴です。
穴が開いて破れることも少ないため、気兼ねなく地面に敷けるのも魅力の一つ。
しっかりした見た目の割に軽いため持ち運びしやすいです。

しかし、収納時はかさばってしまうため、コンパクトさには欠けます。
クッション性が少なく寝心地は硬め。

軽くて丈夫・断熱性も高いため、荷物を軽くしたい方や、登山時や冬場など過酷な気候条件下のキャンプにオススメです。

【こんな人にオススメ】

  • 携帯性・軽量性・断熱性を重視する人

エアー注入式マットの種類

エアー注入式マットは、以下の2種類です。

  • エアーマット
  • インフレーターマッ

エアーマット

メリット

  • 厚みがあるため快適に眠れる
  • 安価なものが多い

デメリット

  • 生地が破れて空気が漏れることも
  • 膨らませる手間がかかる

空気で膨らませるエアーマットは、分厚くクッション性に優れており、ベッドのような寝心地が再現できるため、寝心地を重視したい方にオススメです。

片付けるときは、空気を抜いて折り畳んでコンパクトに収納できるため、持ち運びしやすいのも特徴。

しかし、手動で膨らませるのは難しいためエアーポンプが必要なのと、設営に手間がかかるもの……。
石や木の根っこにあたって穴が開いたら最後、使い物にならなくなってしまうため、丁寧に扱う必要があります。

【こんな人にオススメ】

  • 寝心地重視の人

インフレーターマット

メリット

  • バルブを開くだけで空気が入るため設営が楽
  • コンパクトに収納できる
  • 寝心地がいい

デメリット

  • 薄いものは寝心地が悪い
  • 人数分揃える必要がある

インフレーターマットはバルブを緩めれば自動的に膨むため、面倒な空気入れ作業は要りません。
寝心地は重視したいけれど、エアーマットは空気の注入が面倒……という方にオススメです。

マットの中にスポンジが入っているため、スポンジ+エアーの組み合わせで寝心地も◎

収納性・寝心地・耐久性どれも十分なレベルで、銀マットとエアーマットの良いとこ取りのようなマットです。

ですが、片付けるときは空気を抜く作業が必要なため、少々手間がかかります。

【こんな人にオススメ】

  • 寝心地重視の人
  • 空気を入れる手間を省きたい人

初めてのキャンプマットは「寝袋マット」がオススメ

キャンプマットを初めて準備する場合は、とりあえず寝袋の下に敷く寝袋マットがあればOK

インナーマットは、同じサイズのテントじゃないと使えないため汎用性は低め。
今後テントを買い換える可能性がある場合は、そのたびにインナーマットを買わなければいけません。

一方、寝袋マットは人数分用意するだけで済みます。
また、急な来客時や災害時の簡易布団など、いざというときに取り回しも効きますよ。

インナーマットと比べて寝袋マットは価格が安いため、予算にも余裕が持てます。
キャンプマットの購入を考えている場合は、まずは寝袋マットから揃えるのがオススメです。

キャンプマットの選び方

オートキャンプの場合

車でキャンプ場まで入れるオートキャンプの場合、すべての荷物を車で運べるため、重量や携帯性を気にせず寝心地重視のキャンプマットが選べます。
分厚めのエアーマットを使えば、自宅で寝るときと同じレベルの寝心地が再現できますよ。

車中泊の場合

オートキャンプと同様に荷物の量を気にする必要はありません。
寝心地重視の場合はエアーマットを。
寝心地も大切だけど車内の広さが気になる場合は、コンパクトに収まるインフレーターマットがオススメです。

登山の場合

すべての荷物を自分で背負って持ち運びする登山キャンプの場合は、携帯性と軽量を重視しましょう。

春・夏・秋は、丈夫で軽く断熱性に優れているウレタンマットがオススメ。
寒さが厳しい冬は、命に関わる可能性もあるため、 R値が高い高性能ウレタンマットやインフレーターマットがオススメです。

キャンプ用枕でさらに寝心地UP!

移動手段が車のときや、持って行く荷物に余裕があれば、普段使っている枕を持って行けばOK。

とはいえ、ツーリングキャンプや登山キャンプなど、これからさまざまなキャンプに挑戦してみたいと考えているなら、コンパクトに収納できるキャンプ用枕があると便利です。

キャンプ用枕の種類

  • 自動で膨らむインフレータータイプ
  • 自分で空気を入れて膨らますタイプ
  • スポンジが入っているスポンジタイプ
  • 小さく畳める折りたたみタイプ
  • 衣類などを詰めて高さ調節するタイプ

キャンプ用枕を選ぶときは、軽さや持ち運びやすさに加えて、快適性も重要です。
状況や好みに合わせた、お気に入りの枕を見つけましょう。

コスパ重視で上質な寝心地が欲しいなら「WAQのキャンプマット」がオススメ

キャンプやアウトドアなど非日常の環境で快適に眠るためには、キャンプマットは欠かせないアイテムです。
キャンプマットと寝袋は、2つで1セットです!その日の疲れを次の日に持ち越さないためにも、キャンプを十分に楽しむためにも、寝るときの環境をしっかり整えましょう。

初めてキャンプマットを購入する方は、テントの中全体に敷くインナーマットより、寝袋の下に敷く寝袋マットを購入するのがオススメ。

WAQでは、自動で膨張するインフレータブル式マットと、断熱性・弾力性に優れたウレタンマット1人用・2人用を発売しています。

スポンジ+エアーの「WAQインフレータブル式マット(8cm)」

WAQインフレータブル式マット
WAQのインフレータブル式マットは、ひし形のスポンジとエアーを組み合わせているため、フカフカで柔らかいのが特徴です。

適度な沈み込みがあって頭の先からつま先まで優しく包みこむため、身体が痛くなりません。
サッと広げたらすぐに使えるため、設置もとても簡単。

1人で使うのにぴったりなサイズのため、ソロキャンプにもオススメです。

  • 厚み8cmでフカフカな寝心地
  • 自動で膨らむから設営が楽ちん
  • 車中泊にうれしいミニバン対応サイズ

\安心の1年保証つき/

厚手でさらにふかふか「WAQリラクシングキャンプマット(10cm)」

WAQリラクシングキャンプマット10cm
スポンジ+エアーのインフレータブル式マットをさらにアップデートしたのが、こちらの10cm厚マットです。

バルブを開けたら自動で膨らむため、他の準備を進めているうちに寝床の準備が完了。
洗える専用シーツも別売りで用意しているため、清潔に使い続けられます。

  • 10cmでさらに弾力UP!
  • 大人1人でもゆったり使える幅広サイズ
  • 自動で膨らむ+調整用の専用エアバック付き

シングルサイズとダブルサイズの2サイズ展開!
さらに贅沢な寝心地が欲しい方にオススメできるキャンプマットです。

\LINE友だち登録で500円OFFクーポン/

軽くてコンパクト「WAQウレタンマット1人用」

WAQキャンプマット1人用
キャンプでは定番の、蛇腹式の折りたたみウレタンマット。
WAQのウレタマットは、コンパクトに折りたためて弾力性もあるため、荷物を少なくしたいときのキャンプにオススメです。
片面にはアルミ加工をしているため、体温や地面から伝わってくる熱や冷気もカットしてくれます。

  • 弾力性抜群で寝心地がいい
  • 480gで持ち運びしやすい
  • 断熱性◎、夏も冬も快適

\30日間返品保証付き/

ダブルサイズで幅広「WAQウレタンマット2人用」

WAQキャンプマット2人用
固い地面から身体をしっかり守るクッション性の高いXPE素材を使用。
大人2人で使えるゆったりサイズのため、ファミリーやグループなどのキャンプでも大活躍します。

  • 大人2人でもゆったり使える広々サイズ(200cm×160cm)
  • 重さ約1kgと軽量
  • 断熱性◎夏も冬も快適

キャンプで寝るときに寝袋の下に敷くマットをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

\安心の1年保証つき/

WAQ公式サイトをチェックする

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア