夏キャンプひんやり快適に!暑さ対策の必需品、寝苦しい夜の対処法を紹介します| WAQ OUTDOOR JOURNAL

テントと夕暮れの景色

レジャーシーズン到来の夏。
キャンプはコロナ禍でも需要が高まっているため、今年からチャレンジしてみようと考えている方も多いかもしれませんね。

夏キャンプでの最大の悩みは「暑さ」です。
屋外で活動するキャンプは、環境の変化をモロに受けるため、暑さ対策は必須!
夜の寝苦しさ対策も万全にしなければ、暑くて眠れない!なんてことも……。

「夏キャンプではどのような暑さ対策をすればいいんだろう?」
「寝苦しくならないために、持っていくといいアイテムってあるのかな?』

このような疑問や悩みがある方にむけて、夏キャンプを快適に過ごすためのコツや、寝苦しい夜でも気持ちよく眠りにつくための方法、夏キャンプでの必需品を解説していきます。

【この記事でわかること】

  • 暑い夏キャンプを涼しく過ごすコツ
  • 寝苦しい夜に活躍する涼アイテム
  • 夏キャンプにオススメのテント&タープの選び方
  • 夏キャンプの必需品&あると便利なアイテム
  • 快適に過ごす服装のコツ&あると便利な服

Contents

夏キャンプの気温は?

キャンプは野外での活動となるため、気温がどのくらいになるのか気になりますよね。
夏のキャンプといっても、平地のキャンプ場か?高原のキャンプ場か?によって気温は変わります。

都心から車でおよそ90分の距離にある、日川浜オートキャンプ場周辺の茨城県鹿嶋市の場合。
⚫︎2020年7月
最高気温…26.5度、最低気温…20.8度
⚫︎2020年8月
最高気温…32.0度、最低気温…24.4度
(出典:国土交通省気象庁 2020年月ごとの値http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_a1.php?prec_no=40&block_no=0325&year=2020&month=7&day=&view=)

日中は平地と高原のどちらも気温は上がります。
がしかし、高原のキャンプ場は、夜になると肌寒さを感じるほど気温がグッと下がります。
一方、平地のキャンプ場は夜になっても気温はそこまで下がりません。

そのため目的のキャンプ地によって、暑さ対策も変わってきます。

暑い外でも電源なしで涼しく過ごす6つのコツ【熱中症対策にも】

夏キャンプで寝苦しくなる原因の一つは「テント内部に熱気がこもる」ことがあげられます。
テントは屋外に設営するため、環境の変化に影響されやすいもの。

雨風をしのぐために耐水&耐風性能がある反面、通気性が悪くなりがち。
テントに直射日光を当てるとテント内部に熱がこもり、夜になっても熱が逃げず、寝苦しくなります。

日陰があるキャンプサイトを選ぶ

対策1:涼しいキャンプ地を選ぶ

夏キャンプを涼しく過ごす一番の得策は、「標高が高い高原のキャンプ場または、川沿いのキャンプ場を選ぶ」です。
夏キャンプを涼しく過ごせるかは、キャンプ場選びで決まります。

夏なら海が近いキャンプ場に行きたくなるかもしれません。
ところが、海の近くをはじめとした平地のキャンプ場は、日差しが強いうえに、夜になっても気温が下がらず、寝苦しい夜を迎えることに……。

【高原のキャンプ場】
高度が100m上がると、気温はおよそ0.6度下がると言われています。
標高1000m以上の高原のキャンプ場の場合、平地のキャンプ場と比べてマイナス6度も気温差があるため、暑い夏でもひんやり快適に過ごせます。
【川沿いのキャンプ場】
川周辺のキャンプ場も、風が抜けやすいため涼しく過ごせます。
動いて暑くなったときは、川にジャブっと足を突っ込んでクールダウンすることも。

川沿いのキャンプ場では、川の増水に注意!
キャンプ場周辺で雨が降っていなくても、上流の方では雨が降っている可能性もあります。
川の増水や流れが速くなったり、鉄砲水が発生する危険性も。

安全にキャンプを楽しむためにも、必ずキャンプ場の管理者に確認しましょう。

さらに、川沿いの場合は、蚊やブヨの生息している確率が上がります。
ブヨは蚊よりタチが悪いため、虫対策は万全にしましょう!

対策2:打ち水をする

テントの周辺に水を撒く「打ち水」も涼しく過ごす方法の一つです。
打ち水は、地面にまかれた水が蒸発するときに、周りの熱も吸収していく気加熱の原理を利用したもの。
テントやタープ周りにまいたり、テントやタープに直接水をかけると、周りの温度が下がって涼しくなりますよ。

対策3:水を張ったバケツに足を入れて冷やす

水を張ったバケツに足を入れて涼む足水も、涼しく過ごす暑さ対策としてオススメです。
足水は、打ち水と同じく古典的な暑さ対策方法の一つ。
読書などイスに腰掛けながら手軽にできます。
保冷剤や氷を入れると、かなり涼しくなりますよ。

対策4:ネッククーラーをつける

首筋を通る太い血管やリンパ腺を冷やすと、全身のクールダウンができます。
そこで便利なアイテムが「ネッククーラー」。
首に巻き付けておくだけで、かなり涼しくなるため外での活動時にオススメです。

ネッククーラーの種類

  • 水に濡らして使うタイプ
  • ポケットに保冷剤を入れて使うタイプ
  • 冷却プレートで強力に冷やす機械式タイプ

100均で売られている冷汗タオルでも十分効果が実感できます。

ただし、水で濡らすタイプは、寝るときに使うと寝具を濡らす可能性もあるため注意してください。

対策5:冷却スプレー

体の冷やしたい部分に吹きかけるだけで、瞬時に体感を下げてくれる「冷却スプレー」もキャンプのおともにオススメ。
吹きかけるだけで体をスーッと冷やしてくれます。

冷却スプレーは、肌に直接吹きかけるタイプと、服に吹きかけるタイプの2種類が販売されています。
持続時間は30分程度と長くはないですが、手軽に使えるため一本持っていくと重宝しますよ。

対策6:ペットボトル氷を作る

ペットボトルに飲み物を入れて凍らせる「ペットボトル氷」は、水分補給をしながらクールダウンもできる優れもの。

顔や首筋にあてて冷やしたり、溶けた氷水を飲めば体の内側からクールダウンできます。

前日までに冷凍庫で作っておき、クーラーボックスに入れて持っていくだけ。
自宅の冷凍庫で作れるため、お金をかけずにカンタンに用意できるため、ぜひお試しください。

対策7:木陰にテントを設営する

テントに直射日光を当てないためにも、木陰のある場所にテントを設営しましょう。
直射日光を受けたテントの中の温度は上昇し、蒸し風呂状態になります。
太陽光を遮るものがない夏場のフリーサイトでは、木陰エリアを確保しましょう!

対策8:オープンタープを活用する

テントのフライシートは雨風から守るために耐水・耐風加工されている反面、通気性が悪くなるデメリットがあります。

そこで活躍するのが「オープンタープ」。

オープンタープの下にインナーテントを設営すれば、風通が良くなり熱をためず快適に過ごせて、雨で濡れることも防げます。
遮光性の高いオープンタープを使うと涼しく過ごせますよ。

しかし、フライシートなしの場合、テント内の様子が外から見えてしまいます。
とくに夜間は、ライトをつけたままでいると丸見え状態になるため、寝る時はライトを消して寝ましょう。

対策9:テント設営は午後に行う

テントの中になるべく暑さを溜め込まないためにも、テントの設営は午後以降(とくに日暮れ前)がオススメ

テントに直射日光が当たる時間を少し減らすだけでも、寝苦しさを回避できますよ。

また、太陽が高く昇る日中にテントを組み立てると汗だくになりますが、日暮れ前に行うことで組み立てるときの暑さもマシになります。

寝苦しい夜もぐっすり!夜の暑さ対策

対策1:コットで風通しをよくする

キャンプ用の簡易ベッド「コット」を使えば、地面と背中の間に空間ができて風が通るため、背中が蒸れず快適に眠れます。

コットの種類

  • ハイタイプ…足の高さはおよそ40cm
  • ロータイプ…足の高さはおよそ17cm

地面との空間が広いハイタイプがオススメ。

簡易ベッドだけでなく、ベンチ替わりにしたり荷物置きにしたりと、さまざまな使い方ができる便利グッズのため、一つ持っておくととても便利です。
WAQ公式オンラインサイトで「コット」を見てみる

対策2:保冷ジェルを氷枕にする

冷蔵庫で冷やした保冷ジェルをタオルでぐるぐる巻いて氷枕にすると、頭がスーッと冷えて眠りにつきやすくなります。

頭と首にやわらかくフィットする氷枕専用のジェル枕も販売されているため、そちらを購入されるのもオススメです。

対策3:ウォーターパッドを敷布団に

水を入れて使う「ウォーターパッド」を寝袋の下に敷いておくと、暑い夜でもひんやり快適に眠れます。
ウォーターパッドは寝返りを打つたびに中の水が循環するため、朝までひんやり感が持続します。

キャンプ場の水道を使って水を入れたらOKのため、かさばらず持ち運びできますよ。

対策4:扇風機やサーキュレーターでさらに涼しく

湿度が高い日本の夏は熱帯夜になることも多く、風が吹かないと、冷房設備がないテントは蒸し風呂状態に……。

そんなときに大活躍するのが、「扇風機」や「サーキュレーター」です。

テントの中の空気を循環して、熱気を外に逃がすだけでもかなり違います。
直接体に当てると体感温度をグッと下げることもできます。

電源サイトでは、家庭用のサーキュレーターや扇風機を持っていくのがオススメ。
かさばりますが、家庭用サイズは威力も十分なため、あると助かります。

電源がないサイトでは、ポータブルの充電式がオススメです。

対策5:風通しのいいリネン生地のパジャマを着る

夜間の熱気から体を守るためには、風通しに優れた「リネン生地のパジャマ」を着て寝るのがオススメです。

  • 吸水力がいいため、汗をかいても蒸れにくい
  • 通気性がいいから、体の熱が逃げやすい
  • サラッとした肌触りだから、ベタつく夏でも気持ちよく着られる

万が一キャンプ中に汚れがついても落ちやすく、強くて丈夫な素材のため、一枚持っているとキャンプ以外でも通年使えますよ。

暑くても快適に過ごせるテントやタープの種類

タープの素材はポリコットン製がオススメ

真夏に使用するタープの素材は、ポリコットンがオススメ。
ポリコットン素材は、軽くて持ち運びがしやすく、遮熱性に優れているため日差しよけ効果が抜群です。

テントやタープなどの色は白系がオススメ

夏キャンプのアイテムの色は、白系がオススメ。
ギラギラ太陽が照りつける真夏のキャンプでは、熱を吸収しやすい黒はオススメできません。

その反対に、白は光を反射するため、熱を吸収しづらい性質があります。
テント・タープ・服などのアイテムを白系にするだけでも暑さがしのげますよ。

テントはメッシュタイプを選んで

メッシュが多いタイプのテントは、風通しがよく、虫の侵入を防ぎながら涼しく過ごせます。

ツールームテントを使う場合は、寝室スペースに熱がこもりがちになるため、メッシュ部分が多いタイプを選ぶと寝苦しさも和らぎますよ。

オープンタープ・スクリーンタープがオススメ

大きな日陰を作り出してくれるタープは夏キャンプに欠かせません。

タープは大きく2種類に分けられます。

タープの種類
・オープンタープ
1枚の生地を張って使うため、大きな日陰が作れて開放的。
ヘキサタープより、レクタタープのほうが日陰を作りやすい
・スクリーンタープ
自立するドーム式で、壁面はメッシュになっている。
四方をすっぽりと囲うため、虫の侵入を防ぎやすい。
雨風の影響を受けにくい。

開放感を味わいたいときは、オープンタープがオススメ。
オープンタープは、さまざまな張り方ができるため、自分好みの形に設営できます。
ヘキサタープ(六角形)より、レクタタープ(長方形)のほうが日陰を作りやすいですよ。

スクリーンタープは、四方を囲うため風通しが少々劣ります。
しかし、周りを生地で囲うため、守られている感覚があるのが特徴。
テントの中が暑くて眠れないときは、タープの中で寝ることもできます。

夏キャンプの必需品

「クーラーボックス」

食品の鮮度を保つクーラーボックスは必需品です。
食材と飲み物を別々のクーラーボックスで保管すると、取り出しやすくて便利ですよ。

⚫︎オススメの裏ワザ
前日の夜に凍らせた保冷剤を入れておくだけで保冷力UP!

「扇風機・サーキュレーター」「卓上ミニファン」

扇風機やサーキュレーターは一台あると大活躍します。

電源サイトでは、家庭用のものを持っていてもOK。
電源がないサイトでは、充電式のものを持っていくと重宝しますよ。

⚫︎オススメの裏ワザ
暑くてどうしようもないときは、頭から水をかぶって全身を濡らしてから風を当てると、一瞬でクールダウンできますよ。
全身から水をかぶるのはちょっと……と思われる方は、腕や脚を濡らして風を当てるだけでもかなり涼しくなりますよ!

「真空断熱ボトル」「保冷缶ホルダー」

暑い中で活動するときは、氷を入れて冷たい飲み物を飲みたくなるもの。
そんなときに役立つのが、真空断熱ボトルや保冷缶ホルダー。
保冷力のある真空断熱ボトルがあれば冷たさがキープできます。
缶のドリンクも、保冷缶ホルダーがあるだけで冷たさが長持ちしますよ。

「日焼け止め」

真夏の直射日光は、ひどい日焼けで強い痛みをともなうことも……。
肌を保護するためにも、日焼け止めは必ず持っていきましょう。
一度塗っても汗や水で落ちるため、こまめに塗りなおすことも忘れずに。

「うちわ」

涼をとるアイテムとしてお馴染みのうちわ。
電源や電池切れを心配せず使えるほか、BBQで火起こしするときにも大活躍します。

「メッシュタイプのアウトドアチェア」

足を投げ出してゆったりくつろげるアウトドアチェア。
メッシュタイプは通気性がよいため、背面やお尻部分が蒸れにくく、長時間座っても不快になりにくいです。

「コット」

地面と背面に空間ができるため風の通りがよくなります。
また、地面から伝わってくる熱の影響も受けにくいため、涼しく快適に眠れます。
冬キャンプでも寒さ対策として大活躍するため、持っておくと便利ですよ。

「冷感マット」「ウォーターマット」

冷たを長時間キープできる冷感マットやウォーターマット。
寝袋やマットの下に敷くだけで、朝まで快適に眠れますよ。

「帽子」

夏のきつい日差しから頭と顔を守るためにも帽子は必須アイテムです。
ツバが広めの、紫外線カット機能付きがオススメ。

「サングラス」

標高が高いキャンプ場ほど降り注ぐ紫外線量が増えます。
紫外線カット+太陽光のぎらつきを抑制しながら、視界がくっきり見える偏光レンズのサングラスがオススメです。

「サンダル」

ササッと脱ぎ履きできるサンダルは、水遊びや夜トイレにいくときのために一足持っておくと便利です。

「長靴」

夏場は夕立など天候が変わりやすく、突然の雨に見舞われる可能性も。
高原のキャンプ場の場合、朝晩は夜露で地面が濡れることも。
大概の場合、動きやすい運動靴とサンダルがあればOKですが、防水性がある長靴を持っておくと靴が濡れる心配をしなくてもいいため、持っていくと便利ですよ。

「氷」「保冷剤」「冷却ジェル」

クーラーボックスに入れて使うなど、夏キャンプでは必需品です。
氷枕にしたり、首・内腿・脇の下にはさんで全身の体温を下げるなど、熱中症対策にも活躍します。
通常の保冷剤の他にも、叩くと冷える瞬間冷却剤をいくつか持っておくと便利ですよ。

「冷却スプレー」

体の一部分に吹きかけるだけで冷やしてくれる冷却スプレー。
クールダウン以外にも、打撲や捻挫など万が一ケガをしたときにも使えます。

「寝袋」(高原のキャンプ場の場合)

標高が高い高原のキャンプ場の場合は、朝晩の気温がグッと下がり肌寒くなるため、寝袋を持っていきましょう。
温度調整がしやすい封筒型の寝袋がオススメです。

「ブランケット」「タオルケット」

高原のキャンプ場にいく場合など、肌寒くなったときにクルッと包まれる大きめのブランケットがあると便利です。
暑くて寝苦しくなりがちな平地のキャンプ場では、タオルケットをかけて寝るとちょうどいいですよ。

「虫除け」「痒み止め」「ポイズンリムーバー」

夏キャンプでは虫対策が欠かせません。

  • 虫除けスプレー
  • 蚊取り線香
  • 痒み止め
  • ポイズンリムーバー

服の上から虫除けスプレーをふって、蚊取り線香を焚いてガードしましょう。

虫除け対策をしても刺されるときがあるため、痒み止めなどの虫刺され薬も持っていきましょう。
虫の毒を吸い取るポイズンリムーバーがあれば、刺されたあとの腫れやかゆみを最小限に抑えられます。

夏キャンプには虫がつきもの。
キャンプ場には蚊以外にも、ブヨやハチなど危険な虫がたくさんいます。
とくにブヨは刺されると厄介なことに……。
こちらの記事では、キャンプ場でよく見かける虫や、万が一刺されてしまったときの応急処置などを紹介しているので、ぜひ目を通してみてください。

【虫対策】キャンプ場にいる虫の種類・虫を寄せ付けない方法

快適に過ごすための服装選び

夏キャンプを快適に過ごすためには、服装選びも重要です。
気温が上がり暑くなる日中は半袖半ズボンでも問題ありません。

ですが、高原のキャンプ場の場合は朝や夜は寒いと感じることも多いもの。
寒いなと感じたときに着られる長袖長ズボンを持って行くといいでしょう。

また虫が多いキャンプ場(とくに川の近くや低山)では、虫刺されを防ぐためにも、長袖長ズボンを着用するのがオススメです。

ポイント1:夏にオススメの素材は「吸汗速乾タイプ」

夏キャンプで着る服は、汗をかいてもサラサラとした肌触りの吸汗速乾タイプの素材がオススメ。
お肌に優しいイメージのコットン素材は、汗をかいたときに肌にベタっと張りつくため不快感を覚えやすく、おまけに乾きにくいため肌トラブルに悩まされることも……。

吸汗速乾タイプには、UVカット機能がついているものもあります。

ポイント2:着替えは多めに持っていく

調理中に炭や油ハネで汚れたり、服が汚れる機会は多いもの。
汚れた服を着たままだとテンションも下がりますよね。
夏キャンプでは汗をかくことも多いため、清潔さを保つためにも、トップスやボトムス、インナーなどの着替えは2〜3枚ほど少し多めに持っていきましょう。

あると便利な服

「薄手の長袖」

寒暖差が激しい高原のキャンプ場や、虫刺されが心配なときは、腕全体がカバーできる薄手の長袖が役立ちます。
長時間に渡って直接肌に浴び続けると体力を消耗し疲労の原因になると言われているため、体力をムダに消耗したくないときに着るのもオススメ。

「パーカー」「ウインドブレーカー」

肌寒さを感じたときなど、サッと羽織れるパーカーやウインドブレーカーも一枚持っておくと役立ちます。
防水加工されたものだと、突然雨が降り出したときにも対応できますよ。

「長ズボン」

虫よけ対策には効果大の長ズボン。
周りに水場や茂みが多いキャンプ場や、虫が活発に活動する夜間は長ズボンが大活躍します。
通気性がよく蒸れにくい、速乾素材がオススメ。

「レインウェア」

山間部のキャンプ場は天候が変わりやすく、突然雲行きが悪くなることもあります。
レインウェアがあると、テントやタープの設営や洗い物など、雨の中外に出なければいけないときに動きやすく便利です。
雨に濡れると体力も奪われるため一着持っておくと安心ですよ。

「通気性のいい靴下」

汗で蒸れたり土で汚れたり、夏キャンプの足元は不快になりやすいもの。
濡れた靴下のままでスニーカーを長時間履き続けると、皮膚がふやけて靴擦れが起こりやすくなります。
替えの靴下を多めに用意しておくと安心です。
通気性が良くて吸湿性のある靴下がオススメ。

「テニス用マスク」

コロナ禍の今マスクは手放せないアイテム。
屋外で行うキャンプでもマスクは必需品です。
とはいえ不織布や布製は、蒸れて息苦しさを感じますよね。

そこでオススメなのが、テニスやランニングする人向けに発売されているフェイスカバー型のスポーツマスクです。
肌に密着する面積が狭く、冷汗素材が使われているため、つけていても息がしやすく涼しいのが特徴。
紫外線カット機能付きも多いため、マスクの暑苦しさに悩んでいる方はぜひ試してみてください。

「ポータブル電源」

電源がないサイトで役立つのが、ポータブル電源です。
100vのものだとサーキュレーターや扇風機をはじめ、ノートパソコン・スマートフォン・タブレットなどの電源補給に大活躍します。
ポータブル電源が一台あれば、車中泊や災害対策にも役に立ちますよ。

まとめ

夏キャンプを涼しく過ごす一番の対策方法は、高原や川沿いの涼しいキャンプ場を選ぶことです。
平地のキャンプ場では、夜になっても気温が下がりにくいため暑さ対策をしっかりしていきましょう。
電源があるサイトか電源がないサイトかによっても持ち物は変わります。
電源がないサイトの場合は、ポータブル電源や充電式の扇風機を持っていくと、寝苦しい夜でも涼しく快適に眠りにつけますよ。

夏のキャンプでは、危険な虫や厄介な虫に襲われることがあるため、虫対策は欠かせません。
刺されたり咬まれたりすると、せっかくのキャンプが台無しになることも。
楽しい思い出が作れるようにしっかりと虫対策をしておきましょう!
【虫対策】キャンプ場にいる虫の種類・虫を寄せ付けない方法

WAQオンライン公式ストア