オフシーズンにしておきたいテント・タープの正しい保管方法

全体的に決して安く揃えられるとは言えないキャンプ用品。せっかく高い金額を払って揃えたキャンプ道具は長く使いたいですよね。キャンプシーズン以外では保管していることがどうしても多くなってしまうため、適切なメンテナンス・保管方法を知っておかないと早期劣化の原因となります。正しい保管方法やメンテナンスの仕方などを適切に行い、キャンプ用品を大切に使っていきましょう!
今回はそんな保管方法やメンテナンスについてご紹介いたします。

・保管方法のポイント

1.撤収時にある程度汚れを落としてしまう
汚れはしっかり落としてしまわないと匂いやカビが発生する原因になってしまいます!
しかし、だからと言ってテントを水で目一杯洗ってしまうのはやめておきましょう!今のテントは大体の製品に防水処理がされています。汚れたからといってブラシ等でゴシゴシ洗うと水道水に含まれる塩素がテントに加工されちる防水機能を劣化させてしまいます。

どうしてもテントに洗剤を使用するのであれば防水生地用に販売されている洗剤を使いましょう。
中性洗剤を使ってしまうと洗剤がテントの汚れとともに撥水性も落とし、耐水性能が著しく低下します。使い終わったペグやテントの接合部分などの金属部品も拭くのも忘れずに!放ったままにしておくとサビの原因になりすぐに劣化してしまいます。
たとえ雨の日でなくても朝露もありますし、海辺のキャンプ場だと潮風で金属が劣化したりするので綺麗に見えていても一度拭いてから撤収しましょう。

2.撤収前・帰宅後にしっかりと干す!
テントは、使い終わった後は絶対に乾かしましょう。
土日休みでキャンプに行き日曜日に帰ることになるとすると、少しでも早く家に帰ってゆっくりしたいと思われる方が多いのではないでしょうか?
そういう時はとりあえず撤収作業をぱっぱと済ませて帰ろうとするので、テントが完全に乾いてないうちに収納してしまってそのまま次のシーズンまで置いておく。。。なんてことも経験したことがあるのではないでしょうか。夏はまだそれでもテントへのダメージは少ないですが、春先や秋口でのキャンプの場合だと夜露や結露などが原因でカビが発生しやすくなります。
テントをしっかり乾かさなければいけない理由は主に2つ

・テント内部の生地が劣化しやすくなり、カビも発生しやすくなる。
・テント外側に施されている防水性などの大事な機能が著しく低下してしまう。

など一番重要な役割を担う機能が低下してしまい、最悪の場合には使い物にならなくなってしまいます。
そうなってしまわないように使い終わった後は必ず日陰の場所で陰干しをしてテントについた水分を完全に乾かしてしまいましょう!

3.保管場所は高温多湿にならない場所で
数あるキャンプ用品の中でも、テントやタープは特に湿気に弱いため、保管方法を間違えるとカビ発生したり虫食いにあう可能性が高まります。風通しが良いガレージなどで保管できる方はそれがベストですが、そうでない方は自宅の押入れに乾燥剤と共に収納しても良いです。生地を傷める可能性があるため乾燥剤以外の防カビ剤などは使用しないように注意しましょう。
実は太陽からの紫外線もキャンプ用品の大敵!湿気だけではなく直射日光が当たらないかもチェックしましょう!

・オフシーズンこそしっかりしたメンテナンスを!

少しでも長くお気に入りのテントやタープを使い続けたいのであれば、オフシーズンであってもメンテナンスが必要になります。

自宅で行うメンテナンス方法としては、テントやタープは収納バッグから取り出し、ベランダなどの広い場所に広げます。窓や出入り口部分のジッパーも開けた状態で乾燥させられるいのがベストですが、狭いスペースだと大変ですし収納時に収拾がつかなくなってしまうので開けずに干しても大丈夫です。ただし、1時間を目安にひっくり返したりして中にこもった空気を入れ替えるようにします。
空気が入れ替わったら再び収納袋に入れますが、その時に乾燥材を直接記事に触れないよう何かに包んで入れましょう。

ポールなどの金属も、オフシーズン中にジョイント部分などにサビ止めや潤滑スプレーを吹いておけば次のシーズンも安心して使用できます。
テントやタープの傷、穴を見つけた場合は補修用のテープやフィルムを貼っておけば大丈夫です。各メーカーごとに専用キットが販売されていますので、先に入手しておくと見つけた時にすぐに対応できますよ。

そして、アウトドア用品を長期間保管するスペースの湿気対策も大切です。
陰干しを行ってせっかく湿気をケアしたとしても、保管してるうちに再び湿気が入ってしまう可能性だってあるからです。
押し入れ、物置など、各ご家庭で保管できる場所は様々だと思いますが、密閉される空間に保管するときは、押し入れやタンス用の除湿剤を入れておくと安心です。

・まとめ

せっかく購入したテントやタープなどのアウトドア用品はできるだけ長く使用したいですよね。
長持ちさせるのに大切なことは、いかにしてテントやタープの生地から水分を取り除くことができるか。これをうまくできてさえ入れば丈夫で長持ちしてくれるアイテムになります。
しっかりとしたメンテナンス・保管方法を確認して楽しいアウトドアライフを過ごしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA