バイクツーリングで積載能力を上げるためには?

車種にもよりますが、バイクは積載能力にかなり制限があります。
そのため、大荷物を運ぶ必要があるキャンプとバイクは相性がイマイチであり、
キャンプツーリングを楽しむライダーの悩みの種になっています。

そこでこの記事では、アウトドア向けにバイクの積載能力を上げるには何ができるか、
その方法などについてまとめました。
どれも基礎的なことですが、覚えておいて損はない知識です。

キャリアを増設するのが一番手軽で手っ取り早い

一番手っ取り速い方法は、キャリアを増設して積載能力をアップさせることです。
キャリアにはタンデムシートの上にのせる「シートバッグ」や、車体側面に吊り下げるように
して使う「サイドバッグ」などがあり、シートバッグと左右2つのサイドバッグをフル装備すれば、積載能力を大幅に強化することができます。
素材、機能面でも千差万別です。布製から金属、ポリカーボネートなどの強化樹脂製のもの、
防水加工などの特殊機能があるものもあります。自身のニーズに合わせて、ベストなものを選びましょう。
市販のキャリアにはメーカー純正のもの、バイク用品店が独自に開発したもの、
海外メーカーのものなど、様々なタイプがあります。自分のバイクとの適合を加味する必要があるので、
誤った製品を買わないように注意しましょう。
不安であれば、(通販ではなく)バイク用品店に足を運び、知識豊富な店員さんに選んでもらいましょう。
バイクを持っていけばその場で取り付けてもらえることもできます。
キャリアの取り付け自体は簡単で、ナットの取り付け取り外しなどの初歩的な作業だけでできます。
ですが、締め付けが緩いと走行時に外れて飛んで行ってしまい、重大な事故につながりかねません。
締め付けがしっかりとできているかという点だけは、入念にチェックしましょう。

蓋のない「リアキャリア」もおすすめ

ママチャリや新聞屋のバイクについているようなリアキャリアもおすすめです。
このアイテムは、タンデムシート後部に取り付けが可能な金属製の土台で、この上に荷物を載せることができます。

ネットやロープでとにかく括り付ける

上で説明したようなキャリアにアウトドアアイテムを詰め込むとなると、そのキャリアの容量の制約を受けます。
しかし、ネットやロープで括り付ける場合にはそれが問題になりません。
大き目のテントなど、キャリアに詰め込むことが困難なアイテムは、ネットやロープで括り付けたほうがいいです。

括り付ける際の注意点としては、
1.左右のバランスが均等になるようにする(重心が真ん中になるようにする)
2.明らかな過剰積載は避ける
などがあります。

どちらも走行時にバランスを崩し転倒することの原因になりますので、注意しましょう。
括り付けたときにしっかりと締めていたとしても、走行中に荷物の位置が動き、だんだん緩んでくることがよくあります。
道の駅やサービスエリアなどで休憩をするときに、ロープが緩んでいないかなどをチェックし、適宜絞めなおすと安心です。

デイバッグやボストンバッグをネットで括り付けることもできる

普段使いのデイバッグやボストンバッグなどを、ネットでタンデムシートに括り付けるという技もあります。
高価なオプションが必要ないので手軽に容量を増設することが可能です。
バッグではなく、ホームセンターで販売されている「ホムセン箱」をネットやロープで括り付けるライダーも数多くいます。
コストパフォーマンス抜群であり、かなり人気の手法です。
ホムセン箱は現地でテーブルや物入などに転用することもできます。

初期装備の収納も積極的に使おう

特にスクーターや原付などは、オプションをつけずともシート下やハンドル下に豊富な収納スペースがあります。
最大限利用して、荷物を少しでも多く運べるようにしましょう。

大き目のリュックなどを担いでいく

大き目のリュックを担いで行くのもおすすめです。リュックは体に負担がかかるように思えるかもしれませんが、
走行時にリュックの重さをシートに預けることができるので、ほとんど負担にはなりません。
リュック以外にも、腰回りに装着するようなバッグをつかってもいいでしょう。
少しおやじ臭くてダサいかもしれませんが、積載能力を上げるには有効です。

フューエルタンクにもバッグを装備できる

フューエルタンクに装着するタンクバッグを利用すれば、さらなる積載能力アップが可能です。
このタンクバッグには、地図などを挟み込むことができるタイプのものもあり、機能面でもプラスになります。
ですが、タンクバッグ自体の容量はシートバッグやサイドバッグと比べれば今一つで、「ないよりはまし」と言った感じです。

さいごに

工夫次第でバイクの積載能力を上げることは可能です。また、そのやり方もさまざまであり、
アイテムの選定や取り付けもアウトドアの楽しみの一つといえます。
ぜひ、楽しみながら自身のバイクをカスタムしてみてはいかがでしょうか。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA