夏のキャンプ場の選び方とおすすめのキャンプ場6選

夏といえばキャンプ!

せっかくの夏休みだから、家族みんなで自然の中に遊びに行こうという方もいますよね。
そんな夏キャンプの悩みといえば、うだるような夏の暑さです。

テント内が暑くて寝られなかった、昼間が灼熱地獄だった…というような経験をした方も多いようです。

そこで、今回は

・夏におすすめのキャンプ場の選び方
・夏キャンプにおすすめのキャンプ場(関東/中部)

この2点についてまとめました。

夏のキャンプは場所選びが何よりも大事です!
今回の記事を参考に夏でも涼しいキャンプを満喫してください♪

Contents

夏におすすめのキャンプ場の選び方

標高が高いキャンプ場

涼しいキャンプ場といえば、前提として標高が高い場所にあるキャンプ場をおすすめします。

一般的に100メートル高低差があると0.6℃気温が変わるといわれています。
なので、標高1000メートルのキャンプ場へ行くと平地との差が6℃も出るのです。

例えば、東京都新宿区の平均的な8月の最高気温は31℃、最低気温は24℃ですが、標高が1000m近くある長野県軽井沢町の平均的な8月の最高気温は27℃、最低気温は17℃。

新宿区と軽井沢町の気温差は4℃〜7℃もあります。
だから標高が1000m近い場所であればかなり涼しく、快適に過ごすことができるのです。

ただし標高が高いキャンプ場は昼と夜の気温差が大きい点に要注意。

例えば軽井沢町では8月の平均的な最高気温が27℃、最低気温が17℃なのでその差は10℃もあります。

昼間は半袖で過ごしていても、夜は寒いぐらいに冷え込むので、油断せずに防寒着をしっかり準備して行きましょう。

日陰にテントを張る

とにかく日陰を確保することが夏キャンプの基本です。

なので、なるべく直射日光が当たる場所ではなく、木陰など日陰になる場所にテントを張るようにしましょう。
タープの下にテントを設営することで直射日光を防ぐこともできますが、それでも日陰に勝るものはありません。

標高が高いキャンプ場であっても、日中日が当たる場所は気温がかなり上がるので、可能な限り日陰にテントを張るようにしましょう。

河原や湖畔沿い

河原や湖畔が近くにあると水で冷やされた空気が流れてくるので涼しいです。
そして昼間は水遊びもできるので、河原や湖畔沿いはキャンプ場の中でも人気のスポットでしょう。

ただし河原のテント設営は直近で雨が降り続いていた場合や、当日が雨の場合は避けた方がよいです。

なぜなら、現状雨が降っていなくても、ダムの放流などにより急に川の水量が増えることもあるからです。
また、山崩れなどによって河川をせき止めていたものが急に崩れ、一気に下流に流れ込み、急激に増水することも。

このような危険性もあるので、もし河原にテント設営をする場合は、安全性をしっかり確認してからにしましょう。

意外と夏キャンプに不向きな場所

海沿い

夏といえば海。
海沿いでキャンプをすれば海で遊ぶこともできるので一石二鳥だと思いますよね。

しかし海沿いのキャンプ場は標高がなく日陰もないので、日中は灼熱地獄です。
しかも夜になっても暑いままなので寝苦しい思いをします。

見晴らしの良い高原

標高が高い高原は一見涼しそうに感じます。
実際に夜は気温が下がり涼しいのですが、問題は昼間。

高原は標高が高い分、日差しが強いです。
直射日光が当たるテント内では、高原であれど関係なく気温が上昇します。

なので高原のキャンプ場でもなるべく日陰にテント設営することをおすすめします。

平地の木陰

先に木陰でのテント設営がおすすめと書きましたが、標高が低い平地は影の中であろうと暑いです。

真夏は日陰でもむわっとした空気のせいで暑い思いをしたことがある方は多いと思いますが、それは平地のキャンプ場でも一緒です。

ですので、前提としてなるべく標高の高いキャンプ場を選ぶことをおすすめします。

夏キャンプにおすすめのキャンプ場【関東/中部】6選

無印カンパーニャ嬬恋 (群馬県、標高1300m)

出典:無印カンパーニャ嬬恋キャンプ場

無印カンパーニャ嬬恋キャンプ場は、軽井沢や草津にもほど近い場所にある湖畔のキャンプ場です。

■豊富なアクティビティが楽しめる

無印カンパーニャ嬬恋キャンプ場の特徴は多彩なアクティビティが楽しめること。
広大で美しい青のバラギ湖ではフィッシングやボート、湖を巡るサイクリングやトレッキングなどが楽しめます。

また、マウンテンバイクや夜の自然探索、羊毛フェルトでマスコットづくりなど様々な体験教室があるので、子どもが喜ぶこと間違いなしです。

■キャンプ道具のレンタルOK

テント、ランタン、キッチン用品など、レンタルできるキャンプ道具を豊富にそろえているので、初心者でも気軽に安心して訪れることができます。

■軽井沢、草津などの観光も可能

設備がとても充実しているキャンプ場ですが、それだけでなく軽井沢や草津といった観光名所にもアクセスしやすいので、キャンプ以外の楽しみも広がります。

キャンプ中に軽井沢や草津を観光してみるのも良さそうですね!

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
TEL:03-5950-3660(月~金曜10~17時)
営業期間:4月下旬~11月上旬
公式サイト:無印カンパーニャ嬬恋キャンプ場

丸沼高原オートキャンプ場 (群馬県、標高1500m)

出典:丸沼高原オートキャンプ場

標高1500mに位置する丸沼高原オートキャンプ場は、年間を通して気温が上がりにくく、夏でも涼しいキャンプ場の一つです。

■敷地内のアトラクションが充実

丸沼高原オートキャンプ場の特徴は敷地内のアトラクションが充実していること。
例えばツリーアドベンチャーは木と木を結ぶように設置されたロープや吊り橋などを、ハーネスを付けて攻略するアトラクションです。

コースは3種類あり、最難関のコースは地上から最大10mの高さがある場所でロープなどを伝って渡り歩きます。
子どもから大人まで楽しめる迫力満点のアトラクションです。

他にも日光白根山ロープウェイで白根山の標高2000m地点まで一気に登ることができます。
ロープウェイから眺める白根山の四季折々の景色も素晴らしいですし、標高2000m地点では満天の星空を眺めることもできます。

■源泉から湧き出る温泉

キャンプ場の施設として、源泉から湧き出る温泉があります。

神経痛や冷え性、慢性消化器病などに効果があるらしく、アウトドアの疲労回復にも最適。
キャンプ帰りにゆったり浸かればリフレッシュできそうですね。

■関東以北最高峰の白根山登山も楽しめる

白根山は景観が美しく、高山植物も豊富なことから、日光国立公園の特別保護地区に指定されています。

ロープウェイの山頂駅から白根山山頂までは往復で5時間程度。
ロープウェイのおかげで山頂までの時間が短縮でき、登山道も整備が行き届いているので、初心者やファミリーでも安心して登ることができます。

【基本情報】
住所:群馬県利根郡片品村東小川4658-58
TEL:0278-58-4300
営業期間:5月下旬~11月上旬
公式サイト:丸沼高原オートキャンプ場

瑞垣山キャンプリゾート (山梨県、標高1465m)

出典:瑞垣山キャンプリゾート

瑞垣山キャンプリゾートは、グランピングやバンガロー、キャンプサイト、農園の複合施設。
美しい白樺に囲まれ、小川が流れている非常にロケーションがよい場所です。

■豊かな自然とふれあう体験教室

瑞垣山キャンプリゾートの特徴は豊かな自然の中での体験教室。

キャンプ場が農園と併設しているので、野菜の収穫や植え付けなどの農作業体験ができます。また特製のピザ窯で農園の野菜をたっぷり使ったピザ作りの体験もできます。

■キャンプ道具のレンタルOK

キャンプ初心者に嬉しいのは寝袋やランタン、テント、タープなどのキャンプ用品をレンタルできること。
ほぼ手ぶら状態でもキャンプができるのはありがたいですね♪

■日本百名山の金峰山や瑞牆山の登山も楽しめる

周囲には日本百名山の金峰山や瑞牆山があるので、本格的な登山を楽しみたい方にもおすすめです。
金峰山は往復約7時間半、瑞牆山は往復約6時間弱でアタックできます。

【基本情報】
住所:山梨県北杜市須玉町小尾8862-1
TEL: 0551-45-0757
営業時間:4月下旬~11月上旬
公式サイト:瑞垣山キャンプリゾート

浅間園オートキャンプ場 (群馬県、標高1400m)

出典:浅間園オートキャンプ場

群馬県の北軽井沢にある浅間園オートキャンプ場は、浅間山が眼前にそびえ立ち、雄大な自然を堪能できます。

■キャンプ場では珍しい直火サイトあり

キャンプの楽しみといえば焚火ですが、通常のキャンプ場では直火禁止で、焚火台必須のところがほとんどです。

しかし浅間園オートキャンプ場は珍しく直火OKのサイトがあります。
みんなで火を囲ってキャンプファイヤーが楽しめますね!

■浅間山のトレッキングが楽しめる

浅間山は標高2568mの活火山です。
火山活動によって形成された溶岩流やクレーター等の地形、生育する珍しい高山植物は貴重な自然遺産になっています。

浅間山では歴史を学びながらガイド付きで散策できるトレッキングコースや高山植物や溶岩の珍しい地形が楽しめる自然遊歩道があります。

浅間園オートキャンプ場に泊まるならぜひ浅間山の美しい自然も堪能したいですね。

■キャンプ場の近くに子どもが喜ぶ牧場や施設あり

キャンプ場から車で5分もかからない場所に「浅間牧場」があり、うさぎ・ヤギ・羊やその他の小動物と触れ合ったり、餌をあげたりできます。
子どもから大人まで楽しめる癒しスポットです。

またキャンプ場周辺には「軽井沢おもちゃ王国」もあります。
おもちゃの部屋やアスレチックな遊具、アトラクションなど子どもが喜ぶものを大集合させたような施設なので、キャンプの前後に遊びに行くのも楽しそうですね!

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢浅間園内
TEL: 070-4802-6434
営業時間:4月下旬~11月下旬
公式サイト:浅間園オートキャンプ場

うるぎ星の森オートキャンプ場 (長野県、標高1200m)

出典:うるぎ星の森オートキャンプ場

うるぎ星の森オートキャンプ場はサイト数が100以上もある大きなキャンプ場で、サイトの種類も電源付きサイトや、キャラバンサイト、大型キャビンサイトなど豊富にあります。

■キャンプ道具のレンタル+スタッフのサポートパックあり

キャンプ道具のレンタルを行っており、手ぶらで来ても必須のキャンプ道具は全て揃います。
「星の森コミコミパック」というプランもあり、キャンプ道具をパックでまとめてレンタルできる上に、スタッフから使い方のアドバイスもしてもらえるという手厚い内容になっています。
キャンプ超初心者の方でも安心して利用できますね。

■子どもが喜ぶアスレチック遊具が15種類以上

アスレチック遊具が豊富で、「滝つぼジャンプ」や「やまびこ遊具」などその数15種類以上。
普段公園では見ないような珍しい遊具ばかりなので、子どもは一日中楽しめると思います。

【基本情報】
住所:長野県売木村2653-3
TEL: 0260-28-2455
営業期間:3月末~11月末
公式サイト:うるぎ星の森オートキャンプ場

立原高原キャンプ場(長野県、標高1400m)

立原高原キャンプ場はかつて酪農が盛んだった天狗山の麓に広がるカラマツと白樺林に囲まれたキャンプ場です。

■ハイシーズンでも隣を気にせずゆったりできる独立オートサイト

立原高原キャンプ場はゆとりのあるスペースでキャンプができるオートサイトが特徴です。
混雑時でも隣が気にならないのは嬉しいですね。

他にもより自然を感じられる林間キャンプサイトや、ゆったりくつろげるコテージもあるので自身のアウトドアスタイルに合わせて選ぶことができます。

■キャンプ場の近くに充実した温泉施設あり

車で5分の場所に滝見の湯という温泉施設があり、露天風呂や打たせ湯、ミストサウナなどでゆっくり疲れが取れます。

【基本情報】
住所:長野県南佐久郡南相木村6325-1
TEL: 0267-78-2907
営業時間:4月下旬~11月上旬まで
公式サイト:立原高原キャンプ場

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は夏におすすめのキャンプ場の選び方と、夏キャンプにおすすめのキャンプ場をご紹介しました。
夏のキャンプをいかに快適に過ごせるかは、キャンプ場選びが何よりも大事です!

今回の記事を参考に、涼しく過ごせるキャンプ場を選んで、快適な夏キャンプを楽しんで下さいね!

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA