事前にイメージしておこう!ファミリーキャンプ一泊2日の流れ

前々からアウトドアに興味を持っていてもなかなか始められないものですよね。
今年こそアイテムも買ってキャンプデビューしたいと思っている方や、暖かくなると同時にグッズを買い揃えて夏ぐらいには
キャンプに挑戦しようかと思われている方もいらっしゃるかと思います!
しかし、初めてで勝手がわかないキャンプへ実際に行くと想像以上に時間がかかってしまうものです。
準備ばかりでイメージしていたキャンプとは違うかった。。。なんてことにならないよう、
今回は一泊2日のファミリーキャンプをモデルに当日の流れをご紹介しようと思います!

・大まかなスケジュールー例ー

□ 前日

出発の朝に慌ただしくならないように、前日に準備できるものはあらかじめ終わらせておきましょう!
現地で使用する食材の準備やキャンプ道具の積み込みなど。終わらせられればすごく楽ですよ。

□ 当日

9:00~自宅を出発。途中休憩や買い出しをしつつキャンプ場へ向かう
13:00~チェックイン。スタッフの方から場内ルールの説明や水場の確認
13:30~サイトのレイアウトを考え、テントの設営開始
15:00~設営完了。休憩をかねてコーヒーを飲んだり子供と遊んだり
16:00~BBQに使う炭の火起こし。チャコスタ等を使えば楽!
17:00~動作確認やガスのチェックも兼ねて早めにランタンの点等
18:00~夕食タイム。食後は焚き火を囲んでリラックスタイム
20:30~子供はもう眠くなってくるころ。
22:00~キャンプ場の定める消灯時間が大体この辺りです。ちょっと早いかもですが就寝しましょう。

□ 翌日

7:00~おそらくこれぐらいの時間に自然と目が覚めるはず
9:30~片付けを開始。まずは使うことのないアイテムから片付けていきましょう。
11:00~12:00 大体がこれぐらいの時間にチェックアウト。遅れないように
チェックアウト後~ すぐに帰宅するのもありですが、せっかくなので観光したりするのもオススメです。

結構時間を多めに取ったタイムスケジュールにしてみました。
初めてのキャンプでわからないことだらけだと思うのでこれぐらい余裕を持っていても
意外と時間が足らなくなってしまうものです。

次は時間別で細かくみていきましょう。

・前日の準備

事前に準備できることを終わらせておけば出発するときも、現地での作業も
余裕を持って終わらせられる可能性が高いです。
また、自宅で野菜などをあらかじめカットしておいたり、お肉は凍らせておいて
保冷剤がわりにしておくのもオススメです。
そうすることで洗い物を減らすことができますし、すぐに料理することもできます。

・〜9時:出発

自宅からどれぐらい時間がかかるかにもよりますが、初めてで慣れないうちは遅くとも9時ぐらいに出発し、
途中で休憩を挟みつつ買い出しにもいき、余裕を持って到着できる距離にあるキャンプ場を選ぶことをオススメします。
また初心者にオススメのキャンプ場として”高規格キャンプ場”と呼ばれるキャンプ場があるので、
周辺にないか探してみましょう!

・13時〜:早めのチェックイン

キャンプ場についてすぐにテントなどの設営ができるかと言われればそうではなく、
まずはじめに必ずキャンプ場のマナーの説明や、各場所の確認、料金の支払いなどを済ませる必要があります。
特にハイシーズンなどの繁忙期には混雑する可能性が高いので、早めにキャンプ場に到着するようにしましょう。

・テントの設営を開始

チェックインが終わってサイトに案内されたら、いよいよキャンプの始まりです!
まずはテントの設営から始めまていきますが、初めての方が苦戦してしまうポイントがここです。
初心者の時は思っている以上に設営に時間がかかってしまうことを覚えておきましょう!

どのパーツがどの部分になるのかがわからなくなってしまい焦ってしまわないよう、
事前に試し張りをしておくことをオススメします。

また有名ブランド(コールマンやスノーピークなど)はYouTubeなどに詳しく設営方法を紹介されていたりもするので
そういったものをみておけば安心ですね♪

設営時間の目安として、特に迷うことなくスムーズにできて1時間ほど、
手こずってしまうとそれ以上に時間がかかってしまいます。

・15時〜:少し休憩しつつ夜の準備を

□ 休憩がてら炭おこし

大体の設営作業が終わったら、少し休憩を挟みつつ炭おこしをしてしましょう。
簡単に火がつきそうでつかないのが炭なので、根気よくうちわで扇いだりして着火していきます。
今では簡単に火をつけられる火起こし器も多くのメーカーから販売されているので、
めんどくさいと思われる方はそういったものを使ってしまうのも大いにアリです。

また、子供も遊びたくなってくる時間ですから、疲れない程度にいっぱい遊んであげましょう!

□ ランタンは早めに点灯!

さっきまで明るかったのに気づけば暗くなっていた。。。なんてことになるのがキャンプ場。
そうならないように、また、しっかりと動作するかの確認も兼ねてちょっと早めにランタンは
点灯させて起きましょう。

もしガソリンを忘れたりしちゃった場合は、売店で売っていることが多いので
しまってしまう前に買いにいきましょう。

□ キャンプで食べる夜ご飯は格別

辺りも暗くなってきたらいよいよ夜ご飯タイムです。
キャンプで食べるご飯ってなぜか普段よりも美味しく感じます!
初めてであまり凝ったものは作れないかもしれませんが、定番のカレーやBBQでも十分
美味しいですよ♪

・〜22時:夕食後から就寝まではリラックスタイム

□ アウトドアならではのリラックスタイムを楽しもう!

お腹も満たされて就寝までの間はゆっくり過ごしましょう。
昼間は元気だったお子さんも気づけば眠そうにしていると思います。
子供が寝てからは大人の時間として、お酒を飲んだり焚き火を楽しんだりしましょう。

□ 就寝時間は守りましょう

ほとんどのキャンプ場では大体22時ぐらいを消灯時間に設定されています。
必ずそれまでに食事、お風呂などを済ませて起きましょう。
就寝時間をすぎて探し区するのは他の方に迷惑となりますので注意しましょう!

・2日目〜:撤収〜チェックアウト

□ 撤収も余裕を持って

チェックアウト時間も多くのキャンプ場でだいたい11:00頃です。
朝ご飯をゆっくり食べたとしても撤収開始が遅くなってしまわないように。
2日目に使わなさそうなアイテムは就寝前にあらかじめ綺麗にしておくことがポイントです。

撤収時のポイントとして、テントをしっかりと乾燥させることです。
夜露などでテントは濡れてしまっていると思うので、カビを発生させないためにも
十分な乾燥を心がけましょう!

・キャンプの疲れは温泉で癒そう

初めてのキャンプ。慣れないことだらけで家族全員が疲れていると思います。
キャンプでの疲れは温泉で取りましょう!
山間部にあるキャンプ場であれば周辺に温泉があることも珍しくありません♪
温泉に入ってリフレッシュしたら、事故にきをつけて帰宅するだけです。

・まとめ

今回は一泊2日のスケジュールを、具体例を出しながらご紹介しましたが
いかがでしたか?
初めてでわからないことだらけでも、回数を重ねていくことで新たなことに
挑戦していけるようになります!
焦らずゆっくりとアウトドアライフを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA