キャンプに使える便利なナイフは?初心者でもわかる種類と特徴

キャンプをするときや、山や海などのアウトドアで遊ぶときに、欠かすことができないアイテムがアウトドア用のナイフです。
アウトドアシーンでのナイフを使う場面といえばロープを切る、枝を削るって焚き火をする、あとは調理をするなど様々ですが、どれも適切なナイフを使わなければ使いにくくなってしまいます。
アウトドア用で販売されているナイフが豊富に種類があるかというと、それだけ様々な場面を想定しているからです。
今回はキャンプにも使えるナイフの種類や、特徴をまとめてみましたのでぜひ参考にしてください!

・アウトドアでナイフを使う場面

1.キャンプ
キャンプであっても焚火を許可している所と許可されていない所ではナイフを使用するシチュエーションも少し違ってきますが、焚き火を許可しているキャンプ場であれば、自力で薪を細かく裂くときやフェザースティックを作って着火してみたりと、色々なナイフの使い方が想定されます。その他にも、食事を作るときに使用したり、上級者になるとペグが足りない場合に小枝を削ってペグがわりにしたりとナイフ1本あるだけで様々な状況に対応できるようになります。

2.登山
登山などに代表される自力で荷物を背負って行うアクティビティでは、装備をできるだけコンパクトにでき、より軽量にしていくことが求められます。そういった場合に食事や暖をとるのに使用するのはたき火よりもバーナー類などの燃料を使用するのがほとんどです。そのため薪を自力で加工するためのナイフは使わない場合が多いです。ナイフが必要になる場面は主にロープを切断する時、他にはナイフを使って食品や缶詰を切ったり開けたりすることが多いでしょう。

3.ハイキング
ちょっとした日帰りでのハイキングでナイフは不要と思われがちですが、持っておくと意外と使うことのある場面は多いものです。
休憩の時間を利用して小枝を集めたものを細工して何かを作ったり、本格的までとはいかないにしてもちょっとしたウッドクラフトもすることができるため、マルチツールナイフなどを持っておけばアクティビティーが広がります。

・ナイフの種類

1.シースナイフ
”シース”とは鞘のことで、折り畳んで収納する機能がない一般的な刃を持つナイフのことを指します。
特長としては構造が単純なため丈夫であり、メンテナンスが比較的楽であるということ。使用するときも鞘から取り出すだけなので慣れれば片手で使用できることも可能です。
ナイフとしての性能は、サイズにもよりますが基本的にできないことはありません。短所としてはコンパクトにすることができないため持ち運びづらいということが挙げられます。

2.フォールディングナイフ
シースナイフと比較してコンパクトなものが多く、刃をグリップ部分に折り畳んで収納できるので、携帯性に優れているのが特徴です。また、勝手に刃が飛び出してこないようにロックできる機能や、片手で刃を出し入れできるようなものも多く販売されています。錆びやすいものが多いためメンテナンスを定期的に行わなければならず、放置してしまうと切れ味が落ちやすいため注意が必要です。

3.マルチツールナイフ
他の二つと比べてナイフ単体の切れ味は落ちてしまいますが、非常にコンパクトになるものが多く携帯性能はダントツです。
またナイフ以外にも栓抜きや、ノコギリ、ハサミなんかも備わっているものが多いため、あまり本格的にナイフを使用する想定をしていない方にオススメです。デメリットとしてはコンパクトなためナイフ自体が小さめなのと、切れ味もそこまで良いものではない点です。

【刃の種類について】

刃の種類は主に2種類
刃の部分へ主に使われている素材は炭素鋼とステンレスになります。
特徴として、
炭素鋼・・・いわゆる”鋼(はがね)”と呼ばれる素材のことで、ステンレスに比べると切れ味が良いのが特徴です。普通の包丁でも刺身包丁などの優れた切れ味を求められる包丁などに使われている素材です。切れ味に関してはステンレスより優れて言いますが、すぐに錆びてしまうデメリットもあります。

ステンレス・・・炭素鋼と比べて硬度が非常に高く、通常の研ぎ石で研いだとしても切れ味を取り戻すのに時間がかかるためメンテナンスが大変です。切れ味に関しては炭素鋼のものより劣りますが、錆びに強くメンテナンスもそこまで気を使う必要がないためあまり知識のない方にはオススメの素材です。

・キャンプで使用する際の注意点

日本では、正当な理由を証明できない場合に刃渡り6cmを超えるナイフなどを所持していると、”銃刀法違反”で逮捕されてしまうケースもあります。
よくあるのが、キャンプにいった後そのままダッシュボードに収納していたナイフを職務質問時に発見されてしまい、そのまま逮捕・・・という流れが多いようです。
すぐ取り出すからといって安易にダッシュボードに入れてしまうのではなく、キャンプ道具と一緒に収納しておき取り出し忘れることがないように注意しましょう。

【銃刀法違反】の詳しい内容については”こちら”から

・まとめ

今回紹介したように多種多様なナイフが販売されていますが、自分の目的を想定して絞り込めば必ず自分だけのナイフを見つけられるはずです。
キャンプで一つ持っておくと何かとできることの幅が広がるナイフ類ですが、適切な方法でしっかりと管理をするようにしましょう。
また、ナイフは大変便利な道具であるのと同時に、危険なものであることも認識しておきましょう。もしも自分だけの1本を見つけることができたら、末永く使うことができるようきちんと使い方をマスターしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA