シーン別に考える。ソロ用テントの選び方

以前から何度かご紹介しているソロキャンプ用のテント。
今回は登山・ツーリング・キャンプ場という3つのシーン別で紹介します。それぞれのシーンに合わせて、簡単に設営できるものや、軽量性に優れたものなどのポイントもご紹介します。
前回の紹介した、ソロテントとは?もおさらいしますのでみなさんが理想のソロテントに出会える参考になればと思います。

テントの種類

1.生地の違い

【シングルウォールテント】・・・1つの生地で雨や風を防ぎテント内の蒸気を逃がすのがシングルウォールテントの特徴のため防水透湿性の素材が使われています。次に紹介するダブルウォールタイプよりも軽量で設営・撤収が早いというのがメリットですが、結露しやすい・密閉性が高く夏には不向きなどのデメリットもあります。

【ダブルウォールテント】・・・防風・防水目的のフライシートとは別に、インナーテントとセットで使用する二重構造になっているダブルウォールテント。生地を二枚使用するためシングルに比べると必然的に重量が増しますが、快適性などの面から初めての方にはこちらのタイプがオススメです。

2.組み立て方式の違い

【自立式】・・・シートにポールを通して立てればある程度自立してくれます。初心者の方でも比較的簡単に設営することが設営することができ流のでオススメです。

【非自立式】・・・自立式のテントとの最大の違いはポールを通しただけではテントとして使えないことです。ペグや張り網を使うことで初めてテントとしての形になります。テント設営にある程度慣れた上級者用になります。

・ソロ用テントのポイント

1.軽量性・持ち運びやすさ
一人でのキャンプや登山などでは、全ての荷物を一人で持たなければ行けない場合もあるので、テントもできるだけ軽いものを選択しましょう。テントは大きさポールの数・材質などいろんな要素で重さの違いがかなりあります。

ただし注意点として、軽量な素材を使っているものの方が価格が高い傾向にあるため、自分で決めた予算内でできるだけ軽く・コンパクトになるものを選部ことをオススメします。

2.設営のしやすさ
テントの設営のしやすさは重要なポイントになります。1人の力で迷うことなく設営できるものを選ぶ必要がありますし、キャンプ場に着いてから疲れた体を少しでも早く癒したい方もいると思います。
何回もキャンプにいき慣れている人は問題ないかもしれませんが、初心者や初めての方はなるべく簡単に設営できるものを選びましょう。

3.テント内の居住性
一人用のテントは、見た目よりもテント内が狭くなっている場合もあります。
特に軽量・携帯性の良さをウリにしているテントは、人一人分のスペースしか設けられていない場合もあり、荷物などを外に出さなければならない場合もあります。
快適な睡眠を取るためにも、自分の体格に適しているものを選びましょう。

4.テントの前室があるかないか
ソロキャンプと言えどテント内以外にもスペースは欲しいもの。選ぶポイントとして気にしておきたい点がテントの前室の有無です。前室部分は主にキャンプで使用するギアや、ツーリングキャンプであればバイクを収納できたりする場所になります。
必ずしも選ぶ際に重要なポイントではないですが、道具を夜露などから守り、余裕を持って過ごす為にも多少は気にしておきたいところです。

5.テントの価格
テントの価格は高ければ高いほど収納・機能性が高く、ほとんどのソロキャンプに対応できますが、ほとんど使うことのできない機能やオーバースペックなものを買う必要はありません。自分にとって必要な機能を見つけ、予算に合わせてご自分にあったテントを選びましょう!

・シーン別でのテントの選び方

オートキャンプ
キャンプ場の中まで入っていくことができるオートキャンプ。駐車場に止めるのではなく自分の宿泊するサイトの横に車を停めて、すぐ横にテントを広げることができるため、テント自体の軽量性や収納性などはあまり重視する必要はありません。

また、一人でもできる設営法のソロテントの中から、居住性の高いタイプのものを選びましょう。もしも、ある程度慣れていて一人で設営ことが苦じゃないのであれば、3~4人用のドームテントを選ぶとかなり快適になると思います。

ツーリングキャンプ
キャンプ場までの移動に車ではなくバイクを使うツーリングキャンプ。移動手段がバイクの時は、なるべくコンパクトに収納することができるテントを選ぶのがポイントです。バイクの荷台部分に全てのアイテムを積載するのですが、積載量に限りがあるため持っていけるアイテムが限られてきます。

前室つきのテントを選べば、バイクのサイズにもよりますがテント内に入れることができますよ!

登山からのキャンプ
山登りをを楽しんだ後のキャンプには、軽量で、コンパクトさを両立させたタイプのテントがオススメです。
いつもの道とは違う山道を歩くことになり、全てのアイテムを自分の背中で背負うため、極力少しの重量でも軽くしておきたいところ。

10g単位でも軽いキャンプ道具を選ぶことができれば、ザック全体で1〜2kgの軽量化を測ることができます。特にテントは重いアイテムの方に入るため、快適さよりも軽量性を重視して選びましょう。

・まとめ

今回はシーン別のソロ用テントの選び方をご紹介しましたがいかがでしたか?
各メーカーより多くの種類のテントが販売されているため、目的別にあったテントを見つけやすくなっています。
自分にとって最適なのはどう言ったテントなのかを見極め、快適なソロキャンプを目指してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA