初心者から一歩先へ!ペグの種類と選び方

キャンプを始めたての最初の頃は購入したテントやタープに元から付属しているプラスチック製のペグやアルミ製の細くて短いペグを使う方が多いと思います。ちょっと頼りないけど一応付属しているし他のキャンプ道具も欲しいものが沢山ある時にペグにまで回せる予算がある方も少ないと思います。
しかし、キャンプに慣れてきて、アウトドアをもっと楽しみたくなってくると多少雨が降っていようが岩の多く地面の方い場所であろうが行きたくなってしまうもの。初心者の頃よりもハードな環境のキャンプ場にも対応できるよう、縁の下の力持ちであるペグもその場所にあったものに準備しておくことが大事です。

・基本的な知識

1.ペグとは
テントやタープを設営する時に使用するロープを、地面へと固定するための道具のことをさします。テントやタープを設営する上では欠かせない重要アイテムとなります。

2.状況に応じて使い分ける
キャンプ場の地面強度や土質に合わせて、数種類のペグを用意して使用するのが一般的です。ペグは主にテント購入時に付属していることがほとんどですが、材質があまりよく無いものがほとんどのため、より地面にあったペグを買い足した方がペグを長持ちさせることができ、何よりもテントやタープなどの倒壊を防ぎ安全を確保するための一番の方法となります。

3.ペグが抜けるのは非常に危険
ペグは抜けにくい物であることが絶対条件です。ペグがどれぐらい抜けにくいかは素材や形状・ペグ自体の長さによって変化します。ペグの耐久性や重量は素材によっても違います。軽いペグは取り扱いが比較的簡単に取り扱えますが、そのぶん重いペグに比べて抜けやすいです。形状や長さもペグの抵抗力に関係し、V字ペグなどの形状は抜けにくくなっています。

4.ペグの長さについて
ペグは長ければ長いほど抜けにくいですが、そのぶん重く大きくなりますしなにより設営時の手間が増加します。設営の手間を考えると、必要十分の長さがあればOKです。
一般的に15cm〜40cmほどが主によく使われています。テントの場合、風で飛ばされない程度でよいので15cm〜20cmあれば十分です。タープは、風の力に十分耐えられるようにテントよりも長い30cm以上の長さのものを使用するのが理想です。
地面の状態によっても抜けにくさが変わってくるので一概には言えませんが、基本的にはこれで大丈夫でしょう。

・ペグの種類

プラスチック
プラスチック製のペグは安価なのが特徴です。硬い地面での使用は基本的に厳しめですが、抵抗の多い形状が多いため柔らかい地面、特に砂浜での使用に最適です。むしろ砂浜以外で使われることはほとんどありません。砂浜でテントの設営をするなら持っておきたいペグです。注意点としてはプラスチックのため金属製のハンマーだとペグを壊す可能性があります。

スチール
スチールペグは主にテントとセットでついてくることが多いです。別途売られている製品は重く頑丈なのが特徴で、固い地面でも使用できるペグです。柔らかい地面でも使用できますが、砂地は抵抗が弱いためあまり向いているとは言えないでしょう。

V字ペグ
ペグの断面がV字の形状をしているため、抵抗に優れ他のものに比べて抜けにくいのが特徴です。材質は様々でアルミやスチールのものまであります。
その形状のため抵抗が強く柔らかい地面での使用に向いており、製品の素材によっては固い地面にも使うことのできるオールマイティーなペグと言えます。デメリットとしては抜いた後に溝の部分に土がつきやすいため手入れが必要な点がネックです。
Y字ペグやU字ペグなど似た形状のものがありますがが、だいたい同じ性能と考えてよいでしょう。

鍛造ペグ
現在販売されているペグの中でもっとも性能が良く他のペグを圧倒する頑丈さと重さのため、打ち込み中に石にぶつかったとしても砕いてしまうほどです。ほぼ全てのキャンプ場で威力を発揮するので迷った時はこれを選べば間違いなしです。他のものに比べて価格が高く、また重量もそれなりにあるのがデメリットです。

・豆知識

ペグを打つ角度
よくあるペグの打ち方としてロープに対して垂直に打つ方法と、地面に大して垂直に打つ方法がありますが、どちらもメリットデメリットがあるので注意しましょう。
物理的には地面に対して斜めに打ち込んだ方が抜けにくいはずですが、この考え方はペグがロープに引っ張られても土がまったく動かないことを前提としています。実際の地面ではペグが引っ張られると土が動いて隙間ができるため、地面が柔らかい場所では斜めに打ち込むと抜けやすくなってしまいます。
抵抗力を重視するのであればロープと垂直に、地面が柔らかそうな場所では地面に対して垂直に打ち込むなど場所によって角度を変えていく方がよいでしょう。

時には自然も利用しよう
キャンプ場にあるものをうまく活用することでペグが抜ける危険を防ぐことができたりもします。
・ペグの上からさらに重たい石を置くなどして抜けないようにする
・岩石やサイト付近の木にロープを結んでしまいペグの代わりとして活用する
天候が悪かったとしてもテントやタープが倒壊してしまわないようにする方法はたくさんあります。
ペグを使用した設営だけでなく、周りの木や石を使用して設営することができるということを覚えておきましょう。

・まとめ

ペグの選び方やおすすめのペグを今回は紹介いたしましたがいかがでしたか?
種類ごとの違いや各ペグに適した地面のコンディションなど、意外とみなさんが知らないペグのことをまとめられたと思います。
キャンプにも慣れてきて一通り道具も揃ったのであれば、次は新しいペグを検討してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA