年々人気が上昇中!車中泊の魅力とメリット・デメリット

ここ最近、旅行中にホテルではなく自家用車に寝泊まりする【車中泊】の人気が
じわじわと高まっています。

一昔に比べて道の駅や高速道路のPA/SAの整備が進み気軽に休息を取ることができやすくなったのが
人気が高まっている要因の一つだと思います。
車中泊とはどういうものなのか、どういったメリット・デメリットがあるのか
気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は車中泊をする上でのメリット・デメリット、注意点など
をご紹介しますのでぜひ今後の参考にしてみてください。

【車中泊をする魅力】

・時間に縛られない楽しさ

通常の旅行に出かける際はまず行き先を決め、ホテルの予約を取り、移動の手配や移動時間を把握して…
など、出発前に準備して置かなければいけないことが意外と多くあります。

車中泊の場合極端な話をしてしまうと、目的地への到着予定さえ決めておけば後は自由!
どこで休息をとろうと、寄り道をしようと自由です。
すべて自分の思う通りに計画することができるのが一番の魅力ではないでしょうか。

いつもの旅行と変わらずしっかりと計画を立てて行う車中泊も十分に楽しむことができるかと思いますが
ある程度フットワークが軽いほうが十分楽しめますよ!

・仮眠場所を選ぶのも楽しみの一つ

車中泊が可能な場所は高速道路のSA/PAだけではなく、一般道路に併設されている道の駅や
オートキャンプ場・RVパークなど、意外と選択肢は多くあります。

各SA/PAや道の駅によって特色がありますし、
特に最近の道の駅は規模が大きくなっているところもあり、入浴施設やコンビニが併設されている
場合もあるので車中泊をするのに最適です。

ただし、近隣に住まれている住民の方の迷惑とならないよう、
利用者としての基本的なマナーは遵守するようにしましょう。

・気軽にアウトドアを味わえる

ある程度のアイテムを揃えなければ行けないキャンプに比ると、
車中泊であれば必要最低限のアイテムを準備すれば始めることができます。
本格的に車内で快適に過ごしたいのであればいろいろと揃えていく必要がありますが、
それでもキャンプ用品を揃えることに比べれば低価格に抑えることができます。

初期投資を少なくすることができるのも車中泊ならではの魅力ではないでしょうか?

【車中泊のメリット】

車中泊の魅力をお伝えしましたが、それでもやはり宿泊施設に滞在して
ゆっくり過ごしたい方もいることでしょう。
そんな方のためにも車中泊をする上でのメリット・デメリットをお伝えします。

・旅行中の自由度が高い

先程もお伝えしましたが、車中泊はきちっとした計画をたてなくとも良い、
時間に縛られない自由度の高さが魅力です。
道中でホテルで1泊する必要もなければ、チェックイン・チェックアウトを気にする必要もありません。

その日に行きたいところ、思うままに旅行することができます。

・出費を抑えられる

旅行にかかる出費の中で大部分を占めるのが「宿泊費」です。
1万円/人のホテルに宿泊するとして、二人なら2万円、更に1泊多く滞在するとなれば
4万円の出費になります。

大きな出費となるホテルへの宿泊を車中泊へ置き換えるだけでそれなりの金額を
浮かせることができます。
その浮いたお金を使ってちょっと贅沢なご飯を食べるなどすれば、
素敵な思い出になるのではないでしょうか。

旅行ごとに毎回車中泊をする必要はないと思いますが、
選択肢が広がるのはメリットなのではないでしょうか?

・朝早くから行動することができる。

このメリットは特に登山やウィンタースポーツなど、
朝早くから行動することが多いアクティビティのときに感じやすいメリットではないでしょうか。

夜のうちに登山口付近や、ウィンタースポーツであればスキー場の近くまで行き
車中泊をしてオープンと同時に行動し始める。なんてことは一般的だったりします。

車中泊旅行でも目的地付近で寝ることができれば移動時間の短縮にもなり
一日の時間を有効活用することができます。

【車中泊のデメリット】

そんな魅力がいっぱいの車中泊ですが、デメリットももちろんあります。

・防犯面に不安がある

車内に泊まる場合、どうしても宿やキャンプ上に宿泊するよりも無防備になってしまいます。
そのため、防犯には最大限配慮する必要があります。
基本ですが、
・就寝時に車の鍵は必ずロックする
・安全な場所を選ぶようにする
・外から車内が見えないようする
などの工夫が必要となってきます。後は一般的に販売されている防犯グッズも
持っておけば安心です。

・気持ちよく寝るには快眠グッズが必要

:ベッドや布団の上ではないのでぐっすり眠れない
:車外の音がうるさくて寝られない
など、いつもと違う環境の影響で十分に眠れないことがあります。

十分に眠ることができないと、次の日の車の運転にも支障が出てしまいますので、
車中泊用の厚みのあるマットレスを利用したり、常に人気のある場所の場合は耳栓を使用するなど、
少し工夫が必要になりますね。

・季節によっては寒暖の差が激しい

夏の暑い季節や冬場の気温が低い季節の車内は何もしなければ屋外とほぼ同じの温度になります。
少しでも涼しくしようと窓を開けるわけにも行きませんし、寒いからといってエンジンをつけっぱなしに
しておくのも安全面で危険です。

真夏や真冬などの寒暖の差が激しいときは車中泊を諦めることも重要です。

以上が車中泊を行う上でのデメリットになります。
しかし工夫すれば解決できることばかりですので、アイテムを揃えるなどして
快適に過ごせるようにしましょう。

【車中泊時の注意点】

また、車中泊時における注意点も常に頭に入れておき
マナー違反等には気をつけるように心がけましょう。

・長時間のアイドリングはNG

高速SAや道の駅などは、週末の夜にもなると車中泊目的の車が何台も停車しています。
車中泊として利用する際は他人の迷惑にならないように配慮しなければなりません。
特に注意が必要なのは熱帯夜になりやすい夏の夜。車内を冷やすためエンジンをかけっ放しにして
エアコンを使用する方が多くいますが、これは周辺の近隣住民への騒音公害となり環境にも有害です。

夏の暑い季節には窓を開けて自然の風で調整するようにするか、車中泊を避けるようにしましょう。

・車中泊以外での利用者のことも考えよう!

十分な駐車スペースが用意されている施設であれば問題ありませんが、
高速のSAや道の駅は24時間利用が可能のため、人の出入りが多い場所でもあります。

駐車スペースが十分でないにもかかわらず何台もの車が車中泊をしていては
かなりの迷惑行為となってしまいますよね。

そういったことでトラブルとなってしまわないよう、
他の利用者への配慮も忘れないようにしましょう。

【まとめ】

今回は車中泊の魅力やメリット・デメリットをご紹介してきましたが、
基本的なルールやマナーを守らない人が増えてしまうと車中泊自体を禁止される可能性があります。
実際に一部の道の駅ではマナーの悪さから車中泊を禁止にしているところもあるそうです。

自由度の高さや費用な面など、魅力的な部分がたくさんある分、
周りへの配慮を忘れず、快適に車中泊を行うことができるようにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA