ハンマーを変えると設営が楽に?ペグハンマーがオススメ!

皆さんはキャンプ場で設営をするとき、どんなハンマーを使っていますか?
価格面や付属品があることからあまり注文腐れることが少ないハンマーですが、付属品のプラスチックハンマーや
ゴムハンマーでは、重量が軽くパワーがないため何回もペグを叩かなければいけません。

一箇所だけだと付属品のものでも十分ですが、それがペグダウンの作業全てとなると大変ですし、
これから暑くなってくる炎天下の中でひたすらハンマーを叩くのはそれだけでどっと疲れてしまいます。

今回はあまり注目されることが少ないハンマーにスポットを当ててご紹介していこうと思います。

・キャンプで使うハンマーの基本

やはりペグハンマーはカッコイイ

アウトドアブランドから販売されている専用のハンマーは、デザイン性に優れているものが多く
男性好みで、所有欲を満たしてくれるようなかっこいい製品が多いです。
また、使えば使うほどに味が出て自分だけのアイテムになっていってくれるところも、
人気の理由の1つではないでしょうか?

付属品では十分なパワーが出ない

材質がゴムで成型されていて、子供や女性でも扱いやすいものにゴムハンマーがありますが、
ゴムでできていて安全な分パワーに欠けます。
柔らかい地面では問題なくても、硬い地面や地中に石が埋まっているような地面だと
奥までペグを打ち込むことができません。

アウトドアブランドのものでなくても良い

キャンプで主に使用するもののため、上記の理由からアウトドアブランドから販売されている専用のハンマーを
選んでしまいますが、別にストドア専用のものでも問題ありません。

専用のペグハンマーは打ち込んだペグを抜き取りやすい構造になっていたりなどの特徴がありますが
そういった機能が必要ではない方は、ホームセンターで販売されているようなDIY用のハンマーで全く問題ないです。

キャンプ場で見かけるハンマーはペグ抜き機能が付いているものがほとんどですが、そういった機能を使わなくとも
余ったペグを引っ掛けて抜くなどすれば比較的簡単に抜ける方法はたくさんあります。

最後に少し否定的な意見も書きましたが、所有欲を十分に満たしてくれてなおかつデザインもかっこいい
ペグハンマーが多いです。もしも金銭面に余裕があれば迷わず専用のものを買ってしまいましょう!

・合わせて買い換えておきたいペグ

こちらもあまり注目されにくいアイテムですが、キャンプに多く行く人ほど重要視されているのが
テントと地面を固定する”ペグ”です。
そんなキャンプで重要になってくるペグですが、いくつか種類があることをご存知でしょうか?
基本はキャンプ場の地面に合わせて使用するため、何種類かを買い揃えておくのですがそれは年間何十泊もキャンプに
行かれる方のお話です。

高規格のキャンプ場に行くことがほとんどの方にはスノーピークのソリッドステークに
代表されるような鍛造ペグがオールマイティーに使用することができるのでオススメです。

また、同じペグでも長さの違うタイプが販売されていますが、長さの違うペグを何組か組み合わせて使用することで、
より安全にキャンプを楽しむことができます。

例としては・・・

ドームテントなどのペグダウンには30cmのペグを使用
タープなどの強度が求められるものには40cmのペグを使用する

といった風に状況に合わせて使い分けるのをオススメします!

・ペグを打ち込む角度にも注意しよう!

よくあるテント設営の動画でも、ペグの打ち方としてロープに対して垂直に打つ方法と、
地面に大して垂直に打つ方法が見られますが、どちらにもメリット・デメリットがあるので注意しましょう。

物理的には地面に対して斜めに打ち込んだ方が抜けにくいはずですが、この考え方はたとえペグがロープに引っ張られても
土がまったく動かないことを前提としています。実際の地面ではペグが引っ張られると土が動いて隙間ができやすいため、
地面が柔らかい場所では斜めに打ち込むと逆に抜けやすくなってしまいます。

抵抗力を重視するのであればロープと垂直に、地面が柔らかそうな場所では地面に対して垂直に打ち込むなど場所によって角度を変えていく方がよいでしょう。

・ペグやハンマーは縁の下の力持ち的存在

オススメした鍛造ペグという種類のペグは、全てのペグの種類の中でもトップクラスの性能を持っており
ガンガン叩きまくってぐんぐん地中に入っていきます。
もし、そんな頑丈なペグを購入したとしても、プラスチックハンマーやゴムハンマーでは、
最後まで地面に打ち込むことができないこともあります。

となると、やはりしっかりと重さがあり力強くペグを打ち込むことができる
ハンマーはやはり重要になってきます。

どうしてもキャンプアイテムで注目されがちなのがテントやタープなどの目立ちやすい商品ですが、
そんなアイテムたちをガッチリと固定してくれて、天候が荒れた時でも飛ばされないようにする
普段目立つことはないけれど頼りになるアイテムがペグ・ハンマーなのだと思います。

・まとめ

今回はハンマーのお話と合わせて少しだけペグのお話もしましたが、いかがでしたか?
最近キャンプを始めた初心者の方も、今後もキャンプを存分に楽しもうと思っている方も、
金銭面い余裕が出ればぜひペグ・ハンマーをいいものへ買い換えて見て欲しいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA