キャンプでコーヒーを楽しむなら玄人向けツールを使おう

コーヒーの淹れ方はさまざまなものがある

キャンプは手間を楽しむアクティビティであるといえます。
インスタントや使い捨てのドリッパーで手軽にコーヒーを済ませることもできますが、
せっかくのアウトドアですので手間をかけて楽しみたいものです。
今回は、キャンプで本格的にコーヒーを楽しむために必要なアイテムや、アイテムを選ぶ際に気を付けたいポイントなどをまとめてみました。
アイテムの購入を検討しているのであれば、ぜひ最後まで見て参考にしてみてください。

必要なアイテム

以下で、キャンプなどのアウトドアシーンで本格コーヒーを楽しむ際に必要なアイテムをご紹介します。
どれも本格コーヒーを楽しむ際にはぜひそろえておきたいアイテムです。

コーヒー豆

現地で調達するのはなかなか難しいので、事前にコーヒー店などで購入しておくことがおすすめです。
数10gあれば十分足ります。 コーヒー豆の種類もグレードもたくさんあります。
お気に入りの品種を選んでキャンプ 場に持って行きましょう。
現地で豆を挽かずに粉の状態で持って行くつもりであれば、お店で購入時に挽いてもらうのがいいでしょう。
持って行く際には、豆の酸化を防止するために密閉容器に入れて持って行くことがおすすめです。

バーナー

バーナーは小さなものから大きなものまでさまざまですが、
コーヒーのお湯を沸かす用途であれば燃料直挿しタイプのシングルバーナーで十分でしょう。
コンパクトなので持ち運びが手軽で便利です。
アウトドア用のコンロをすでに持っているのであれば、そちらで代用してもOKです。

コーヒーマグ

アウトドア空間で至福のコーヒータイムを楽しみたいのであれば、コーヒーマグにもこだわりましょう。
おすすめは断熱性に優れたチタンやステンレス製のメタルマグです。
割れる心配がなく、熱々のコーヒーでもしっかり保温できるので、コーヒータイムにぴったりのアイテムです。
野外ではちりやほこり、たき火の燃えカスなどが舞っているので、できればふた付きのものを選びましょう。

コーヒーミル

コーヒーミルは、手挽き式のタイプとコンセント給電の電動式の二種類があります。
あらかじめ挽いた豆を持って行くのであればミルは必要ありませんが、現地で挽きたてを味わいたいのであればこれが要ります。
電動式のものはAC100Vの電源を確保する必要がありますので、
現地に電源設備があるかどうかをチェックしてから持って行きましょう。
手回しのものはかなりの重労働になりますので、可能であれば電動のものを利用しましょう。

ケトル

ケトルは大小さまざまなものがありますが、0.5リットルくらいのものが1つあれば十分 でしょう。
あまり大きすぎるものを選ぶとバーナーに乗せた際に不安定になるので、小さ めのほうがベターです。
デザイン性が高いおしゃれなものも多く利用できますので、実際にアウトドア用品店に足を運んで吟味してみるのがおすすめです。
注ぎ口のサイズや形状なども重要なポイントになりますので、このあたりもチェックするといいでしょう。

パーコレーター

パーコレーターとは、ケトルとドリッパーが一体になったようなアイテムで、
これと豆があれば簡単に本格コーヒーを楽しむことができます。

お湯が豆の上に噴霧される特殊な構造になっており、手でドリップするのとは違った味わいを楽しめます。
一回のドリップで大量のコーヒーを淹れることができるので、大人数でのキャンプでおすすめできます。

コーヒーバネット

コーヒーバネットは、金属のワイヤーをらせん状に巻いた形をしたアイテムで、収納可能なドリッパーです。
収納すると円盤状になり非常にコンパクトになります。
このバネットは円錐形状をしているので、利用する際には円錐のペーパーフィルターを使います(メジャーな台形タイプのものではないです)。
安価なものからハイエンドなも のまでさまざまあるので、予算や用途に合わせて選びましょう。

コーヒーを入れる際の注意点

最後に、キャンプ場でコーヒーを入れる際の注意点についていくつかご紹介します。
吹きこぼれなどに注意キャンプシーンに限った話ではありませんが、お湯を沸かす際に火を使いますので、吹きこぼれなどには十分注意しましょう。
最低限、お湯を沸かしている際には火元を離れな いようにする必要があります。
使ったフィルターや豆は燃えるごみとして処分する使用済みのフィルターや豆は燃えるごみとして処分しましょう。
そのままだと濡れているので、地面の上に追いてある程度乾かすなどしたあとに、ほかの燃えるゴミと一緒に処分します。
もちろん、キャンプ場に放置してポイ捨て、などといったことは厳禁です。

まとめ

いかがでしょうか。
コンビニのインスタントコーヒーでも十分楽しめますが、道具にこだわった本格コーヒーを楽しむのもおすすめです。
一流の道具をそろえて、キャンプ場に出向いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA