キャンプを快適にしてくれるキャンプ用マット・枕とは

キャンプを始める際に必ず持っておいた方が良いアイテムがキャンピングマットです。普段と違う環境でも快適な睡眠を確保するためには欠かすことのできないキャンプギアの一つです。特にマットの恩恵を感じることができるのは寒くなってくる季節、地面からの冷気を遮断してくれ、テント内を暖かくしてくれるキャンプマットは必須ギア。今回はそんなキャンプマットについて説明をさせていただきます。

・キャンプマットとは

テントマットとシュラフマットの違い
キャンプ用マットと言われるものには大きく分けると2種類あり、テント内の床全体に敷くマットのことをテントマット、反対に一人分で、シュラフの下に敷くもののことをシュラフマットと分けられています。キャンプ内に敷くマットの順番として、
”インナーシート→テントマットもしくはシュラフマット→使用する寝袋”
というようになり、テントマットやシュラフマットは例えるならベッドの役割を果たします。
シュラフがどれだけ保温力、快適性が高い性能のものであっても、テント下のコンディションが悪ければ快適な睡眠を得ることが難しくなります。自宅で就寝する時も敷布団の下にマットレスを敷いたり、もしくはベッドを使用したりしますよね。アウトドアにおける理想もそれと同じで、快適な睡眠を得るにはシュラフとマットはセットであるべきと考え、それぞれの効果を発揮できる組み合わせを選ぶことが重要です。

ただ、初めてマットを購入する時は、テントマットではなくシュラフマットで十分でしょう。理由として、テントマットを選んでしまうと同じサイズのテントでなければ使えません。しかしシュラフマットであれば人数分用意することさえできればテントサイズはあまり関係ありません。初心者の場合テントを買い換える可能性が高いでしょうから、そのたびにそれに合うテントマットを買うよりも、初めはシュラフマットを選んでおくほうが予算的にも余裕が持てます。また、シュラフマットであれば急な来客時の簡易ベッドとしても利用でき、もしもの災害時の利用などキャンプ以外でのシーンでも取り回しが効き安く使わない時期の収納もコンパクトです。そういった点から、初めて購入する時はシュラフマットを買うのをおすすめします。

・キャンプマットの種類と特徴

キャンプ用マットには大きく分けて”発泡式マット”と”エア注入式マット”の2種類がありますので、ご自分の好みや使用する環境、などを想定して優先するべきポイントを考慮して選びましょう。

キャンプ用マットの種類
銀マット
ごく一般的にキャンプで使われているのがベーシックな銀マットでしょう。たたんだり丸めたりと比較的収納も簡単で、軽いものが多く持ち運びも楽になります。寒くない時期の日本国内のキャンプ場であれば問題ないでしょう。
ただ断熱効果にはそこまで期待できないので、寒暖のさが激しい高地のキャンプ場では使用しない方が良いでしょう。

ウレタンマット
登山時や冬場など、過酷な気候条件下のキャンプをする予定があるかたにオススメなのが、合成樹脂などの素材でできた断熱性が高い・高性能のウレタンマットです。マットが丈夫な分、収納時は他のものに比べるとかさばってしまいますが、見た目の割に重量が軽いものもあり、穴が開いたりすることが少なく気軽に地面に敷ける利便性と、何より高い断熱力が魅力です。
素材の特性上、寝心地は硬めになってきますので普段から柔らかめが好きなかたには相性が悪い可能性があります。

エアマット
ポンプやエアを注入機器を使用して膨らませるタイプ。ウレタンや発泡性マットに比べてかなりの浮遊感があるので、寝心地を重視したいかたにオススメのマットです。空気を入れていない状態だと畳むことができ場所もとりませんので収納も楽になります。、
空気を入れたり抜いたりするのに時間がかかるのと、どこかに穴が開いてしまった瞬間に使い物にならなくなってしまうところがデメリットになってしまいます。

インフレーターマット
寝心地は重視したいけれど、エアマットは空気の注入が面倒。。。という方におすすめなのがインフレーターマット。中にスポンジが入っており週の袋から出して広げてしまえば半自動で膨んでくれるため、エアマットより手間がかからないため利便性は上です。
収納性・寝心地・耐久性どれも十分なレベルで、銀マットとエアマットの良いとこ取りのようなマットです。
設置は楽ですが空気を抜くのがデメリットといえばデメリットになってしまいます。

・キャンプ用枕について

キャンプ用の枕では軽さ・持ち運びやすさに加えて、快適性も重要になってくるかと思います。持って行く荷物に余裕があれば普段使用している枕を持って行けば大丈夫でしょうが、いざという時のためにコンパクトに収納できるアウトドア用の枕も用意しておきましょう。
アウトドア用で販売されているものには主に自動膨張式のインフレータブルタイプ・浮き輪のように息を吹き込んで膨らまして行くタイプ・小さく畳める収納性の高いタイプ・タオルを詰めて高さ調節できるタイプなどがあり、好みにあったものが見つかると思いますのでぜひお気に入りの枕を見つけてください。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?
快適な睡眠を得るためにはマットと寝袋はセットで使用するようにしましょう。
キャンプを十分に楽しめるような環境を整えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA