音量には注意!?スピーカーをキャンプ場で使用するときのマナーについて

キャンプ場にスピーカーを持参して、自然の雰囲気に合わせた音楽を流したり、
夜のBBQやキャンプファイヤーに合わせたジャズテイストの曲を流したりすることは非常におすすめできます。
真夏の熱帯夜に合う曲、秋の夜長に合う曲など、その時々の情緒風情に合わせた曲を流すと、キャンプという非日常体験をより一層楽しむことができます。
ですが、マナーやモラルを無視してスピーカーを利用することはご法度です。
この記事では、キャンプシーンでスピーカーを使うときに、ぜひ気を付けておきたいポイントをまとめました。
スピーカーを持参しようと思っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

これだけは守ろう。キャンプシーンでのスピーカーのマナー

スピーカーを使う際には、最低限以下の2つだけは必ず守るようにしましょう。

原則キャンプ場のルールに従う(スピーカーNGの場所も多い)

マナー以前の問題ですが、キャンプ場にスピーカーに関するルールがあれば、必ずそれに従いましょう。
スピーカーを含め、楽器やポータブルテレビなど、「音が出る系」の機器の使用を全面的に禁止しているキャンプ場はかなりあります。
自分が利用しようとするキャンプ場がどのようなルールになっているか、必ずチェックしましょう。
また、OKだとしても、○○時以降はNG、のようなルールになっていることがほとんどです。
たとえルールに明記されていないとしても、夜の10~11時以降に音を出すのは控えましょう(キャンプ場で10時以降は就寝タイムです)。

音はある程度絞るのがベター、大音量にはしない

キャンプ場はプライベート空間ではありませんので、キャンパー同士互いに迷惑がかからないように行動することは大原則です。
スピーカーを利用するにしても、大音量を出さない、どんちゃん騒ぎをしないなど、節度を持って楽しみましょう。
ただ、「周りに迷惑がかからないレベルの音量」というのは、人によってそれぞれです。
不安な人は、周囲のキャンパーにスピーカーを利用することを一言伝えておくと、トラブルにならずにすみます。

キャンプシーンでおすすめのスピーカーは?

お次に、キャンプシーンでおすすめできるスピーカーの種類などについて、解説していきます。

Bluetooth対応のスピーカーが断然おすすめ

スマホや携帯音楽プレーヤーのイヤホンジャックにつないで楽しむタイプのスピーカーは比較的安価に利用でき、音質がいいものも数多くあります。
ですが、この手の有線スピーカーの場合スマホをスピーカーのそばに置く必要があり、音楽をかけながらスマホを持ち運ぶ、といった使い方ができません。
そこでおすすめなのがBluetoothのスピーカーです。スマホとスピーカーが物理的に離れても音楽を流し続けることができるので、
離れた場所でスマホをいじったり、陣地であちこちウロウロしても音が途切れることはありません。
スピーカー自体はテーブルの上に置いたり、ランタンハンガーにぶら下げたりするといいでしょう。
テントの天井の、ランタンをひっかける場所にスピーカーをぶら下げる、といったやり方もおすすめです。

電源要らずの充電式が圧倒的に便利

スピーカーはコンセント式のものと充電式のものの2種類がありますがキャンプであれば「充電式」一択です。
コンセント式のものはAC100Vの電源がついているサイトでしか利用できず、かなり不便です。
充電式だと電池切れが心配になるかもしれませんが、実は最近の充電式スピーカーはかなりの大容量で、2日3日のキャンプであれば余裕で持ちます。
家でフル充電して持っていけば、電池切れの心配もないでしょう。
また、家からキャンプ場まで、あるいはキャンプ場から家まで車で行くのであれば、スピーカーをカーオーディオ代わりにも使用できます。
カーオーディオにCDプレーヤーがついている場合もありますがBluetooth対応のものはまだ少なく、対応スピーカーが手元にあるとかなり重宝します。

ハイエンド製品を持っていくのはおすすめできない。防塵防滴のものを

音のクオリティにこだわったハイエンド製品を持っていくのは、あまりおすすめできません。
キャンプ場では砂やほこりが舞いやすく、故障の原因になりかねないためです。
防塵防滴のモデルであれば、水、泥、砂などがかかってもふき取るだけで大丈夫です。
音質も申し分なしなので、アウトドア専用のものをひとつ買うといいでしょう。

デザインにもこだわろう

テントやタープなどと同様に、スピーカーも立派なアウトドアギアです。デザインにこだわったイチオシの製品を選ぶことがおすすめです。
スピーカーのこだわりポイントは、カラーや形状などさまざまです。
無機質でごつい感じのものよりも、ポップで明るいカラーのものが、自然豊かなキャンプシーンにうまくマッチします。

さいごに

いかがでしたでしょうか。ルールやマナーを守ってスピーカーを使えば、キャンプをより一層楽しむことができます。
防塵防滴のスピーカーはアウトドア用品店や家電量販店で打っているので、ぜひ買って試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA