キャンプ出発前の悩みどころ。積載のコツ!

キャンプに行く時、撤収時に避けては通れないのがキャンプ道具の積み込みです。
実際にキャンプ場へ行くと、トランクいっぱいのキャンプ道具を一生懸命積み込んでいる肩を
多く見かけます。テント・タープ・チェアなどキャンプへ行く人数が増えれば増えるほど何かと持って行く
荷物が増えてしまいます。
今回はそんなキャンプのお悩みポイント、積載についてまとめて見ましたので
ご紹介します!

一番大事なポイント

・隙間にもアイテムをうまく詰め込む

大雑把に言ってしまえば、あまりなにも考えずてもそれなりの量の荷物であれば次々に車に放り込んでみてもなんとかなる
かもしれません。ですがその詰め方に慣れてしまうとだんだんアイテムが増えてきてしまったら対応できなくなってしまいます。

そうならないように、荷物が少ない段階からマスターしていけばいいのですが、
車にアイテムを積み込むにあたって一番大事なポイントは、荷物同士の間に隙間を作らない。ということです。

どうしてもできてしまう隙間はを上手になくすことでその分の積載量を増やすことができます。
また運転中の振動などで荷物が動いてしまうということもかなり軽減できます。
カーブやガタガタ道に出会うたびに荷物が音を立てて動いてしまっては、アイテムのことも気になりますし
何より大事な車がアイテムで傷ついてしまうこともあり得ます。

そうならないためにも、なるべくアイテム間の隙間は埋めて行くことを心がけておきましょう。

バラバラになってしまいがちな荷物は、ボックスを活用する

調理器具やランタンなど、小さくて詰め込むにしても少し難しいアイテムなどは、
そんな時に便利なのがスノーピークのシェルフコンテナに代表される、
小物類を入れることができるボックス・コンテナ類の活用です。

これにある程度ジャンル分けしてひとまとめにしておけば、キャンプ場に到着してからも
荷物を見つけやすくなりますし、何よりボックス型のため車内のデッドスペースも少なくて済みます。

小物類が増えてきた際はこういったものも活用するのが重要なポイントになってきます!

うまく積載するコツ

1.寝袋など、柔らかいものは有効に使う

ラゲッジスペースを効率よく、隙間なく積み込むためにも寝袋などの
袋状である提訴自由な形状にできるものはアイテムどうしの隙間に入れ込んでしまいましょう。
そうすることによりアイテムがぶつかることを防げますし車とアイテムの間に入れることができれば
車の傷つき防止にもなり一石二鳥です!

2.重いものはなるべく下の方へ

重いキャンプアイテムをしての方へすることにより、重心が上に上がってしまうこと
を防ぐことができます。上の方に重心が来てしまうと、車が不安定になってしまうだけでなく
車の振動で下のギアが押しつぶされて破損してしまうことだってあり得ます。

3.薄いものは”横”ではなく”縦”に入れる

折りたたみ式のチェアやラックなどの薄くて幅のあるアイテムは、
横置きで積み込むのではなく縦に差し込んで収納するのがポイントです!
そうすることで、柔らかいものと同様に隙間を埋める役割を担ってくれますし、収納自体もスッキリ
させることができます。

4.クーラーボックスは一番最後に!

キャンプ場に向かう道中などで、食材などを買い足すことが多いですよね?
何かと取り出すことが多いクーラーボックスは、いつでも取り出しやすいようになるべく
手前の方に置くように配置すると、買い出しじやドリンクを取り出す時に便利です!

荷物が多くなって来たら、積載アイテムを活用しよう

だんだんと荷物が増えていき、ラゲッジスペースだけでは入りきらなくなってしまった場合には、
すぐに諦めずに積載アイテムを活用して見ましょう!

ルーフキャリアのメリット

1.荷物の全体量をアップできる
荷物が入りきらなくなって来た場合だけでなく、コンパクトカーや軽自動車などの
積載量が少ない車でも、簡単に積載量をアップさせることができます。
車内スペースへの収納はほどほどにしておき、ルーフキャリアに荷物を
詰め込めば、快適にキャンプ場まで移動することができます。

2.車内空間を広くすることができる
荷物を全て積み込むことに成功はしたものの、家族全員が乗ってしまうとやはり
狭くて思うように身動きが取れなくなってしまったことはありませんか?
ルーフキャリアへ荷物を分担して積み込んでおけば、広々とした空間で過ごすことが可能です!

デメリットももちろんあります

車高が高くなってしまう
もっとも注意すべきデメリットは、やはり車高が高くなってしまうこと。
立体駐車場や地下駐車場など、車高に制限のある場所では入れない場合もあります。
そうならないためにも、事前に取り付けた際の車高を計測することをお勧めします!

風切り音が聞こえる
ルーフキャリアを取り付けると、やはり走行中の風切り音が気になってしまいます。
そういった音が気にならない方が大半かもしれませんが、やはり気になってしまうかには
気になるので、その辺りは注意が必要です。

重心が高くなってしまう
屋根部分に荷物を載せることになるので、どうしても車の重心が高くなってしまいます。
そのため山道を走行中は気をつけて運転をする必要があります。
カーブ走行時などは、特に注意する必要がありますよ!

まとめ

今回はキャンプ道具の積載問題についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
うまく積み込むことができればとても達成感がありますし、工夫次第でかなりの量のアイテムを積み込むことが可能です。
最後にご紹介した積載道具を活用しつつ、キャンプを目一杯楽しんでくださいね。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA