焚火台と直火の違いは?知っておきたいことや注意点

キャンプなどのアウトドアシーンで行う焚火には、直火で行う焚火と焚火台を利用して行う焚火の2種類があります。
この記事では、焚火台利用と直火の違いや、それに伴う注意点などについて解説をしています。
知っておいて損はない情報なので、ぜひ最後まで目を通していただければと思います。

まずは用語を軽くおさらい

直火焚火台もアウトドア用語ですので、まずは意味を確認しましょう(知っている方は読み飛ばしてもOKです)。
直火(じかび)とは、読んで字のごとく、地面の上で直接火を起こして焚火をすることです。
石を並べてかまどを作り、火をおこします。道具を使わないシンプルな焚火の方法で、火種と薪さえあれば可能です。
焚火台(たきびだい)は、ステンレスなどの熱に強い素材でできたアイテムで、上に薪をくべて火を起こせるようになっています。
空気が循環しやすい構造になっていて、初心者でもかんたんに火をおこすことができます。
また、ファイヤーピットという備え付けタイプの焚火台がキャンプ場にあることもありますが、
ほとんどの場合、焚火は直火か、自前の焚火台を利用するかの2択になります
(ファイヤーピットが利用できるかどうかはキャンプ場に問い合わせをすればわかります。)

直火可能なサイトは少ない、焚火台ならOKなことがほとんど

残念ながら、日本国内で直火が可能なサイトはほとんどありません。
理由は主に、
・直火で焚火をすると芝生をダメにしてしまい、環境の観点から問題になる。
・山火事の危険性も少なからずあり、リスクがある。
などがあります。主に自然へのダメージを防止するという観点で
直火を禁止しているキャンプ所がほとんどであり、その傾向は今後も変化しないでしょう。
また、直火でせっかくの芝生が剥げてしまったら、次にそのサイトを使うキャンパーはいい気持ちにはならないですよね。
逆に、焚火台ならほとんどの場合OKです。焚火台がNGのキャンプ場というのは、数えるほどしかないです。
直火がOKかNGかは、キャンプ場のホームページ、あるいはキャンプ場に直接電話をするなどして確認できます。

それぞれの方法で火をおこすコツ

それぞれの方法で火をおこすコツは少しだけ異なります。それぞれの焚火方法の特徴なども理解しながら、覚えておきましょう。

直火で火をおこすコツ

直火は地面の上で直接火をおこすので、いかに空気の通り道を確保するかがカギとなります。
火は下から入ってくる空気を使って燃焼しますので、この通り道が肝心です。
初心者にありがちなのですが、牧を丁寧に密に並べることはナンセンスです。
なるべく空気の通り道ができるように、重ね合わせるように牧を組みましょう。
また、キャンプ場に転がっている大き目の石を用いてかまどを作ることもおすすめです。大小さまざまなものが転がっているので、あたりを見渡して調達しましょう。
もちろん、使ったらそのままにせずに、適宜元通りにする必要があります。

焚火台で火をおこすコツ

焚火台で火をおこすのは直火と比べれば難易度は低いですが、それでも誰でも簡単にできる、と言うわけではありません。
焚火台の皿の底に燃えやすい落ち葉や枯れ枝を詰めると、よく燃えます。
また、焚火台は燃えカスを下から排出できるようになっているので、
適宜排出して空気の通り道を作ると、より効率よく燃焼させることができます。

それぞれの方法で注意したい点

最後に、それぞれの方法で注意してきたい点を見てみましょう。

直火OKといっても、どこでも火をおこしていいわけではない

直火OKのキャンプ場であっても、どこで火をおこしてOK、と言うわけではありません。
キャンプ場はテントを張る場所、車や人の通り道など、用途に合わせて区画整理されていることがほとんどですので、
直火の焚火も、それにふさわしい場所で行いましょう。
他のキャンパーの邪魔になるところで焚火をするのはもちろん、
火事の原因になりかねないテントやタープの周りで火をおこすのもNGです。
焚火のまわり1mくらいには何もモノがないのが理想的です。

焚火台はちゃんとしたものを使う

焚火台にはきちんとしたものを使いましょう。
BBQコンロを焚火台として転用するなど、意図されていない用途でアイテムを利用することはとても危険です。
BBQコンロは確かに耐熱性に優れているのですが、背が高く転倒する危険性があります。
燃焼中の牧を不注意で地面にこぼしたら、大惨事になりかねませんので、絶対にやめましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、焚火台と直火の相違点や、それぞれの注意点などについてまとめてみました。
快適にキャンプを楽しむために、ぜひ今回紹介した知識やノウハウを生かしてみてください。
また、焚火台と直火、それぞれ趣や楽しさが違うので、両方味わってみたいものです。実際にキャンプ場に足を運んでみて、両方の焚火方法を試してみてはいかがでしょうか。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA