初めてでもわかるキャンプ用マットの効果と選び方

キャンプ用マットはキャンプでの快適な睡眠を得るためには欠かせない、シュラフと同じくらい大切なキャンプ用アイテムです。素材も様々なものがあり、ホームセンターなどでよく見る銀マットや、ウレタン・エアー素材などの保温力があり断熱もしっかりと行ってくれるものもあります。しかし、何もわからずクオリティの低い商品を選んでしまうと、キャンプ場でいざ使用したときに地面の凹凸が気になってしまい眠れない。地面からの冷え込みがきつく、寒くて眠れなかったなんてことにもなりかねません。
そうならないように購入する前にマットを使用することによりどんな効果があるのか、また自分にあうマットはどんなものかをしっかりと理解しましょう。

・キャンプマットを使用した時の効果

キャンプでの睡眠を取る際、夏は暑さ・冬は寒さをいかにしのいで快適に眠り次の日へ疲れを残さないかが最大の課題となります。どうしてもその課題をクリアするには性能の良いシュラフと考えてしまいますが、実は同じくらいその役割を担ってくれるのがキャンプマットなのです。

マットが果たす役割
・地面との接触を避け快適な寝心地を得られる
重要なひとつめの効果は、シュラフだけでは得ることができない快適な寝心地を確保してくれること。テント内であってもキャンプ場によっては地面の凸凹が出ている場合があります。その凸凹をマットを使うことにより体と接触しないようにしてくれる、キャンプの夜の強い味方です!キャンプでの睡眠はシュラフがあれば大丈夫と思われている方は要注意。マットなしで寝てしまうとゴツゴツした石などが体にあたり背中を痛めるだけでなく、そこからの冷気によってシュラフに備わっている本来の保温力が発揮されない場合もあるので気をつけなければ行けないポイントです。
夏の場合はまだ寝心地さえ我慢できるのであれば大丈夫ですが、冬のキャンプでは危険なことになりうる可能性もありますので必ずキャンプマットは準備しておきましょう。

・断熱効果で地面からの冷気・熱気をシャットアウトする
テントでの睡眠の際に寝心地と同じくらい重要な役割が”断熱性能”です。冬場のキャンプでは床からの冷気を遮断することによりテント内を暖かくしてくれますし、夏場であれば逆に地面の熱で寝苦しくて眠れないなんていうことのないよう、断熱効果のあるマットを敷きましょう。
このマットの断熱性能を表す指標が「R値(熱抵抗値)」。その素材がどれだけ熱を透過させにくいかを表す数値で、 R値が大きいほど熱が逃げづらく、断熱材として優秀ということになります。マットを選ぶ際は是非参考にしましょう!

・自分の好みにあったマットを選ぶ

マットは3種類あり、収納面の違いやマット自体の硬さなどが違います。
販売されているのは主に3種類にあり、それぞれ特徴が違ってきますのでご自分の好みにあったマットを選ぶようにしましょう。
それぞれのマットのメリット・デメリットを簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

ウレタンマット
・メリット
地面からの冷気や熱気を遮断してくれる素材のためテント内が快適になる。
軽量で丈夫であり、空気を入れるなどの手間が要らない。
銀マットであれば他のマットに比べてかなり安く購入できる。

・デメリット
エアーマットやインフレータブルマットはエアーに比べて収納性が劣る。
素材の特性上硬いため、寝心地は他のものの方が断然優れている。

エアーマット
・メリット
キャンプマット類の中で一番高さが出るため快適である。
他のマットと比べてマットに厚みがあるため地面の硬さに関係なく眠れる。
各メーカーより販売されているが、マット自体は安価なものが多い。

・デメリット
気をつけて扱わなければ生地が破れてしまい空気漏れが発生する。
手動で膨らませることが厳しく、別でポンプを買わなければならない。
生地の特性上商品自体が重くなってしまう。

インフレータブルマット
・メリット

広げてからバルブを開くだけで空気が入るため設置が楽
収納サイズを小さくすることができかさばらない
厚みにもよるが寝心地が良い。

・デメリット
あまり薄いものを選んでしまうと寝心地が悪くなってしまう。
主に一人用で販売されているため、人数分揃える必要がある。

・まとめ

キャンプで快適な睡眠を得るためには、シュラフと同じぐらいマットも大切になってきます。
行かれる場所の環境や、ご自分の好みなどに合わせて適切なマットを選びキャンプ場での快適な寝心地を実現させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA