初心者が気をつけたいシュラフを使用する上での注意点

キャンプといえばテントやタープというイメージですが、実はしっかりと選んで購入するべきなのがシュラフです。シュラフはテントでの快適な睡眠をサポートするアイテムですが、キャンプに行く場所の気温や条件によって選ぶべきものが変わってきます。自分の目的にあったシュラフを選ばないと、快適な睡眠ができずに次の日が十分に楽しめない、ということにならないようにしましょう!

・寝袋の形による特徴を把握しておく。

寝袋の形には大きく分けて”封筒型”と”マミー型”の2つの形があります。封筒型は一般的な自宅で使われるふとんに近い長方形の形ですが、マミー型はその名のとおり人が入るとミイラみたいな形になります。単純に形だけの違いだけでなく、中綿の素材や用途などが違ってきます。そこで、封筒型とマミー型の特徴を見てみましょう。

封筒型の特徴
・いいところ
普段使用する布団に近い形状
人が入ってもスペースがあり、寝ているときの圧迫感が少ない
各メーカーより販売されているが、価格が安いものが多い
寝袋同士を連結できるのでファミリーキャンプなど家族単位で使うには便利
・よくないところ
化学繊維が使われているものが多く、重量が重い
収納時に大きく持ち運びにくい
中にスペースが生まれるため、寒冷地での使用は向かない

夏など、寒くならい時期にキャンプをされる方や、ファミリーキャンプをお考えの方にオススメです。また、主な移動手段は車で自力で持ち運ぶことが少な伊方なんかにもオススメです。

マミー型の特徴
・いいところ

ダウン素材を使われていることが多く、コンパクトに収納できる
重さが軽いため、ツーリングや登山などの場合にオススメ
体にぴったりくっつくため、保温力が高く寒冷地での使用に向いている

・よくないところ
密着度が高いため、窮屈に感じることがある。
一人用のものが多く、ファミリーやンプなどの使用には不向き

登山やツーリングなど、積載量が限られていたりオールシーズンでキャンプを行う方や、リュックに入れて持ち運ぶことが多いく少しでも荷物を軽くしたい方などにオススメです。

・各社製品の保温力の違いを知っておく。

現在販売されている寝袋には保温力が表記されているものが多いですが、各社保温力の計算に違いがあるため注意が必要です。
例:快適使用温度5℃、最低使用温度0℃ (メーカー独自の基準の場合が多い)

保温力の測定は、メーカー独自の基準を使って行われているケースが多いですが、多くのメーカーが決める保温力は製品がベストのコンディションの状態で測定されたものであり、実際はそれよりも多少は劣ると考えて置いた方が良いでしょう。さらに、体感温度には個人差があり、体格の良い男性は暖かく感じやすく、女性や年配の方は寒く感じやすいので注意が必要です。また十分な保温力のものを購入したとしても利用者が寝袋を使い慣れていない場合、十分な保温力を引き出せない場合があります。
メーカーの測定の違いはありますが、寝袋のパフォーマンスはメーカーが表記しているものよりも少し劣るぐらいで考えておくと大丈夫。初めて購入する際などは、店員の方から情報をもらい自分にあったものを判断しましょう。

また、ご自分が他の方に比べて寒がり・冷え性であるという自覚のある方は、暖かめの寝袋を用意した方がオススメです。

・自分の体にあったシュラフを選ぶ。

寝袋を使用する上で重要になってくるポイントは、やはり何と言っても快適であること。何回も言いますがたくさん遊んで疲れた後に十分に眠れないと、どうしても次の日が辛くなってしまいますよね。1泊しかしないキャンプなのであればなんとか我慢してすごせるかもしれませんが、長期間に渡ってキャンプを行うのであれば重視したいポイントです。
使用する環境に合わせた上で、広々と寝られるシュラフなのか、体にぴったりとフィットし安心して寝られるシュラフなのか、ご自分の好みに合わせて快適な夜を過ごせるものを選んでください。

すでにシュラフをお持ちの方であっても季節に応じてアイテムを付け加えるだけで自分だけの快適な空間を作ってみてください。例えばシュラフと合わせてキャンプマットを加えるだけでも得られる快適さは全然違ってきますよ!

・車中泊や急な来客用の備えとしてもおすすめ

車中泊の場合
車でお出かけすることが多い方の中には、夜のうちに目的地の近くまで行っておき車内でそのまま一晩過ごす”車中泊”を経験されたこともあると思います。
そのままの状態だと硬く、お世辞にも寝心地が良いとは言い難いですよね。後部座席をフルフラットにできる車種もあります。そんな時にシュラフがあると車中泊であっても快適に過ごせるかと思います。普段はコンパクトに収納できるので車中泊をしない場合であっても邪魔にならずオススメです。注意して欲しいのはくれぐれもエンジンをかけっぱなしにしないようにしてください。

急な来客用としてもオススメ
普段使わない布団というのは、ご家庭の押入れでの収納において厄介なもので、いつくるのかもわからない急な来客に備えて、寝具をいくつも用意しておくというのも大変ですし、ケアするのも面倒になります。そんな時は使わないときにコンパクトに収納しておける寝袋がオススメです。
封筒型の寝袋の場合は掛け布団としても使えるのでキャンプ用のマットと合わせて持っておけば、突然の来客があっても慌てずにすむので便利です。家庭用の布団と比べても収納をコンパクトにできるため邪魔にならないので便利です。

・まとめ

シュラフは種類がたくさんあり、初めて購入するときは何もわからず迷ってしまいます。基本的にはご自分の使う環境を想定し、もっとも使用する時期に合わせて選ぶほうがいいでしょう。あとは、ご自分の身長や体格にあったサイズを選び快適な空間を作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA