皆さんはどんなガスバーナーを使っているのか!?アンケートをとりました!

今回は、みなさんが普段アウトドア・キャンプでそんなバーナーを使用しているのかアンケートを
とってみました!キャンプでの調理器具として一つは持っているであろうガスバーナー。
キャンプを始めたばかりの初心者の方から、これから始めようと思っている方まで、
ご協力いただいたアンケートを元に参考にしてみてくださいね!

バーナーの使用アンケート結果

今回はバーベキューで使用するBBQグリルや焚き火台を除外して、ガスバーナー・卓上コンロなど
に限定してアンケートをとりました。

アンケート結果ではやはりコンパクトになりやすく、持ち運びにも便利な
シングルバーナーを使用されている方が多いみたいですね!
そして、テーブルの上に置きながら調理もできる卓上タイプのコンロもバーナーに次いで使用される方が
多いみたいです。

各バーナーの良いところ・イマイチなところをお聞きしたので
そちらをご紹介します。

各バーナーの良いところ

シングルバーナー”一体型”

男性:自営業:直ぐに火が出て威力も強力な部分。そして何度使っても壊れない耐久性の高さが良い。
男性:自営業:持ち運びが楽で、収納しやすい。ボンベの脱着が楽。
男性:会社員:着火が簡単。低コストでありながらコスト以上の能力を発揮していると思います。
男性:自営業:“コンパクトで持ち運び安い割に火力が安定しているところです。持ち運び、火力のバランスを考えるとこれが一番良いと思います。
男性:自営業:“場所をあまり取らないので持ち運ぶ際に邪魔にならない。複数持っていっても邪魔にならないので同時に調理がしやすい”
男性:会社員:“火力が意外と強いのですぐにお湯を沸かす事ができるのが気に入っているポイントです。比較的他の製品よりも軽量なところも良いところですね。”
女性:団体職員:安全で利便性が悪くないことです。
女性:主婦:持ち運び易くてコンパクト
男性:会社員:手間なく高火力が得られる
男性:会社員:登山で利用できる
男性:自営業:コンパクトで持ち運びがしやすいところ。
女性:会社員:初心者でも扱いやすいところ。
女性:会社員:ちゃちゃっとセットできて手間が掛かりません。

一体型のシングルバーナーのいいところとして、コンパクトになるため収納しやすく
気軽に持ち運んでいける軽量さに魅力を感じて購入される方が多いようです!
コンパクトに見えてなかなか高火力なのもポイントですね!

シングルバーナー”分離型”

男性:会社員:分離型なので安全性が高い
女性:会社員:いろんな形状の調理器具が使えるため。
男性:会社員:安さが魅力 大きな鍋を乗せても安定してる
女性:主婦:小さく軽量で持ち運びがしやすい
男性:自営業:小型軽量で携行しやすい上に、比較的火力が強い。
女性:会社員:分離タイプなので自由自在に料理ができる。
男性:会社員:“ガス管が離れていて安定している。持ち運びに便利。”
女性:会社員:風が吹いても立ち消えしにくいところ。軽くてかさばらないところ。
女性:会社員:ガスがなくなればかんたんに着脱して交換できること
女性:会社員:手入れがしやすいところ。持ち運びがしやすいところ。
男性:会社員:コンパクトで持ち運びに便利
男性:会社員:“分離型にすることで、大きな鍋や鉄板を使用するときでもボンベが離れているため、熱で破裂する心配なく安心して使用ができる。”

分離型の魅力としては、一体型に比べてバーナーが安定しやすく、少し重いものを
載せても調理ができる万能性がポイントです。
またガス部分と分離しているため、安心して使用できるのも魅力の一つです。

ツートップバーナー

女性:主婦:“ツーバーナーなので調理が効率よくできるところと、ふつうのガスボンベでできるところがいい。”
男性:公務員:
家族でのキャンプが主なので、二つの調理が同時進行で行える点が良い点です。
女性:主婦:
“火力が強いので美味しく焼ける。炭をおこす手間が省ける。”
男性:会社員:
手軽に使えるところ。持ち運びしやすい。
女性:主婦:
“5人家族で一度にたくさん料理する必要があるのでシングルよりツーバーナーの方が良い”

家族でのファミリーキャンプや、大人数でのグループキャンプでは多くの料理を作る必要があるため、
シングルバーナーでは足りなくなることも。。。
そんな時に一気に調理することができるツートップバーナーがあれば楽になりますよね!
シングルバーナーよりも利便性が魅力のタイプです。

卓上コンロ

男性:会社員:手頃な価格で、持ち運びも楽で、ガスが無くなれば、簡単にカセットを変更出来るところ。
女性:自営業:家でもキャンプに行ったときにも使えることです。
男性:自営業:日頃使っているガスコンロと同じ感覚で使用できるし設置の安定感がある
女性:主婦:わざわざ炭をおこすのが大変で、バーナーがあればすぐに料理にかかれるため。
男性:会社員:平らなところであれば安定することと、普段から使い慣れていること。また操作が簡単なところ。
男性:会社員:どこでも温かい料理を楽しむことが出来るところです。
男性:自営業:“イワタニ カセット使用カセットコンロのボンベ入手がホームセンターなどで簡単に入り1本100円程度なのがよい感じですね”
男性:会社員:普段家のキッチンで調理しているのとほぼ変わらない感覚で使用できるところ
男性:会社員:安定しているので不安定な場所でも安心できる。普段家で使っているものがそのまま使える。
女性:会社員:“持ち運びが便利、即効性のある火力で、短時間で調理できる点”
女性:主婦:“そんなに大きくないので荷物にならない。卓上なので調理しやすい。”
女性:会社員:お手軽で、取り扱いやすく、火力が強いところです。
男性:会社員:カセット式で手軽に使える。
男性:会社員:家庭でしようしているものと同じなので、慣れている。使い捨てボンベなので、手軽。
男性:自営業:持ち運びが楽で、物を載せても安定感がある。
女性:主婦:卓上コンロなので危なくないのがいいです。そして目持ち運び簡単なのがいいです。

イワタニのマーベラスに代表される卓上コンロは、テーブルでも気兼ねなく使用できるのが魅力です!
火力の調節もしやすく、常に暖かい料理を楽しむことができるのも大きなポイントの一つですね。
燃料となるCB缶がスーパーなどで入手しやすいのも嬉しいところですね!

各バーナーのきになるところ

シングルバーナー”一体型”

・火力調節が難しく、直火なので不慣れな人間に扱わせるのが怖い。
・容量の大きめの鍋は不安定な感じで、若干気になる。
・ボンベを取り付け、取り外しにコツが必要でスムーズにいかない。
・安定してないとこや、傾いていたりすると直接小さなフライパン等のせると直ぐに倒れたり風避けがないと
火がすぐつかないとこ
・大人数の場合、大きな鍋を使いたいけれどパワーが弱いので、一気に調理が出来ない所。
・大きな鍋を置くとグラつくので大人数の際は鍋も複数必要になるところ
・使わない時は置き場に困ることです。
・カセットコンロの接続が少し不安定なところ
・物を乗せると不安定なので落ちそうでヒヤヒヤする
・あまり大きい調理器具を使用できないところ。

シングルバーナー”分離型”

・手入れが面倒
・燃焼効率が良くないのか燃費が悪い
・たまにホースが邪魔になる
・風と低温に弱いところ
・調理できる量も種類も少ない
・五徳が小振りのものだとやや不安定になるため、鍋などをのせているときには少々気をつかう。
・バーナーの持つ部分が持ちずらい
・五徳の造りがあまりしっかりしていないので、鍋がぐらつくこと。
・調理後、器具が完全に冷めるまでしまえないこと
・火力はありますが加熱範囲が狭く、鉄板・網焼きに向いてません。
・”バーナー本体が軽量なのでパン等軽いものを焼く際に
・ちょっとしたことで動いてしまい危険なこと。”

ツートップバーナー

・一度に二口使用すると、火力が弱くなる時がある
・持っているものはガスボンベ使用のタイプで、ガスの減りが割と早いので常に予備のガスをいくつか準備していなければならない点は不便です。
・二口使うことになるため、コストパフォーマンスがあまり良くない
・寒冷地ではガスの出力が弱まってしまう。
・シングルに比べて収納しても大きく、持ち運びに苦労する

卓上コンロ

・サイズが大きいので持っていくのに邪魔になる
・意外と早くガスボンベが終わってしまうことです。
・野外で使う際、風邪などの影響を受けやすく使えない時がよくある。
・携帯性が悪いところ
・持ち運び等で気を使う点と、ガスが切れるのが分かりにくい。
・点火の時の火花が買ってすぐに飛ばなくなった
・鉄板なとが怖くて使えない。ボンベに近づくと熱が怖いため。
・予備のガスボンベが必要。
・風があるときは火力がいまいち弱くなるときがある。
・カセットボンベを余分にストックもしておかなければならない
・大きさが大きいので持ち運びにはイマイチです。
・家でも使うものなので、アウトドア感が薄い気がします。
・ガスが無くなるのが早い。

ガス調理器具を使用する上で注意していること

・爆発事故などを絶対に起こさない。周りに燃えやすい物をおかない。目を離さない。
・取扱説明どおりにとにかく安全に使用すること。
・安全性や威力が高いことが重要。また耐久性があって価格以上の使用が可能な部分。
・火災事故にならないように、使用前には点検し、使用中は火災の原因になるもの周囲に置かないように注意を払っています。
・使用後は丁寧に掃除をして次の使用に備えています。
・ガス漏れや缶が熱くならないよう気をつけている
・アウトドアでは風が強い時など、風防を自作しています。
・子供が近くにいるときは手軽に使える分、触りたがるので目を離さないようにしている。
・バーナーの火が出る部分をキャンプ後に掃除をすること
・爆発などの事故をおこさないように、置く場所をしっかりと安定させて調理中も熱がこもらないように気を付けている。
・異常加熱などの事故を起こさないように注意している。
・子供には決して触らせない。
・調理器具に合わせた台を作ってその下にバーナーを入れて使うようにしてます。あとあまり強火にして使わないようにしてます。強火にし過ぎると調理器具が傷みやすくなるので洗いやすい、運びやすい、効率的の3つの観点で選ぶようにしています。
・事故を避けることです。特に爆発事故を避けるためにOリングの劣化には気をつけています。
・着火剤がなくても火種をつけられるかどうか、メンテナンスが簡単かどうか。
・風向きや風の強さに注意し、調理器具の使用方向を考える。
・あまりにも風が強いときは使用を控える
・加熱によって、器具から食材や水分が溢れ出ないように注意しています。
・過熱による爆発がないようにボンベの温度に気を使っています。
・ガス爆発をおかさないようボンベの管理を注意している。

・まとめ

今回はガスバーナーについてのアンケートをご紹介しました。
キャンプでの使用だけでなく、登山などのアウトドアアクティビティでも使用することがあるので、
多くの方が持っているのではないでしょうか?

新しく買い換えようとしている方、初めて購入しようと思われている方の
参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA