寝袋の種類には何がある?タイプ別にご紹介します

寝袋(シュラフ)と一口にいってもさまざまなタイプのものがあります。
この記事では、そんな寝袋にはどんなタイプのものがあるのか、それぞれのメリットは何か、という点に着目してご紹介しています。
これから寝袋の購入を検討している人には必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

タイプ別。寝袋の種類やメリットを紹介

以下で、それぞれの寝袋の種類やメリットをご紹介します。
それぞれの特徴をよく理解し、自分にとってのベストな寝袋を選びましょう。

封筒型

封筒型は、レクタングラー型(長方形型)とも呼ばれる寝袋で、自宅の布団のような使い心地で利用できるアイテムです。
形状が封筒の形に似ていて、封筒と同じ箇所に入れ口があることから、このような名前で呼ばれています。
つくりがシンプルなため他のタイプのものよりも安価で利用することが可能で、初心者におすすめできます。

デメリットとしては、密閉性に欠けるため保温力がいまひとつなところです。
保温力を重視するのであれば、以下で紹介するマミー型などのほうが上手です。
また、チャックをすべて開けて展開すれば、敷布団のような使い方もできます。
1人用の寝袋で2人寝転がることができるので、非常に便利です。
収納時にはくるくると巻物のように巻いて収納します。かさばりにくいので、自転車、バイクなどを利用したソロキャンプによくマッチします。

マミー型

マミー型の寝袋は、寝袋に入って寝ている姿がミイラ(mummy)に似ていることからこの名がついています。
頭まですっぽりとかぶることができるものが多く保温効果が高いため、寒い夜のキャンプでも快適に眠ることができます。
また、レジャーキャンプのみならず、登山などの本格的なアウトドアシーンでも十分活躍します。
このマミー型と封筒型がキャンプシーンでは一番ポピュラーな寝袋で、ほとんどのキャンパーがこのどちらかを使っています。
とにかく安価に済ませたいなら封筒型、少し高くても長く快適に使いたいのであればマミー型がおすすめです。

エッグ型

エッグ型はマミー型と封筒型の中間の寝袋で、封筒型のゆとりにマミー型の密閉性が合わさっています。
その名が示すようにたまごのような形状をしています。
エッグ型の製造販売をしているメーカーは少なく、日本ではキャプテンスタッグなどのアウトドア用品メーカーが製造販売しています。

手足がついたもの(人型)

人型の寝袋は、着ぐるみのような形をした変わり種であり、寝袋を着ながら立ち上がったり、動き回ったりすることができます。
そのまま歩いて移動できるという利点から、真夜中の天体観測といったアクティビティで威力を発揮します。
布団にくるまりながら夜空を眺めるような体験が可能であり、長時間夜空の下にいてもへっちゃらです。
また、あまり使われることのないレアアイテムなので、キャンプ場でこれを使えば他のキャンパーの注目を集めることができるかもしれません。
気になる人は一つもっておいてもいいかもしれません。

複数人で利用するもの

ダブルベッドならぬ、ダブル寝袋も実は数多く出回っています。
封筒型の寝袋の横幅を広げたような形状をしていて、2人で使用してもゆとりある設計になっています。
お互いの距離が近づくので、友人同士だと若干抵抗があるかもしれません。
家族やカップルで利用することがおすすめできます。背丈の小さい子供であれば、ダブル寝袋ひとつに3人入ることもできます。
また、2人分を1つのアイテムで賄うことができるので、荷物量の削減にも効果ありです。
大所帯のキャンプで荷物をなるべく減らしたいのであれば、ダブルの寝袋を積極的に利用するといいでしょう。

エアーベッド、ウォーターベッド

こちらは厳密にいえば寝袋ではありませんが、キャンプなどのアウトドアシーンで利用するキャンパーも多いアイテムです。
現地で空気や水を充填して、自宅のベッドのように利用します。
一度使ってみるとわかりますが、非常に快適に眠ることができます。難点としては、水や空気を充填できないシチュエーションもあることです。
現地でエアーを入れるためにはブロアーなどのツールが必要ですし、水を充填する場合には水道の水を本体まで持ってくる工夫が必要となります。
ツールを確保せずに現地に持っていても膨らませることができず、荷物の無駄に終わってしまいます。

生地もさまざま、敏感肌であれば天然素材がおすすめ

また、寝袋の生地もさまざまですので、寝袋を購入するときにはぜひ素材や生地の種類もチェックしましょう。
敏感肌の人には合成繊維ではなく、羽毛などの天然素材でできた寝袋がおすすめできます。値段は張りますが、快適に眠ることができます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。寝袋の種類は本当に様々であり、それぞれメリットデメリットがあります。
また、この記事の解説を読んでも十分理解することは難しいと思います。アウトドア用品店に足を運び、実際に目で見たり体験したりしてベストなアイテムを選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA