おしゃれな食器でキャンプを楽しもう!アウトドアで使える食器の特徴

みなさんはキャンプで使うための食器って、どうされていますか?おそらくほとんどの方が紙製のお皿やコップを使っているのではないでしょうか?せっかくキャンプに来て、普段とは違う自然の中でアウトドア料理を楽しむのであれば、食器にもこだわりのアイテムを用意してみませんか?見映えが良くなることはもちろん、食事の気分を盛り上げるアイテムの一つとしてもオススメです!
今回はそんな食器に使われる素材や、選び方などをご紹介します!

・キャンプに持っていく食器

キャンプで使用する道具を購入していく順番として、おそらくメインとなるテントに始まり、タープ・テーブル・椅子と購入しますよね。
そのときについつい後回しにしてしまいがちなのが食器で、紙皿や紙コップを使ってしまいがちだと思います。
もしくは近くの百円ショップで足らなくなったら買い足していく方もいるかもしれません。

しかし、キャンプにいく回数が増えると気づきますが、必ずしも天候のいい日にキャンプができるとは限りません。
急な強風のため軽すぎる紙皿や紙コップが飛んでいき中身が飛び散ってしまったり。
あたりが暗くなって来た時の食事で、コンロの近くに無意識にプラスチック皿を置いて溶かしてしまったりなど経験された方もいるのではないでしょうか?

実際多くのキャンパーの方が食器の購入を後回しにされていると思います。
しかし、アウトドアショップで販売されているものには、アウトドアにきちんと対応した機能性もあり、意外とコンパクトにまとまるものが多いです。環境面から考えても繰り返し使うことでエコにもなりますよね!
何といっても、おしゃれな食器を使って食卓を彩ればキャンプ料理を華やかに魅せてもくれ、それだけで料理が美味しく感じますよね!

・食器に使われる素材【メリット・デメリット】

アウトドア用の食器として販売されているものに使われている素材は、
・ステンレス・チタン・メラミン
・プラスチック・木・琺瑯
などいくつか種類があります。それぞれに良いところ・イマイチなところがありますので特徴と合わせてご紹介します。

1.ステンレス
ステンレスの特徴は、衝撃に強いことと、汚れが落ちやすく匂いもあまり残らないところです。
キャンプ場で十分に洗うことができず、家でもう一度洗い直すのは面倒ですよね。
ステンレス食器は、機能性と耐久性、さらにはコンパクトさも備えたアイテムになります。

ただし、ステンレスの特性でもある熱伝導率の良さが欠点になる場合もあります。
熱々のスープ類などを入れてしまうと、口をつけられないほど容器全体が熱くなってしまうため、小さなお子さんがいる方は、違う素材の食器を用意しておくことをオススメします。

メリット
丈夫で、油汚れ等のしつこい汚れもすぐに落ちる。
デメリット
熱伝導率が高く、容器全体が熱くなるため注意が必要。

2.チタン製
チタン製は金属のため、見た目はステンレスと似多様な感じですが、ステンレスよりもさらに軽く、強度も高い素材です。
またサビにも強く優れているので、海水に浸けたとしても錆びないため、使う場所を選びません!海辺のキャンプでも安心して使用することができます。

ただし、それなりに製品の値段が上がるため家族分を揃えようとすると大きな出費になってしまうのがデメリットとも言えます。主に登山をされる方に人気の素材になっています。

メリット
ステンレスよりも軽く、耐久性も高い。
デメリット
製品の金額が高く、家族分揃えるとなると大変
普通のファミリーキャンプに使用するには少しオーバースペック。

3.メラミン樹脂
メラミン樹脂はプラスチックの一種で、硬度が非常に高くキズが付きにくいという特徴があります。
さまざまな形をした食器を製造することができ、色や模様などもプリントできるため、おしゃれな食器やデザイン性の高いものを求めている方に人気です。

ただし。落とした時の強い衝撃や高温にはそこまで強くない特性があるため注意が必要です。スプーンやフォークが金属製のものを使用するとキズになることもあります。
容器自体も熱くなったりしにくいので、小さなお子さんへも安心の製品です。

メリット
さまざまな形や模様をプリントできるため、おしゃれでデザイン製が高いものが多い。
デメリット
ステンレス製などに比べると耐久性がよくないため、注意が必要。

4.プラスチック
プラスチックは食器以外での製品として目にすることが多いですよね。
価格も安く軽量で耐久性も高いため落としても割れる心配はありません。他の素材には少ないカラフルなものが揃っているので、自分好みのカラーで揃える楽しさもあります。
耐熱性にすごく弱いため、火の近くでの食事の際は注意して扱いましょう。

価格が安価なためキャンプ用品に出費を取られてちょっと抑えたいな、という方へおすすめです!

メリット
カラー展開が豊富なものが多く、価格も安価なため揃えやすい。
デメリット
耐熱性が弱いためバーベキューなどでは取り扱いに注意が必要。

5.木製
木製食器は軽くて磁器に比べて割れにくく、何といってもその独特の雰囲気が人気なのが特徴です。
インスタグラムなどのSNSでのキャンプ写真では必ずといって良いほど登場するおしゃれ食器の代表です。

ただし、木製の食器はある程度の厚みがあるものが多く収納時はかさ張りコンパクトにはなりません。
また、濡れた状態のまま放置するとすぐに劣化してしまうので、洗った後は乾いた布ですぐ拭いて乾燥させてください。

メリット
何よりもおしゃれで料理を華やかにしてくれる。
デメリット
厚みがあるためかさばり、水に弱いため注意が必要。

琺瑯(ホーロー)
鉄やアルミなどの金属の表面にガラス質の釉薬を高温で焼き付けたものが琺瑯です。
耐久性、耐熱性、耐食性に優れていること、軽量でいてレトロな雰囲気なことから、キャンプだけでなく普段使いのおしゃれなテーブルアイテムとしても注目されています。

耐久性に優れているものの落としてしまった時の衝撃などでコーティングされているガラス質が欠けてしまうと、そこから錆びを発生しやすいデメリットもあります。

メリット
他の材質にはないレトロな質感。全ての耐性があり扱いやすい。
デメリット
耐久性は高いが、ガラス質が剥がれてしまうと錆びやすくなってしまう。

まとめ

今回はアウトドアで使用する食器の特徴についてご紹介しましたがいかがでしたか?
キャンプ道具が一通り全て揃ったらお次は食を楽しむのに大事な食器にも一度注目してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA