初めてでもわかるシュラフ(寝袋)の使用方法

アウトドアでの快適な眠りを作るのに欠かせないのがシュラフ(寝袋)。
キャンプで沢山楽しんだ後の疲れを癒すための、布団の役割を果たします。
様々な種類の中から自分に合った型はもちろん、目的地の気温を事前にチェックして、対応するシュラフを選びましょう。

・寝袋とマットはセットで使う。

キャンプの夜では、冬は寒さをいかにシャットアウトするか・夏は暑さを凌いでいかに快適に眠るかが最大の課題となりますが、それを左右するのはまずシュラフ!と思いがちですが、実は同じくらい重要なのがテントに中に敷くマット。
テントマットの役割とどういったものがあるのか、ポイントをまとめてみました。

・ポイント

1.快適な寝心地を確保できる
キャンプ場の地面の状況によっては、マットなしで過ごすとゴツゴツして背中を痛めるだけでなく、シュラフ本来の保温力も地面の冷たさが伝わることにより発揮されない可能性もあります。

2.断熱効果が得られる
寝心地と同じくらいマットの重要な役割が”断熱”。冬場であれば床からの冷気を遮断することで暖かくなりやすく、夏場は逆に地面の熱で暑く寝苦しくて眠れないなんていうことのないよう、断熱効果のあるマットを敷きましょう。
このマットの断熱性能を表す指標があります。その素材を使用するとどれだけ熱を伝わりにくいかを表す数値で、その断熱性能が大きいほど熱が逃げづらく、断熱材として優秀ということになります。

テントで寝袋を使用する場合も、布団を持ち込んで使用する場合でも断熱性能を持ったマットと組み合わせて快適な睡眠を作りましょう。

・シュラフのたたみ方

寝袋にはちゃんとした収納方法があります。特に化学繊維が使用されているタイプの寝袋は、無理やり収納する袋の中へしまおうとしても入らないこともあります。ここでは、わかりやすいように寝袋に使用されている主なタイプ、化学繊維とダウンの寝袋の基本的なたたみ方を紹介します。

化学繊維の寝袋のたたみ方
1.頭部分を足元部分に向けて半分になるように2つ折りにします。
2.寝袋の中に入った空気を抜きながら筒状になるように丸めていきます。
3.最後まで丸め終わったら上から体重を乗せて、乗っている空気を抜き更にコンパクトにします。
4.丸め終わった寝袋を付属されているベルトで締めます。
5.付属の収納袋に収納していきます。
(このときに収納ケースを回転させながら押し込んでいくと、普通に入れるよりもスムーズに収納できます。)
6.寝袋がきっちりと収納袋に収まったら完了です。

ダウンのたたみ方
1.化学繊維とは違い足元の方から巻きつけていく
2.内部にまだ空気が残っている場合は抜きすぎに注意して抜いていく。
3.コンパクトになったら収納袋に収める。

化学繊維の寝袋をたたむときは、しっかり丸ず適当に直してしまうと、繊維が切れてしまい次回使用するときにしっかりと膨らんでくれないこともあります。ダウンの寝袋は、化学繊維の寝袋のようにきっちりとたたんでしまうと、中のダウンが偏ってしまうので注意しましょう。

・保管方法

キャンプに行かないシーズンオフなどは、寝袋を自宅の押入れで長期間保管していることになると思います。次のシーズンに使用するまで猟奇に渡って保管するときの注意点について説明します。

◆中綿が化学繊維の場合
まず、汚れを取り除くために洗濯してしっかり乾燥させた後に、収納袋にいれて押入れにいれ保管する。以上です。とっても簡単ですがポイントはキャンプで使用した時の汚れを取ることです。汗や油などが付着している状態で長期間保管するとカビの原因となります。そうならないために保管する前は洗濯して綺麗にしましょう!
あと、注意点があります。収納袋が小さい場合など、収納袋から出して保管するようにしましょう。小さな収納袋に長期間寝袋を詰め込んでいると、中綿の膨らむ力が低下してしまい、保温力が低下してしまいます。収納するのに一苦労するような場合は、逆に収納袋を使わず保管した方が保温力の低下を防げます。

◆中綿がダウンの場合
中綿がダウンの場合は化繊と違い少し気を使います。
保管の前に洗濯などをして寝袋を綺麗にし、必ず完全に乾ききっていることを確認しましょう。ダウンは水に弱く湿ったままの状態は劣化の原因になります。また、付属の収納袋よりも大きく通気性のある袋にいれて保管しましょう。大きな袋で長期間保管することにより、ダウンが膨らむ力の低下を防具ことができます。
注意点としては。収納する場所が湿気でこもりやすい場合は、通気性のないゴミ袋の中に乾燥剤と一緒に入れて保管するようにしましょう。その方法で保管すると、ダウンが湿りにくくドライな状態で保管できるので、カビなどの劣化を防げます。

・まとめ

寝袋選びは初めてではとても難しいですよね。睡眠はとても大事ですし、次の日も朝から元気にキャンプを楽しめるように寝袋はお金を掛けても自分にあったものを見つけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA