キャンプで重宝!「スキレット」って何?

突然ですが、「スキレット」を知っていますか?
実はこのスキレット、キャンプシーンで大活躍の超万能アイテムなんです。
今回の記事では、スキレットとは何か、どんな用途で使えるのかといった情報をまとめています。
スキレットをまだ使ったことがない、その便利さがわからないという人には、必見の内容です。

スキレット=小さなフライパン

スキレットをひとことで言えば、「小さなフライパン」です。
鉄製のものがほとんどであり、家庭用のフライパンなどとは異なり「重くずっしりしている」ことが特徴です。
炭素を多く含んでいるので、固く頑丈な作りになっています。

形状はモノによってさまざまであり、四角、円形、楕円など、バリエーション豊かになっています。
サイズの選択肢も豊富で、ミニサイズから少し大きめのものまであります。

小さいだけではない?スキレットの良いところ

スキレットを使うだけで肉が美味しくなる

スキレットは鉄製で「蓄熱性」に優れており、肉や野菜にじっくり熱を加えて調理をすることができます。
安物の肉でも柔らかくジューシーに仕上げることが可能です。
また、蓄熱性に優れているので余熱で長時間調理する際にもスキレットが威力を発揮します。 

蒸し料理や煮込み料理も可能

スキレットには蓋つきのものもあり、これを使えば蒸し料理や煮込み料理もできます。
こなせる料理のバリエーションが多く、これ一つだけでキャンプの料理を完結させることができると言っても過言ではありません。
煮込み料理向きの厚底タイプのスキレットも幅広くリリースされているので、自分の目的や好みに合わせて選ぶといいでしょう。

デザイン性が抜群でアウトドアシーンにピッタリ

スキレットはその武骨なデザインが魅力であり、山や海などのアウトドアシーンとピッタリマッチします。
大自然の中でスキレットを使うと、ジブリアニメのような体験を味わうことができます

焚火に直置きもできる

スキレットは非常に丈夫であり、ダッチオーブンのように焚火に直置きすることだってできます。
普通のフライパンや鍋で直置きしてしまうとなべ底が焦げついてしまいますが、スキレットならへっちゃらです。
焚火でワイルドに料理をすることができるので、バーナーやコンロでは味わえない、違った体験を楽しむことができます。
ウインナーやベーコンをのせて、焚火に突っ込んで焼くだけでも、かなり楽しいです。

もちろん自宅でも利用可能

自宅での調理手ももちろん使えます。IH対応のスキレットも多く、利用シーンをほとんど選びません。

ソロキャンプとの相性抜群

スキレットのサイズはおひとり様サイズなので、調理してそのまま食べるにはもってこいです。
鍋敷きなどを挟めばアツアツの状態でもテーブルの上に置くことができます。

どこで手に入れることができる?

スキレットはアウトドア用品店でももちろん取り扱っていますが、ニトリやイケアなどの家具量販店、
100円ショップなどでも販売されています。家具量販店が出しているスキレットは、
アウトドアメーカーが製造販売しているものに負けず劣らずの品質であり、コストパフォーマンスにも優れています。
また、100円ショップのスキレット(100スキ)のクオリティもなかなかのものです。
初めてスキレットを試してみたい人にはおすすめできます。
数年、数十年単位で用いることは難しいかもしれませんが、エントリーモデルとしては十分なものです。

スキレットを使う上で気を付けておきたい注意点など

持ち手も熱くなるので注意

スキレットは一体もののアイテムであり、持ち手も鉄製なので熱がダイレクトに伝わります。
熱したスキレットの持ち手に触るときには、必ずハンドルカバーなどで対策をしましょう。
専用のハンドルカバーを利用してもOKですが、ハンドメイドで手作りするなどもおすすめです。
ちなみに、軍手などでは不十分です。安物の軍手に断熱性能はほぼないので、やけどを
防ぐことはできません。

手入れを怠るのはNG。シーズニングを必ず行う

シーズニングという、スキレットに油を馴染ませる作業が必須となります。
この作業は頻繁に行う必要があり、怠るとスキレットにダメージが残ってしまいます。
手間がかかりますが、その分長く愛用できます。手間を楽しみたい人にもおすすめです。

粗熱をとってから洗う(急冷はNG)

スキレットは鉄製で蓄熱性が高く、使用後もかなりの高温になります。
使用直後の状態のスキレットを冷水などで急冷すると、ひびや割れの原因になるのでやめましょう
(ガラスのコップに沸騰した水を入れると割れる現象と同じです)。
また、洗うときには洗剤を使わないのが定石です。長く使うために水で洗うようにしましょう。

さいごに

いかがでしょうか。
キャンパーであれば1つは持っておきたいスキレットの良いところを余すところなくご紹介しました。
ぜひ、「マイスキレット」を一台手に入れて、愛用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA