手軽だからこそ気をつけたい。車中泊の注意点や失敗点

前回のブログの投稿で車中泊の魅力やメリット・デメリットをご紹介させていただきました。
気軽に出かけることができ、旅費の節約にもなる車中泊は人気もあり、車中泊をする人や気になっている方も
多いと思います。そこで今回は車中泊をするときに気をつけたい点や注意点をご紹介しようと思います。

車中泊において気をつけたいポイント

・夏場でも寝袋は用意しておく

たとえ夏場であっても、地域によっては夜間は気温がぐっと冷える場所もあります。
そういった場合に備えて、人数分の寝袋は用意しておきましょう。
また、使用しないとしてもドアと座席の空きスペースに詰め込むと無駄なスペースを無くすことができ
より快適に過ごすこともできるので、忘れずに持っていきましょう。

冬場は朝晩の冷え込みが激しいため、寝袋にプラスして毛布などを用意しておくといいでしょう。

・熱中症に気をつける

夏場の車中泊は危険と隣り合わせです。
防犯の関係上、窓を開けたまま眠ることは危険ですし、エンジンをかけっぱなしにして
エアコンを付けることも他の方への配慮を考えるとおすすめできません。

できれば、夏場の車中泊は控えることをおすすめしますが、
暑い時期に車中泊を行う場合は熱中症対策として標高の高い場所を選ぶ・冷却マットなど体温を下げてくれるような
アイテムを使用するなど、暑さ対策を心がけてください。

・車中泊をする場所選び

車中泊で一番注意しなければならないのがやはり犯罪です。
トラブルに巻き込まれないよいう、公園の駐車場など、あまりにも夜間に人が少なくなってしまう場所などは
避けるようにしましょう。
トイレや洗面所、コンビニなどが併設されているような道の駅などで車中泊することをおすすめします。

・ドアロックは絶対にかける

場所選びも気をつけなければいけませんが、車上荒らしなどの犯罪を未然に防ぐためにも就寝前に必ずドアロックは
忘れずにかけておきましょう。残念ながら道の駅やサービスエリアで あっても車中泊中の車を狙った犯罪が発生する可能性があります。

ついロックをかけ忘れて犯罪に巻き込まれてしまわないよう注意しましょう。

・車外で騒いだり、炊事を行ったりしない

なるべく快適に、安全に休憩・仮眠ができるスペースとして人気な道の駅やサービスエリアですが、
最近では一部のマナーの悪い利用者のために、車中泊目的での使用を制限するところも出てきています。
あくまでもサービスエリアや道の駅などはドライバーの休息・仮眠のためのスペースで、車外にテーブルなどを出して
飲食や、グループで騒いだりなどは絶対にしてはいけません。
他の利用者に迷惑がかかるようなことはしない。それが基本マナーであることを覚えておきましょう。

車中泊で絶対に注意しておきたいポイント

・アイドリングしたまま眠らない

冬は暖房、夏はエアコンを使用するため、エンジンをかけっぱなしにして車内を適温に保ちたい気持ちはよくわかりますが、
車中泊を行う場合この行為が一番危険です。眠っている間に排気ガスが車内に入り込んでしまい、
一酸化炭素中毒で死亡してしまうケースは毎年のように起こっています。
冬場は、雪でマフラーの出口が塞がれてしまい、車内に排ガスが逆流して来ることもあります。

またエンジンを付けたまま運転席で仮眠を取っていて、無意識にアクセルを踏んでしまい、
空ぶかしが原因による車両火災が起きたケースもあります。

思わぬ事故・ガス欠を引き起こしてしまわないよう、睡眠時にエンジンを付けたままにせず、
保冷・保温アイテムを使用して調節するようにしましょう。

・車でも起こるエコノミークラス症候群

長時間ずっと狭い場所に同じ姿勢でいると、脚の血流が悪くなって血管内に血栓ができる”エコノミークラス症候群”
車中泊でも座席で仮眠を取る際になるリスクがあるため注意が必要です。
なるべく、車内で一晩を過ごすような場合は、足を伸ばし横になって眠るようにしましょう。
衣服もスウェットなどのゆったりした服装で、こまめに水分を摂取するなどして血流を妨げないように工夫しましょう。

・暑さ・寒さだけでなく季節ごとの対策

車中泊は、基本的にアウトドアの延長線上に位置します。
先程も言いましたが夏の暑さや、冬の寒さには十分に対策を行うようにしましょう。
また、その他の季節特有の対策、春の花粉症対策・梅雨の時期の湿気対策など、
その時その時の対策も考えておくようにすると、より快適に過ごすことが可能です。

車中泊がきっかけで体調を崩してしまわないよう、注意しておきたいポイントですね。

・金目の物を見えるところに置いておかない

車のフロントガラス付近や座席など、外から見えてしまうような場所に金品などを
置かないように注意しましょう。
思わぬトラブルに巻き込まれてしまわないよう、財布や携帯、カバンなどは体の近くに置いておくか、
座席の下など外から発見されにくい場所に置くようにしましょう。

また、外部から車内が見えないようにするため、シェードなどを使用して見えないようにする
対策もおすすめです。

まとめ

このように、車中泊は手軽に移動、仮眠ができる分事前に十分な準備と防犯対策が欠かせません。

・車中泊をする場所選びは慎重に
・金品は車外から見えないところに置く
・エンジンを掛けたまま眠らない
・熱中症対策、エコノミークラス症候群に注意する。

楽しい車中泊が行えるよう、注意点などしっかりと理解した上で楽しんでくださいね。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA