油断してると危険!テントの中でやってはいけないこと

キャンプは楽しい反面、重大な死亡事故にもつながりかねない危険性を孕んでいます。
今回の記事では、ベテランでもついやってしまいがちな「テントの中でやってはいけないNG行為」をまとめてみました。

料理など、火をおこすのはNG!

一番やってはいけないことは、テントの中で火を起こすことです。絶対にしないようにしましょう。
テントはタープとは違い、火や煙の逃げ道がありません。どんなに外が寒かったとしても、必ず屋外で使うことを徹底しましょう。
また、テントの素材は非常に燃えやすく、ほんの少しの火種でも一気に燃え広がります。
実際、テント内の火の不始末が原因で火事になり、死亡事故につながったケースも少なくありません。
また、シングルバーナーを暖房のように用いて暖をとる人がたまにいるのですが、これも全くおすすめできません。
テントの室内が寒いのであれば、湯たんぽやホッカイロなど、発火したりする危険性がないアイテムを用いましょう。

寝たばこは絶対にだめ

寝たばこも同様の理由でNGです。火の不始末による火事や一酸化炭素中毒などの原因になります
(そもそもですが、最近のキャンプ場のほとんどは全面禁煙になっています)。

蚊取り線香などにも注意

蚊取り線香などにも注意しましょう。就寝中に蚊取り線香を利用するのであれば、乾電池式で火が出ないものを使うか、
渦巻き式のものを使うのであれば、屋外に置いておくなどの工夫をしましょう。
渦巻き式の蚊取り線香を置くとしたら、テント外側、入り口付近に置いておくといいでしょう。

テントの中に食べ物を保管するのはNG

やっているひとも中にはいると思いますが、テントの中に食べ物を保管することはおすすめできません。
臭いの出やすい肉などをテントの中に置いておくと、野生の動物を引き寄せる原因になります。
密閉性の高いクーラーボックスや、車のトランクの中などに保管して、臭いが出ないようにする工夫をしましょう。

ガス式のランタン利用はOKだが、注意が必要

ガス式のランタンをテント内で使うことはOKですが、換気などを万全に行う必要があります。
入り口を部分的に開放しておけば、酸欠や一酸化炭素中毒になる心配はまずありません。
また、就寝時の利用はやめておいたほうがいいでしょう。
今はLEDが主流ですのでガス式のランタンを使っているキャンパーはほどんといないかもしれませんが、もし使う機会があるのであれば、頭に入れておきましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回紹介した行為はベテランでもやってしまいがちなものですが、絶対NGなものです。
ぜひ頭に入れて、安全で快適なキャンプを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA