テントを選ぶ時にチェックしておきたい生地の違い

アウトドアショップでテントを買おうと色々見ていると、生地素材の説明が書いてあることが多いですよね。しかし生地の違いがあまり分からず、とりあえず防水加工さえしっかりしてれば大丈夫と思われている方もいるかと思います。しかし、材質ひとつ違うだけでテント内で過ごす時の快適さやその後の使い勝手が決まってくると行っても過言ではありません。もしもキャンプ場の条件と合わないテントの素材を選んでしまうと朝起きたらテント内が湿気でびちゃびちゃになる可能性もあり得ます。素材の違いを把握してご自分の使い方にあったテントを探しましょう!
今回はそんなテントの生地についてまとめて見ましたのでぜひ参考にしてください。

・生地の種類

テントを選ぶ時のポイントとして重さ・価格といった点を重視して商品を選びますよね。
テントに使用されている素材は、先ほどの重要視するポイントと関わりが深い大きな要素です。
使用されている素材にはそんなものがあるのか、よく使われているであろう素材をまとめて見ました。

ポリエステル
最も一般的でほとんどのテント生地に使われる素材です。吸湿性が低いため濡れた後も乾くのが早く、生地の価格もリーズナブルでコストパフォーマンスが高いため、多くのテントに使用されているポピュラーな素材です。しかし火にはすごく弱いため、焚き火などの火の粉が当たってしまえば一瞬で穴が開きます。
紫外線に強くカビにくいため、テントのフライシートに採用されていることが多いです。

ナイロン
生地自体の耐久性が高く伸縮性もあり、ポリエステルよりも軽くて丈夫な生地になります。水分はポリエステルに比べて吸収しやすいですがすぐ乾くのが特徴です。一方で紫外線には弱いためテントの生地として使用されている場合は後ほど紹介するコーティング加工により紫外線に強くなっており防水性がある場合がほとんどです。

コットン
厚手の生地で暖かな色合いの生地のため、おしゃれに敏感なキャンパーに敏感の生地です。
生地の特徴として夏は涼しく、冬は暖かいのが他の生地とは違う特徴です。天然素材のため化繊と違いケアさえしっかりとすれば丈夫で長持ちです。吸湿性が高く結露しにくいですが、カビやすいので完全に乾かしてから収納するのが特徴です。
使用後にしっかり乾燥させないとカビができやすいという弱点がありますが、耐火性能が高く火の粉がついても穴が開いたり燃え広がることがありません。

ポリコットン
コットン素材をもっと扱いやすくした生地で、ポリエステルとコットンを混ぜた素材。コットンとポリエステルの割合で特徴が変わってきますが、コットンがもつ長所とポリエステルの長所を併せ持ち、軽量でありながらもコットンの風合いを楽しめるのも特徴です。一般的に耐水圧は低めに設定されているものが多く、雨に強い素材ではないため注意が必要です。

・生地のコーティングの種類

ポリウレタンコーティング
”PU”と表記されていることが多く一番スタンダードに行われているコーティング方法になります。
ポリウレタンコーティングの注意点として、使用していない時期にも症状が進んでいく加水分解というものが起こります。
加水分解は保管状況が高湿度であるほど進みやすい為、雨に濡れてしまった時はできるだけ早く乾かす必要があります。また、生地に対する摩擦でもコーティングは劣化してしまう為、コーティングされている面を引きずったりなどの行為は避けるようにしましょう。

シリコンコーティング
ポリウレタンでの片面だけのコーティングと違い繊維にシリコンを染み込ませている為、PUよりも高い防水性を発揮し、生地自体の強度も高くなります。ポリウレタンと比べて価格が高いのですが、シリコンでコーティングを行うと生地が滑りやすくなるので加工の手間もかかり価格が高くなってしまう為です。
シリコンであってもポリウレタン同様に加水分解は起こる為、保管などに気を使う必要があります。

・テント生地の厚み

糸の太さを表す”デニール”
アウトドアに限らず、糸の太さを表す一般的な単位です。タグ表記ではよくDと略され、数字が大きければ大きいほど糸が太く厚い生地になります。数字が上がるほど耐久性も高い製品になりますが、その分製品自体の重量とカサも増える事になります。
重くてもある程度強度の高い生地がいいのか、耐久性は低くてもその分軽い生地がいいか、あるいは全体的にバランスの取れた製品を選ぶのか。糸の太さ”デニール”による違いを違いを認識しておきましょう。

糸の織り方
”タフタ”

タフタとは、糸を縦と横、交互に交差させて作る織り方です。
こちらも数値が上がれば上がるほど密度は高くなり、1平方インチ内に糸が何本あるかを表しています。

“オックスフォード”
先ほどのタフタが1本なのに対して縦と横に糸を2本ずつ交互に交差させた織り方のことを指します。
タフタと比較して引き裂き強度や耐久性が向上しているため、どちらかというとフロア素材等摩擦を想定した部位使われることが多くなります。

・耐水圧も合わせてチェックしよう!

生地の特徴と合わせて知っておいてもらいたいのが耐水圧の項目です。
テントのスペック欄には必ずと言っていいほど耐水圧の表記が記載されています。実際キャンプでの急な雨にも耐えることができる耐水圧とはどういう数字でどの程度なら使えるのか、知らない方はこれを機にしっかりと覚えておきましょう。
日本の一般的なキャンプシーズンと言われる気候の場合、1,500mm~2,000mmの耐水圧が備わっているテントであれば雨漏りの心配もなく安心と言えるでしょう。

・まとめ

今回はテントに使用される生地の種類や特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
テントのスペックを決める上でとても重要なポイントになるので、生地ごとの特性をしっかりと把握し、
アウトドアでの使用に役立ててくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA