初めての方でもわかるクーラーボックスの種類や特徴について

キャンプだけでなくBBQや野外イベントなどで大活躍してくれるクーラーボックス。ですが初めて買う時はどのような種類があって何を買えばいいのか分からなくなってしまいますよね。色々な疑問を解決する為には、事前にわかっていただけるようにクーラーボックスの構造やタイプ別の保温力の違いなどをまとめましたので参考にしてみてください。

・クーラーボックスの種類・断熱材の種類について

クーラーの種類

・ハードタイプ
一般的にイメージされるクーラーボックスと言えばおそらくこのタイプをイメージされる方が多いでしょう。ソフトタイプに比べて断熱材が厚いのが特徴で、冷気が一番逃げやすい蓋部分をしっかり閉めれるため密閉性に優れており、そのため保冷力に関してはソフトタイプよりも上がります。
真夏のBBQやキャンプなど、食材などを腐らせないようにしっかり冷やしておきたい時にぴったりのアイテムです。

ただし、折りたたんだりして収納することができないため収納性には欠点があり、保管や移動時には収納場所を考える必要があり注意が必要です。

・ソフトタイプ
手軽に使えて軽いため持ち運びに便利なソフトな素材で作られたクーラーボックスです。柔らかい素材を使っているため折りたためるアイテムも多く、使わないときは収納スペースをあまり気にしないで良いのが最大の特徴です。
ハードタイプと断熱材の効果に差がないものもありますが、ジッパータイプのものが多く密閉性は劣るため冷気が逃げやすく、保冷力も低めなのが欠点です。

ただ、それを差し引いても使い勝手が良いのでアウトドアでの使用はもちろん、アウトドア以外のちょっとしたシーンでも活躍すしてくれるアイテムです。使い方として、メインクーラーというよりもサブに使う使い方が一般的です。

断熱材の種類

・発泡スチロール
ホームセンターなどで販売されており、もっとも手軽に購入できる断熱材です。値段が安い分保冷力はやはり低くなってしまいますが、保冷剤をしっかりと準備しておけば十分に保冷でき、素材自体の厚みが増せば保冷性も高くなります。壊れやすくても良いいからあまりクーラーボックスに予算をかけたくない方にはオススメ。
蓋部分がしっかりと密閉できないため外気が入ってきやすいのが一番の欠点です。

・発泡ウレタン
安定して保冷力を持続させてくれる為、アウトドア用として販売されている多くのクーラーボックスに使用されている断熱材になります。ボックス内の隅々まで断熱材を入れることができる素材なので発泡スチロールに比べて保冷力がアップします。
厚みが増すほどに保冷性が高く、中には真空断熱パネルと同じぐらいの断熱効果があるものも存在します。しかし、重さも価格も上がることになるので注意が必要です。

・真空断熱パネル
今回紹介した3つの中で一番高い保冷力を備えた断熱材になります。パネル内部を真空状態にさせ熱伝導率が格段に低くすることにより、外部の熱を中に伝えにくい構造になっています。クーラーボックス自体をスリムにすることができ、なおかつ保冷力にも優れているのが特徴です。
しかしその特殊な構造のため販売されている金額もかなりの値段になります。さらにどこか一部でもパネルが壊れてしまうとそこから空気が入り、全く保冷されなくなってしまうので取り扱いにも注意が必要です。

・必要な容量の目安

では実際キャンプでの使用にはどれぐらいの容量を持って行くと安心なのか、以下に容量のだいたいの目安をまとめましたので参考にしてみてください。
15リットル:2Lペットボトルが4本・500mlペットボトルなら15本ぐらいの容量
30リットル:2Lペットボトルが6本・500mlペットボトルなら24本ぐらいの容量
50リットル:2Lペットボトルが16本・500mlペットボトルなら34本ぐらいの容量

ただしこの目安はペットボトルのみを入れた場合なので、実際に入れるであろう食材や保冷剤、飲料などを入れる場合はもう少し広く使えたりするはずです。一般的に言われているのはは4人家族で1泊2日の場合であれば50Lサイズを、2人の場合であれば1泊2日で30L位あれば何も問題なく使えると思います。
あくまでも目安になりますので、持って行くものの少し容量の大きいものを購入すれば容量が足りなくなることは少ないでしょう。

・保冷日数とは?

各ブランドから出されているクーラーボックスには保冷日数が2日や5日と表記されているものがありますが、実際にキャンプやアウトドアで使用するとなるとはそこまで持たないことがほとんどです。
保冷日数の表記は”温度20℃前後の室内でクーラー内に入れた氷が完全に溶けずに残っている時間”の事を指します。
(各メーカーによって判断する定義は厳密にいうと異なりますが。)
またその間は開け閉めなんてほとんどしない状態で置いておくわけですから、実際の使用状況とは大きく異なります。
一般的な使用方法だと50~60%の保冷能力であると考えてよいでしょう。

・まとめ

いかがでしたか?
各メーカーからのハード・ソフトの両方が豊富に販売されていますので
ご自分の好みや使用環境に合わせて最適なクーラーボックスを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA