キャンプに最適な気候!秋キャンプへ向けての準備

お盆前までのあの暑さが嘘のように、近頃は涼しい気候が続いていますね。
このままあっという間に夏が終わってしまうと少しさみしい気もしますが、秋のあの
過ごしやすい気候がたのしみでもあります。

アウトドアでも一般的にはキャンプのハイシーズンは夏と言われていますが、
人気のキャンプ場によっては人が多すぎて思う存分楽しめない方も多いのではないでしょうか?

しかし、秋になると過ごしやすい気候にもかかわらず人も少なく、
普段人でいっぱいなキャンプ場でもあまり人がいなかったりと、
キャンプをするのにおすすめな季節でもあります。

今回はそんな秋キャンプの魅力と、準備しておくことをご紹介しようと思います。

:秋はキャンプにピッタリな気候

冒頭でも言いましたが、ハイシーズンである夏は子供の夏休みなどに合わせてキャンプを計画する人が多いです。
夏は大型連休の関係もありまとまった休みがとりやすく、荷物が少なくても大丈夫なため人気があります。
しかし昼は炎天下の中暑く過ごしにくかったり、蚊などの虫が多くストレスになったり、アウトドアにあまり馴染みのない方
にとって夏のキャンプは過酷なものになってしまいます。

秋キャンプでの最大のメリットは、夏に比べて過ごしやすく気候が安定しており、アウトドアを十分に楽しむことができます。
日中は気温が上がるため半袖でも過ごしやすく、活動するのも良い感じの気温です。夜になると気温も低くなってしまいますが、
一枚羽織るフリースなどがあれば問題なく過ごすことができます。寒くなると虫もあまり活動しなくなるので
気にならないというのも魅力ですね!

・秋はじっくり焚き火を楽しめる

秋は夏に比べて日照時間が短くなり、キャンプの醍醐味でもある焚き火をじっくりと楽しむことができます。
夜間も暑い夏に比べると、暖かい飲み物を飲みながらのびのびと過ごすことができるのでおすすめです。

:秋キャンプで気をつけること

・1ヶ月ごとに体感温度が違う

秋は冬に向かっていく季節のため、月が変わるごとに感じる温度がだんだん冷たくなってきます。
夜間はぐっと冷え込むことが多くなってくるので、温かい服装を持っていくようにしましょう。

月ごとの寒さの違いに関しては、

9月・・・日中は夏と変わらないくらいの気温になりますが、日が落ちてくるとぐっと気温が下がってきます。
10月・・・9月に比べて日中も涼しくなってくることが多くなってくる。朝晩はかなり冷え込むため暖房器具が必要になることも。
11月・・・昼間でも寒くなることが多くなり、本格的な冬キャンプの装備が必要になってくることも。

・日が暮れるのが早い

秋は夏に比べると日照時間が短く、予想以上に早く日が暮れてきます。
まだまだ太陽が出ているからとゆっくりしていると一気に日が暮れてきてしまい、
キャンプ場には明かりが少ないため、暗くなってしまうと作業するのが大変になってきます。

そうなってしまわないよう、早いうちからランタンや焚き火の準備などを済ませておきましょう。

:夜露に気をつけよう

キャンプ場では季節を問わず“夜露”が発生します。
テントサイトに色々なアイテムを広げてそのままにしておくことが多いですが、
そのまま寝てしまうと翌朝起きたときにびっしょり濡れてしまったりします。

夏であればそのまま日中に乾かすこともできますが、
そこまで気温が上がらない季節になってくるとそういうわけには生きません。

よる就寝する前に、テントの中やタープの下へ荷物を移動させておくなど、夜露対策を行っておきましょう。

:暖かいアイテムを用意しよう!

・服装は防寒対策も考えて準備しよう

寒さ対策の意味もあり服装は基本的に長そで長ズボンです。
しかし日中だと暑いこともあるので、半そでの上からパーカーなどを着て適宜調節できるようにしておくと過ごしやすいですよ。

宿泊するキャンプ場の気温に合わせて、ニット帽、カーデガン、手袋、マフラーなども用意しておくと安心できますよね。
ズボンは動きやすく、厚手で保温性のあるものを着用しましょう。 寒さ対策の目的なのはもちろん虫刺されやけがの予防にも
なるため、男女問わずなるべく露出の少ない服装をしておきましょう。
夜はパーカーやフリースを重ね着してあたたかくできる服装、昼間はなるべく動きやすい服装の着用をおすすめです。

・寝袋は冬用のものを使おう

気温が低くなってきているのに、ギリギリまで夏用に販売されている寝袋を使用している方も多いのではないでしょうか?
夏用に販売されている寝袋は耐寒温度のスペックが高くないものが多く、そのまま使用すると
夜中に寒くて何度も起きる羽目になってしまうので注意しましょう。

寝袋の使用可能温度については、以前投稿した記事に詳しく書いていますので、
こちらの記事も参考にしてみてください。

・焚き火の火の粉に注意しよう

秋の夜長にぴったりな焚き火ですが、
じっくり楽しむために服装にも注意しておきましょう。
焚き火を続けていると、薪が爆ぜることがありそれが服についてしまうと穴が空いてしまうことも。。。

コットン混紡素材やコットン素材のものの服であれば穴が空きにくいので、
フリースなどの上から一枚そういったものを羽織ることでたとえ爆ぜたとしても心配することなく楽しむことができます。

:まとめ

今回は秋のキャンプに向けての気をつけることや準備することをご紹介しましたがいかがでしたか?

今の時期だとまだまだ暑くなることも多いですが、
冬に近づくに連れて暖かい服装が必要になってくるので、キャンプに行かれる時期に合わせて
必要なものを揃えておくようにしましょう。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA