火起こし初心者が火起こしの達人になるための便利アイテム10選

はじめてのキャンプやBBQを楽しむために重要になるのは『火起こし』です。
キャンプ場やBBQではやりたいことがいっぱいあることでしょう。
自然の中での食事を1番の楽しみにしている方も多いかもしれませんね。
家にいればガスコンロのつまみを捻ったり、IHのボタンを押したりするだけで瞬間的に火を起こすことができます。
しかしキャンプやBBQでは、どんなプロでもたった1秒で火を起こすことはできません。
火起こしもキャンプやBBQの醍醐味ですが、なかなかうまくいかないと大自然の中の楽しさも吹き飛んでしまうものです。
ここでは火起こし初心者が火起こしの達人となるための便利なアイテムを10つ紹介していきます。

キャンプの楽しさは火起こしで決まる

キャンプの楽しさは火起こしで決まると言っても過言ではありません。スムーズな火起こしを行うことができれば、
それだけでもう脱初心者です。炭火で美味しい食事を作ったり、薪から立ち上る火を眺めたり、
さらに上達すれば燻製料理を作ったり、キャンプファイヤーを楽しむのも素敵です。
キャンプの魅力にどっぷりと浸かっている方にキャンプの魅力を尋ねると、
多くの方が『火』を楽しむためだと答えます。
ただし火起こしは初心者が最も躓いてしまいやすい作業です。
キャンプ場の情報やテントの組み立て方はしっかりと予習しておくのにも関わらず、
なんとなく火は簡単に起こせるものというイメージが強く、火のつけ方を知らないままキャンプやBBQに訪れる方が多いためです。
はじめて火をつけるのに成功した時には、その火を消してしまうのが惜しくなるほど普段できない
火遊びの魅力を感じていることでしょう。
もちろん、火の始末は火起こし以上に注意するべきポイントになりますので、十分に注意してください。

火起こしはキャンプで最も非日常的

大自然の中で体を動かすことや、真っ暗な夜、テントの中で眠る楽しみなどキャンプでは非日常的な
さまざまな体験をすることができますが、やはり最も非日常的なのは火起こしだと言えるでしょう。
今ではガスコンロの割合も減り家庭でもIHクッキングヒーターを使用していることで、
火そのものを見たことがないお子さんも増えていると言われています。
キャンプでは自分自身の力で火を起こします。小さな火種から大きな火へと火を成長させていく過程は、
キャンプでしか体感することができない魅力的なアクティビティです。

火起こしの基本的な手順『煙突効果を意識』

火起こしで1番多い失敗は、新聞紙など可燃物を燃やすだけ燃やして
周囲が灰だらけになってしまって終了してしまうというものです。
新聞紙の端に火をつけるだけでは、火は一時的に新聞紙を燃え上がらせるだけで、火起こしをすることはできません。
炭への着火手順
  1. 着火剤を中心に置く
  2. 炭を着火剤の周りに隙間をたくさんあけて積み上げる
  3. 火をつけたら炭を動かさずじっと待つ

まずは着火剤を中心にセットします。

次にセットした着火剤の周りに炭を積み上げていきます。火を起こすためには空気の通り道が大事になるため、
井桁を組み縦に積み上げていくことを意識してください。
よくある失敗が、綺麗に炭を隙間なく炭を並べてしまうことです。見た目は安定していて美しいですが、
酸素の通り道がないため燃えにくいです。

炭の大きさで井桁に積み上げることができない場合には、小さい炭から大きい炭へと縦に積み上げていきます。
次はいよいよ着火です。着火剤に火をつけたら、じっと火を見つめて待ちましょう。
火の燃えあがりが弱いと、うちわで仰いで火を強めようとしてしまいがちですが、
それでは火種だけが早く燃えてしまい炭に火がつきません。
また反対に火が少ししか見えないからと言って炭を動かし火種に炭をくっつける作業をしてしまいがちです。
これも火種が消えてしまう原因になってしまいます。炭は瞬時に火がつくものではありません。
そのため火を起こしてから10分は、決して触らないことが大切です。
キャンプやBBQで最後の最後まで火がつかず、火起こし諦めてしまう方の多くは火をつけたら炭を動かさずじっと待つことが出来ていなかった方が多いです。
何もせず成功するかどうか見ているのは、初めての方には不安が大きいと思いますが、10分後に火がついていれば成功。
ついていなければ失敗と分かりやすい目安にもなります。
薪への着火手順
  1. 着火剤を中心に置く
  2. 薪を着火剤の周りに隙間をたくさん開けて積み上げる
  3. 火をつけたら薪を動かさずじっと待つ
薪に火をつけるのも基本的には炭で火をつける場合と火のつけ方は同じです。炭より木の
方が燃えやすいため、じっと待つ時間は炭に比べて短いです。薪は大きく2種類あり、焚
火用と炊事用のものがあります。焚き火用のものは火が長く、炊事用のものは火がつきや
すくなっているため、初心者の場合では炊事用のものからチャレンジしてみるのもおすす
めです。

火起こしにかかる時間の目安は1時間

火起こしはだいたい火起こしのポイントを理解している初心者の方で1時間ほどです。
そのため食事を楽しみたい時間から料理に掛かる時間を逆算し、火起こしの準備を始めなくてはなりません。
はじめての火起こしで火起こし嫌いになってしまう理由は、火起こしに時間がかかることを知らずにいることです。
火起こしに奮闘している最中に、「まだ火が付かないの?」とプレッシャーをかけられてしまうと
なおさら火をじっと待つことが難しくなり、次第に火起こしにうんざりしてしまうものです。
火起こしは1時間はかかると知っておくだけでも、火起こしそのものを楽しめるようになりますよ。
火起こしの達人になれば20分ほどで火をつけることもできます。

真似してはいけない!火起こし事故例で知る火起こしの危険性

火起こしは非日常的で普段味わうことのできない魅力が詰まっているものです。
しかしながら火は当然、危険を伴うものです。
ここでは実際に起こった事故を紹介しながら、火起こしの注意点について詳しく紹介していきます。

ガスボンベ爆発

ガスボンベは当然ですが使用方法を間違えてしまうと爆発してしまいます。
キャンプでのガスボンベの爆発事故で多いのは保管場所を間違えてしまうことによる事故です。
ガス管は基本的に40度以下の環境で保管しなければなりません。
誤って火の傍に置いてしまったり車の中に放置してしまうことで爆発事故が発生してしまう危険性もあります。
キャンプでのガス器具の取り扱いについては、一般社団法人日本石油機器工業会の公式HPでも注意喚起が行われているほどです。
必ず安全な保管場所を決めて使用しましょう。

着火剤継ぎ足し事故

着火剤継ぎ足し事故は毎年のように負傷者を出している事故です。
着火剤として販売されているもののほとんどは、火をつける前に使用するものです。
火が弱いなと思って着火剤を継ぎ足してしまうと、一気に火が燃えあがり火傷してしまう可能性があります。
特に液体タイプのものでは、たとえ離れた場所からの継ぎ足しでも火の方が瞬間的に着火剤の方に燃え移ったり、
火と共に周囲に飛び散ったりします。
周囲にいた大勢が火傷を負う危険性が高いですので注意しましょう。

カセットコンロを2台連結使用で爆発事故

カセットコンロを2台並べて大きな鉄板で焼きそばを作るというのは、一見合理的な使用方法に思えます。
しかしながらこの方法では、カセットコンロ本体の熱が逃げ場を失い、爆発を招いてしまう危険性があります。
実際キャンプで事故が発生した例もあり、一般社団法人日本石油機器工業会の公式HPでも注意喚起が行われています。
ガスによる爆発になり、大きなけがの恐れがありますので注意してください。

BBQコンロの転倒によるやけど

キャンプ場やBBQ会場では、どうしても足場が不安定になっていることが多いです。
まずは安定した場所を選ぶことが何より大切です。
またテントやタープのロープに引っ掛かり転倒、BBQコンロが倒れてしまう事故も多いです。
ロープの色を目立つ色に変え、危険のない場所にBBQコンロを設置しましょう。

着衣着火でやけど

火起こし中に服に火がついてしまう事故のことです。
火起こしでは特に薪の場合に多いですが、細かい火の粉が周囲に舞うことがあります。
また直接的に火に触れていなくても熱により火が移ることもあります。
起毛素材や麻、レーヨン、化学繊維の素材でできた服は特に火が燃え移りやすく、一気に体全体に広がります。
服の袖についたわずかな火が首元まで駆け上がるまでの時間は、燃えやすい素材ではわずか1秒だと言われています。
出来るだけ起毛素材を避け、消火用の水を十分に用意して火を起こしましょう。特に忘れてしまいがちなのが軍手です。
軍手は火起こしの際に指先を保護するのに役立ちそうです
が、化学繊維が多く含まれいるものも多いですので、防火用のものを使用するなど工夫しましょう。

初心者も簡単に利用できる火起こしアイテム

ここでは初心者の方も簡単に利用することができる火起こしアイテムの中で、
特におすすめすることができる10アイテムを紹介していきます。
火起こし初心者から火起こしの達人となることができるアイテムばかりですので、ぜひキャンプやBBQに行く前にはチェックしてみてください。

固形着火剤

固形タイプの着火剤です。火起こしの際に中心に置いて使用します。ゆっくりと着火していくものが多いため、
炭や薪の組み立て方に自信がない場合でも火が付きやすいです。
液体着火剤に比べ燃やし始めに煙が出るものが多いですが、火が安定するころにはなくなります。
100円均一などでも気軽に購入することができますのでおすすめです。

液体着火剤

液体タイプの着火剤です。液体とは言うもののジェル状になっているものがほとんどで、炭や薪に塗って使用します。
ジェルタイプは固形燃料に比べ着火力が高いと言われているため、焚火用の薪などへの使用がおすすめです。
液体のため本来必要ではない場所に付着してしまわないよう注意しましょう。
また火がついている場所へ継ぎ足しての使用は大変危険ですので、製品の注意事項を詳しく読んでから使用しましょう。

火起こしストーブ

火起こしストーブは煙突効果を簡単に作り上げることができるものです。
自分自身で炭を積み上げることなく火起こしストーブの中に炭を入れ、火をつけた固形着火剤の上に置い
ておくだけで10分ほどで火を起こすことができます。
火起こし器自体が熱くなるため火起こし器から炭を取り出すための手袋やトングを用意して使用しましょう。

火起こし鍋

火起こし鍋は火起こしストーブに名前は似ていますが、見た目は七輪や片手鍋のようなものが多いです。
火起こし鍋の中に炭を入れ、ガスコンロで熱することで炭に火をつけます。
ガスコンロで火をつけるため、着火剤を使用する必要もなく非常に手軽に使用できます。
ただし火起こしストーブに比べ、一度に火をつけられる炭の数は少なめです。

ガスバーナー

ガスバーナーでの火起こしは炭の時に使用する方も多いですが、薪の際に使用することがおすすめです。
特に焚き火用の薪では水分が多い場合なかなか火が着火剤から燃え移らないこともありますが、
ガスバーナーで火をつけることで安定しやすいです。
すでに火がついている状態で使用するなどガスバーナーが高温になってしまわないよう注意し使用しましょう。

BBQファン

火力を上げたいときに使用するのがBBQファンです。うちわでも構いません。
火起こしではじっと待つのが大切だと紹介してきましたが、火が安定した後に火力をあげたいという場合にはたっぷり空気を送ってあげる必要があります。
電池で動くもの、手動ののも、空気入れと一体になっているものがありますので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

チャッカマン

固形着火剤や液体着火剤問わず、着火剤に火をつけるのはちょっと怖いですよね。
そんな時に役立つのがチャッカマンです。遠くから火をつけやすいためしっかり火をつけることができます。
100円均一でも簡単に手に入れられるため、お手軽です。

電子ライター

電子ライターは雨や風の影響を受けにくいという特徴があります。
キャンプでは雨の中で火起こしすることは少ないかもしれませんが、風によってなかなか火が付かないことは多いです。
また通常のライターでは寒い時期は気化不足でガスが入っているのに火が付かないとうこともありますが、
電子ライターならその心配はいりません。
USBで充電することができるため、年に1回から2回しかキャンプに行かないという方でも製品が劣化する心配がなくおすすめです。

耐熱グローブ

直接火をつけるための道具ではありませんが、初心者にこそおすすめなのが耐熱グローブです。
火起こしを安全にしてくれるグローブです。よく耐熱グローブの代わりに軍手を使用する方がいますが、
軍手は火がついてしまうと燃えやすいものが多く、火傷の危険性があります。
火起こしだけではなく火消しの際にも耐熱グローブは役立ちます。
ひと昔前は耐熱グローブと言えば高価なものでしたが、現在では1,000円程度で買えるものも多いのでおすすめです。

焚火台

焚火をするためには焚火台が必須のキャンプ場またはBBQ場は多いです。
そうではない場合も焚火台は空気の流れを考えて作られているため、
地面でそのまま焚火をするよりも火が付きやすいためおすすめです。

慣れてきたら使いたいお洒落な火起こしアイテム

火起こしに慣れてきて、火起こしの達人を目指す人におすすめできるお洒落な火起こしアイテムを紹介していきます。
初心者向けに紹介したアイテムよりも使いこなすためには練習が必要なものも多いですが、
火起こしという非日常をより面白くしてくれるアイテムばかりです。

ファイヤースターター

ファイヤースターターはマッチやチャッカマン、ライターが使えない時にでも使用することができるアイテムです。
マグネシウム棒と金具を組み合わせたもので、現代版の火打石と考えると分かりやすいでしょう。
マグネシウム棒を金具で擦り火花を散らすことができます。その火花をおがくずなどの火種に移すこで火を起こします。
火花から火種に火をつけるという方法は、ザ・アウトドアという方法です。
何度も繰り返し使用することができますし、水に濡れても平気なためいざと言う時のために用意している方も多いです。
火打石より簡単に火花は散りますが、コツを掴むまではなかなか火種に火を移すことができません。
その分、火起こしに成功した時の喜びは大きいです。

集光レンズ

虫眼鏡で火を起こすことができると知っている方は多いでしょう。
実際に虫眼鏡で火を起こしたことがある方はどれくらいいるでしょうか?
集光レンズは虫眼鏡で火を起こすのと同じ原理で火起こしをするアイテムです。
小枝など火種になるものを用意し、太陽にかざすことで火を起こします。
晴れている日であれば夏のような日差しが強い日以外でも使用できます。
太陽の光で火起こしをしてみたいと考えている方におすすめです。
ただし太陽の光を集めて火を起こすほどですので、使用しない場合はしっかり収納しておく必要がありますので注意しましょう。

ファイアピストン

ファイアピストンとは空気を圧縮することで火起こしを行うと言うものです。
火種になるものを棒の先端に設置し、空気の逃げ道を無くした棒に入れピストンすることで、
空気が圧縮されることにより熱が生じ、火種が燃えるというものです。
火種が燃えたら火を取り出し、おがくずなどの上で火を大きくすれば火起こし完了です。
空気を圧縮させる方法ですので、ぐっと棒を押し込む必要があり多少の力が必要です。
実はこの方法は原始発火器具と呼ばれるものの1つで、きりもみ式や火打石同様に古くから使われていた火起こし方法です。
原始的な方法で火起こしを行ってみたい方はぜひ行ってみてください。

すでにキャンプ場にいるあなたへ!身近な火起こしアイテム

火起こしに対する対策を1つも考えていなかったという失敗は多いです。どうしても火を
起こすことが難しいというイメージを日常生活で感じるのは難しいのでしょう。
手順さえ守れば、初心者の方でも十分に火起こしを行うことはできます。
ここでは初心者におすすめのアイテムを持たないまますでにキャンプ場にいる方に向けて、
キャンプ場で入手できそうなアイテムを使用して火起こしを行う方法について詳しく紹介していきます。

牛乳パック

牛乳パックは着火剤として使用できます。牛乳パックをよく洗い、その後しっかりと乾かします。カットすることなくそのまま火をつけて使用することがおすすめです。牛乳パックは新聞紙と比較し灰が周囲に飛ぶこともないですし、ワックスコーティングがされているため比較的長時間燃えてくれるため火を起こしやすいです。たくさん牛乳パックがある場合にはカットし積み上げて使用するのもおすすめです。

新聞紙

新聞紙を着火剤にする際には新聞紙を1枚1枚ねじり棒のような形にしていきます。固くねじりすぎてしまうと燃える時間は伸びるものの空気が入りにくくなってしまいまいます。そのためきつくねじるものと軽くねじるものの2種類用意すると良いでしょう。

中央に新聞紙を積み上げ、その周りを炭で囲みます。新聞紙で火をつける際に注意しなければならないのは、じっと待つことです。
すぐに風を送ってしまうと炭に火が付かず、灰が周囲に飛び散ってしまいます。

割りばし

割りばしも着火剤として使用することができます。割りばしはを井桁状に積み上げ、その周囲を炭で囲みます。
炭で囲んだ後にさらに割りばしが余っているのであれば、さらに割りばしを井桁状に積み上げると尚良いです。
炭に囲まれている割りばしに火をつけ、あとはじっと待つだけです。

割りばしが余っている場合に炭の上においた割りばしに火をつけても、炭に火がつくことは少ないです。
火は下から上へ燃えるので、できるだけ内部に火をつけましょう。内部に火をつけられないほど密集して割りばしや炭を
置いてしまうと空気不足になり火が付きにくくなるため注意してください。

リップクリーム

リップクリームは着火剤に変身させることができます。リップクリームは唇を保湿する目的で作られていますので、その成分にはオイルが含まれているためです。
そのままリップを燃やそうとしても燃えることはありませんが、着火剤になりそうなものに塗ることで、燃やすことができます。
コットンなどに塗り込むのが理想ですが、割りばし新聞紙に塗り込んでも塗り込まない場合に比べて良く燃えるようになります。

そのまま火に投げ込んでも燃えることはありませんので注意しましょう。ろうそくのロウの部分に火をつけるだけではロウが溶けるだけで火が付かないのと同じ仕組みです。必ず他の着火剤になりそうなものと組み合わせて使用しましょう。

ガムテープ

ガムテープは着火剤として使用することができます。ガムテープの粘着部分が外側に来るように丸めたものを複数個作ります。その周囲に炭を積み重ねガムテープに火をつけましょう。あとは通常通りじっと待つだけです。安定する前に多くの風を送るとガムテープだけが先に燃え上がり、肝心の炭に火が付かなくなる可能性があります。ガムテープの粘着成分は水溶性粘着剤が用いられており燃えやすくなっているのです。また表面は油分を含んでいるので、これもまた燃えやすいです。

紹介してきた身近な火起こしアイテムの中で1番火をつけた瞬間に火が大きくなりやすいですので注意しましょう。

まとめ

ここまでこれから火起こしをはじめて行う方が必要な情報をまとめてきました。火起こしはキャンプやBBQの醍醐味です。火起こしがスムーズに行えるとキャンプやBBQの楽しさが倍増すると言っても過言ではありません。

火起こしには数多くの便利アイテムがありますので、それぞれ組み合わせて火起こしを成功させてください。火起こしを行う際は安全に気を付け、トラブルがあった場合に火を消すための水を必ず用意してください。また、火の始末にもしっかり取り組みましょう。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA