キャンプで大活躍。シングルバーナーの種類や特徴をご紹介!

シングルバーナーとは、キャンプなどの屋外での利用に特化したポータブル仕様の一口コンロであり、
アウトドアメーカー各社がさまざまなタイプのものをリリースしています。ワンタッチで火をおこすことが可能であり、
お湯を沸かしたり、ちょっとした料理をつくる際に非常に重宝します。

この記事では、このシングルバーナーの購入などを検討している方向けに、シングルバーナーの種類やそれぞれの特徴などをまとめています。

シングルバーナーにはさまざまな種類がある

シングルバーナーには様々な種類がありますが、「本体一体型か分離型か」という基準でおおまかに分類することができます。

本体一体型

本体一体型は、バーナー部分と燃料部分が一体となっているタイプのもので、燃料缶がそのまま土台の役割をするタイプが多いです。
このタイプのメリットは何といっても、携行性の高さでしょう。バーナー部分をコンパクトに
収納すればポケットに軽く収まるほどのサイズになるので、非常に便利です。
デメリットは、物理的な安定性が低いことです。土台が心もとなく倒れやすいため、大型のスキレットやクッカーを乗せることはまず不可能です。
小さいクッカーだとしても転倒させて料理をこぼすことが日常茶飯事です(こぼした経験のあるキャンパーも多いのではないでしょうか)。

本体分離型

本体分離型はその名が示すように、バーナー部分と燃料部分が物理的に離れているタイプのシングルバーナーです。
燃料の供給は専用のホースを通しておこないます。分離型は一体型とは対照的に、重心が低いため物理的な安定性に優れています。
燃料とバーナーが離れているためにこの構造が可能であり、転倒のリスクも低くなっています。
デメリットも一体型と対照的であり、バーナーそのものが大きく携行性がいまいちなことが欠点です。
かさばるので登山シーンなどとはうまくマッチしません。燃料も複数、ガスボンベ、アウトドア缶、ガソリンなど
使用される燃料も豊富で、「ガスボンベ」「アウトドア缶」「ガソリン」がメジャーです。

次はそれぞれのガスボンベの特徴などをみてみましょう。

ガスボンベ

ガスボンベはCB缶(Cassette Gas Bombe)という名前でも呼ばれています。
このガスボンベは家庭用カセットコンロなどで用いられるタイプのもので、縦に長い円柱形状をしています。
サイズや形状にバリエーションはなく、容量は同じです。
一体型では横に寝かせて差し込む仕様になっていることが多いです。キャンプでも家庭でも用いることができる汎用性の高いタイプのガスなので、
余らせて期限切れにしてしまい、処分せざるをえない、といった状況になりにくいです。
また、後述のアウトドア缶とはことなり、スーパーや100円ショップでも買えるので、わざわざアウトドア用品店などに足を運ばなくてもゲットできます。

アウトドア缶

アウトドア缶は丸みのある特徴的な形状をした缶であり、略してOD(Outdoor)缶とも呼ばれます。
キャンプに行ったことがある人なら必ず目にしたことがあると思います。容量は様々であり、数百mLほどのものから1Lを超える大容量タイプのものもあります。
容量問わず、すべてのアウトドア缶が直立するようになっているので、このアウトドア缶の上に取り付けて使用するタイプの一体型シングルバーナーがポピュラーです。
また、OD缶はランタンの燃料にもなるので、火起こし以外の用途でも利用することができます。
OD缶が購入できる場所は限られており、アウトドア用品店や登山用品店などの専門店に限られます。

ホワイトガソリン

ホワイトガソリンは玄人向けの燃料です。タンクからバーナーにフィラーを用いて燃料を適宜注ぎ入れて使うというスタイルであり、
気候や環境に左右されない、非常に安定した火力が特徴です。
また、ホワイトガソリンはCB缶やOD缶とは異なり、ボンベ内に圧がかかっていないので、ポンピングをして内圧を加える必要があります。
このような手間があり面倒なのですが、手間を楽しみたい人には逆におすすめできます。

初心者にはCB缶やOD缶がおすすめ

ホワイトガソリンは玄人向けなので、初心者にはCB缶か、OD缶がおすすめです。また、とりあえず火が起きればいいというのであればCB缶を、
アウトドアの雰囲気を出したい、というのであればOD缶の利用がおすすめです。

メーカー純正のものを使用することが義務付けられている

ガスボンベの中でもOD缶というよりはどちらかよいうとCB缶を使用する方がよく誤解しやすいことですが、
ガスバーナーに使用するガスボンベは必ずメーカー純正品のものを使用しなければならないとサれています。
これは、各メーカーによってガスの吸入口の作りが若干違ってくるため、かみ合わせが悪い場合爆発することになるからです。

万が一爆発してしまった場合、他社製のガスボンベを使っていることが判明すると
すべて自己責任になってしまいます。
必ず使用するガスボンベはメーカー純正品のものを使用しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
これからバーナーや燃料を購入する際には、ぜひ上で解説した特徴を踏まえて選んでみてください。
バーナーは一生もののアウトドアギアですので、ぜひ自身にうまくマッチする、ベストなものをよく吟味して選ぶことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA