初心者だって楽しみたい!冬キャンプの魅力

これからだんだんと寒くなってきて、冬キャンプを目一杯楽しめる季節がやってきました!!近頃では日本各地にあるグランピング施設が注目を集めたこともあって、いつもは夏しかキャンプをしないけれど、せっかくだし冬キャンプにも行ってみたい!という方もいらっしゃるのではないかと考えられます。
そこで、今回は冬にするキャンプの魅力・基礎知識から必要になってくる道具、注意点などを紹介していきますので、今後挑戦しようと思われている方はぜひ参考にしてくださいね!

・冬キャンプの魅力

1.夏に比べて空気が澄んでいる
冬なので寒さはそれなりに厳しくはなりますが、その分夏よりも空気がとっても澄んでいてきれいですよね。さらに夏だと、台風の影響や急なゲリラ豪雨が多いためキャンプを中止にしなければならない可能性も発生してしまいますが、冬は夏に比べて天候が読みやすくなるためキャンプに行く予定も立てやすくなります。
また、日の出日の入りが早いため夏とはまた違った空気感を味わえるのも魅力の一つです。

2.人が少なく、貸切状態だってありえる
冬場は残念ながら休業になってしまうキャンプ場もありますが、クローズ期間がなく一年中営業しているキャンプ場も多くあります。夏のキャンプが盛んな期間はキャンプサイトがほとんど埋まってしまいテントの設営や車の乗り入れまで大変ですが、冬キャンプでは人もまばらなので、サイトでの設営をゆったりとすることができキャンプを楽しめます。
また。人気のあるキャンプ場や、設備の整っている高規格キャンプ場などの場所は夏場のハイシーズンには何ヶ月も前から予約を取らないとならなかったりしますが、冬のキャンプならそんなキャンプ場でもタイミングがバッチリ合えば貸し切り状態の場合もあります。

3.虫が寄ってこない
アウトドアやキャンプが嫌いな人の理由の一つに、虫が苦手だからというのがあります。キャンプ場で出会う代表的なものといえば蚊・アブ・蜘蛛などがいますが数えればキリが有りませんよね?
しかし、そういった虫に出くわす心配も冬キャンプにはありません。虫は基本的に冬はエサもなく寒さに弱いので冬を越すために落ち葉の下や自分の巣にじっと隠れているか、産卵を終えて死んでしまっているかのどちらかが大半です。
なので虫が苦手で今までキャンプに行かなかった型でも、キャンプデビューできるいい機会でもあります!

4.冬にしかできないアクティビティがある
一年を通して冬でしか体験することができないアクティビティを楽しむことができるのも魅力の一つです。
ゲレンデが近くにあればスノーボードなどのウィンタースポーツ、湖の近くのキャンプ場でワカサギ釣り、山間部のキャンプ場ではスノートレッキングなど、冬にしか楽しむことができないアクティビティを満喫すれば、良い思い出になること間違い無しですね。

5.暖かい料理が最高に美味しい
カレーであったり、シチューなどのスープ料理だったり、寒い気温の中で体を温めてくれる料理はどれも最高に美味しいですよね!キャンプ料理全般に使うアイテムには”ダッチオーブン”がオススメです。ダッチオーブンは全て鉄でできているため、炭火を蓋の上に置くいて上下から加熱していくことができる鍋です!煮るだけでなく様々な調理方法に使うことができるので、ダッチオーブン1つ持っているだけで様々な料理に挑戦することができます。保温性も高いため、常に暖かい料理が食べられるのも嬉しいポイントですよね。

冬キャンプのハードル

結露に注意
冬のキャンプで最も注意したいのがテント内での結露の発生です。就寝して朝起きたら、テントや寝袋がびしょびしょに濡れていたなんてことは冬でも発生します。
結露はテント内外の温度差によって発生してしまうので、寝る前などに十分に換気を行っておくのが最も効果的な予防方法になります。またマスクをして過ごすなど、室内の湿度をなるべく上げないようにするのも一つの方法になります。

無理にテント泊しようとしない
冬に一度はキャンプをしてみたいけれど、夏のシーズン用の装備しか持っていない。。。
という方も中にはいらっしゃるのかもしれませんが、そういう方は無理にテントを設営して宿泊しようとするのではなくバンガローやコテージを利用して宿泊するといった選択肢もあります。
バンガローやコテージなどの屋内施設であれば、冬であっても宿泊に対する抵抗も少ないでしょうし、就寝時の寒さ対策の面でも不安が少なくなり、より楽しむことができます。
また一番のオススメ理由は、新たに冬用の装備を揃える必要もないため無理に出費せず住むところですね!

雪がなければそこまでハードルは高くない
最近では電源付きのオートキャンプサイトも増えてきているので昔に比べれば寒さ対策が楽に取れます。
キャンプ場に雪が積もっていなくて、キャンプサイトも電源付きのところを選ぶことができれば初めてであってもそこまでハードルは高くありません。
せっかくだからコテージじゃなくてしっかりとキャンプをしたい!という方は一度そういう場所を探してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は冬に行うキャンプの魅力をご紹介いたしました!
外が寒くなっている中、みんなで焚き火を囲んで暖かい料理を食べればなんともいえない最高の時間を味わうことができます!
まだ冬キャンプを経験していない方は、この機会に是非挑戦してみてくださいね。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA