初心者でもわかるアウトドアワゴンの使い方

キャンプをする際にどうしても大量の荷物を持って行くことになります。
そんな時に便利なのが大量の荷物を一気に運ぶことができるアウトドアワゴン。様々なメーカーから販売されていて、中にはおしゃれな形をしたものもたくさんあります。製品によってどれぐらい積めるかといった容量であったり、車に積む際の収納のしやすさなどを確認してご自分に合うものを選びましょう。
今回はアウトドアワゴンの使い方についてまとめてみました。

・アウトドアワゴンの選び方

サイズと容量
アウトドアワゴンの一般的な容量はだいたい80~130Lぐらいのものが多いです。
少人数で荷物もそんなに多くならないのであれば80kgあたりのものを、大人数でキャンプに行く予定がありバーベキューコンロや大きなテーブルを使用する方などは100kg以上のものを選ぶのがオススメです。

耐荷重(積載可能容量)
耐荷重とは荷物を乗せることができる重さの容量のことです。
現在販売されているものは、二輪タイプのものも合わせると60~120kgですので普通に使うぶんには十分です。キャンプなどで重いものを多く運んだり、クーラーボックスをいくつも持ち運ぶ予定の方達は100kg以上のものを選ぶことをオススメします。

駆動タイプで選ぶ
アウトドアワゴンの他にキャリータイプのものがあり、二輪タイプと四輪タイプのものがあります。
二輪タイプの特徴は、本体が軽量なものが多いぶん、積載できる量が少ないものが多いです。取り回しもしにくいため少量の荷物しか持っていかない場合にオススメのタイプになります。
四輪のワゴンタイプは、タイヤが太く悪路の場所であっても問題なく使用できるものが多く、砂利道や山道であっても気にせず運搬できるところが特徴です。ただ、本体重量が重たく収納スペースもある程度必要となりますので車のスペースに余裕がある方にオススメです。

現在だと各メーカーから様々なタイプの製品が販売されていますので、利用する環境に合わせてご自分の好みのものを選んでください。

・フェスや野外イベントでの使用

キャンプで使用する方が多いアウトドアワゴンですが、キャンプだけに限らずさまざまな行事やイベントでもユアクに立ってくれる優れものです。お子様がもしスポーツをされているのであればチームの練習で使う用具を入れて運んだり、使わない時には道具入れとしても使えるので荷物置き場としても使うことができます。
野外フェスなどの広い会場を移動する時なども人数分の荷物を入れて運搬したり、おインがくイベントを行うのであればスピーカーやアンプなどの重たく運びにくい音響機材もワゴンに乗せてしまえば楽に運ぶことができます。
このように、キャンプでの使用だけでなく様々なイベントの際に使用することができるので自宅に一つ持っておけば重宝すること間違いなしです。

・ワゴンの上に天板を引いてテーブルに

たくさんのキャンプ道具を一気に運べるアイテムとして紹介してきましたが、野外フェスや車の乗り入れ不可のキャンプ場で道具を運搬したり、自分では運べない大きなものの購入時に大活躍しますが、その後は車にしまったり、キャンプサイトに放置して荷物置き場に、なんて人も多いかと思います。
しかし、そんなアウトドア用キャリーワゴンに自作で製作した”天板”をプラスして、”テーブル化”テーブルとして使用してしまうアイデアに注目が集まっています!これなら道具を運ぶ+リビングテーブルやキッチンテーブルとしても使え、荷物もへって大助かりです。
購入したもののキャンプでもっと活用してみたい。と思われている方はこの機会に自作のテーブルをDIYしてみてはどうでしょうか?

・まとめ

キャンプやイベントなどに荷物を乗せて運ぶのにも便利で重宝するキャリーワゴンですが、ご自身の使い方次第で用途は広がります。特にお子様がいて運ぶ荷物も多くなりがちなファミリーキャンパーの方にはおすすめの製品です!ご自分の想定している使い方、好みにあったアウトドアワゴンを見つけてもっと便利にアウトドアをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA