強度の出るペグの打ち方は?テントが飛ばないようにする工夫など

キャンプ場でテントを張るときに必ず行う作業のなかに「ペグ打ち」があります。
この作業はテントを上手に張れるかどうかのキーとなる作業ですので、しっかりとミスなくこなしたいものです。
この記事では、上手なペグの打ち方について、よくある間違い例などを織り交ぜながら解説しています。
テントを建てた経験があまりない人には必見の内容です。

そもそもペグとは何か

ペグ(ステークとも言います)は、テントを地面に固定し、強風が吹いてもテントが飛ばされないようにするためのツールです。
テントを購入すれば備品として必要な数だけついてくるので、別途購入する必要などはありません。
破損や紛失などで数が足りなくなった、あるいは激安テントのため付属ペグの強度が頼りない、と言った場合には、ペグのみの購入もできます。
アウトドア用品店に行けば、安価なプラペグからハイエンドモデルの鍛造ペグまで、豊富なラインナップがそろっています。

強度を出すペグの打ち方は?

ペグは内側に向けて打つと頑丈に固定できる

ペグは、テントの内側に向けて、ある程度の角度をつけて打つように心がけましょう。
テントをしっかりと張るための必須テクニックです。ロープ1本と両端のペグ2本ずつで、一つのユニットになっています。
このラインに沿って、外側に傾けるように打つのがコツです。
刺さったペグは横方向の力には強いのですが、ペグを刺した方向からの力には弱いです。
そのため角度が重要であり、ロープの張力をうまく地面に伝えるように打つ必要があります。

初心者にありがちなペグの打ち方に、「地面に対して鉛直方向にペグを打つ」あるいは、「外側に向けてペグを打つ」などがありますが、
どちらも誤った打ち方です。ロープが緩んだり、取れたりする原因になります。

ペグ打ちのときにはペグに真っすぐ力を加えるようにする

ペグを打つときに、打つ方向に真っすぐに力を加えるようにしましょう。
靴底でキックして打ち込むことも可能ですが、ハンマーのように力を正確に伝えることができず、
ペグを曲げたり折ったりする原因になります。テントと一緒にハンマーを持参し、ハンマーでペグ打ちをするのがベターでしょう。
ペグ打ちに特化したペグハンマーというアイテムもあります。こちらを一つ持っておくと安心でしょう。
ペグハンマーはアウトドア用品店で購入できます。

テントの床面をぴんと張るようにする

ペグを打つときには、テントの床面にたるみが出ないように、ピンと張るようにして打ちましょう。
対角線に沿って外側に引っ張ると、床面のたるみをなくすことができます。

地面が柔らかすぎても、固すぎてもよくない

また、ペグ打ちの技術と同じくらい重要なことが、ペグを打つ場所です。柔らかくも硬くもない、
ちょうどいい地面に打つことが理想的なので、陣取りをしてテントを設置する前に、地面の硬さを確認しましょう。
地面が柔らかすぎると、ちょっとの弾みや風でテントが飛んでいく危険性があります。
逆に硬すぎると、ペグがうまく刺さらずペグを折る原因になります。奥までしっかりと刺せて、
なおかつ手で軽く引っ張っても抜けないくらいの地面の硬さが理想的です。

ペグを2本使うのもあり

適度な地面が見つからない場合、1つのロープに対して両端でペグを2本、合計4本使うというテクニックが使えます。
この方法だと、1つあたりにかかる負荷が低減されるので、柔らかい地面でもペグが抜けて飛んで行ってしまうリスクを減らせます。

気をつけたい注意点

フックの方向にも注意する

こちらも初心者にありがちなミスですが、爪(フック)の向きにも注意しましょう。
爪が外側を向いているのが正しい方向ですので、爪を内側に向けて打たないようにしましょう。
内側に向けると、弾みでロープがほどけ、テントがつぶれてしまう危険性があります。

地中の石に注意

一見柔らかい地面だとしても、地中に硬い石が埋まっていることはよくあります。
そのような場所で無理やり力を加えると、ペグが破損してしまいますので、注意しましょう。

ペグを抜くときにも注意

ペグを刺すときももちろんですが、ペグを抜くときにも注意しましょう。
ペグの方向に沿って真っすぐ力を入れて抜き取るのがコツです。
刺すときと同様、ヘンな方向に力を加えたり力任せに抜こうとすると破損の原因になります。
もし抜けない場合には、少しねじって地面とペグとの間に隙間を作りましょう。こうすることで、すっと簡単に抜けるようになります。

鋭利な製品もあるので注意する

鍛造ペグなどの中には硬くて鋭利な製品もあります。使うときはもちろんですが、しまうときにも専用のカバーなどをして、けがをしないようにしましょう。

さいごに

ペグ打ちはテント設営の上で重要となる必須テクニックです。ペグ打ちの良しあしでテントの見栄えが決まると言っても過言ではありません。
テントを建てたことのない初心者の方はぜひ、今回紹介したコツを実践して、きれいにテントを建ててみてください。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA