初めてでもわかるアウトドアチェアの種類と特徴

キャンプでのリラックスタイムで非常に重要な役割を担うアウトドアチェア。ゆったり座れるチェアーからコンパクトチェアまで様々な種類があります。キャンプを快適に過ごすためにできるだけリラックスできるイスはほしいけれどどんな種類があるのかわからない。そんな悩みを持つ方に向けて、今回はアウトドアチェアの種類や特徴についてまとめてみました。

・チェアの種類と特徴

キャンプチェアはアウトドア製品全般の中でも特にいろんな種類が出ており、初めて購入する際に戸惑うことも多いかと思います。
主に目にすることのあるタイプをまとめてみましたのでご紹介します。

・ローチェア
近年流行になり、もはやキャンプの定番になってきたローチェア。
座面が低く地面が近いことにより、空間を広く取ることができ開放感のあるのが特徴です。
テーブルや収納アイテムもロースタイルにし、ローチェアと組み合わせるロースタイルキャンプが主流になって来ていると思います。
基本的にコンパクトに収納できるものが多く、折りたたみ式などに比べ座り心地が劣るデメリットもあります。

・ダイニングチェア
キャンプ場の定番でもあるダイニングチェア。
座面を高く取ることができ、通常の椅子と変わらない姿勢で座る事ができるタイプで、肘掛けもありのでリラックスのしやすさと安定感は抜群。収納方法が折りたたみ式と収束式であることが多く、座り心地のいいものが多いので、初めてアウトドアチェアを購入する方にオススメのタイプです。
ただ、折りたたみ式はスペースを取りかさばりやすいので荷物を多く持っていく場合などは注意が必要です。

・スツールタイプ
今回紹介するチェアの中で、もっとも軽量でコンパクトに収納できるタイプとなります。
またその収納性の高さからキャンプでの使用だけでなく登山や、釣りや運動会など、いろいろな場面に使用することができます。また、コンパクトですが意外と座り心地もよく足掛けとしても使えますので二つ目以降のチェアとしてオススメです
車に積んでおいても邪魔にならないので常に積んでおくのもいいかもしれません。

・ベンチタイプ
ファミリーでの使用や、大人数のキャンプにはとても活躍してくれるのがベンチタイプ。
複数人で使用できるため荷物を少なくできるので省スペースにもなり座り心地もいいのでベンチの上で寝転んでリラックスすることも可能です。またチェアとして使用しない場合は物置スペースとしても使えるのでキャンプサイト内をスッキリさせることもできますよ。

・チェアに使われる素材と特徴

アルミ(フレーム)
軽くて丈夫なので、持ち運びに便利です。汚れにも強くサビの心配も少ないですが、スチールよりも値段が高く高価格帯のチェアに使われてい流ことが多いです。

スチール(フレーム)
強度が高いので、頑丈なのが特徴の素材です。しかし、キズが着いてしまい放置しているとそこからサビが出てしまったり、頑丈な分チェアの重量が重くなってしまうデメリットもあります。
錆防止のために表面処理に耐食性に優れたコーティングを施しているものが多く出ています。
手頃な価格のチェアに使用されていることが多いです。

ポリエステル(シート)
性質はナイロンとほぼ同様ですが、耐摩耗性に優れ伸びが少ないのが特徴です。
その特徴から、チェアやコットなど、体をしっかりと支えることができ耐久力の求められるアイテムに多く使われます。ほかの化学繊維と比べて、速乾性があるという点もアウトドアで使用することの多いチェアに適しています。

・ハイスタイルとロースタイルについて

そもそもスタイルとはなに?という方に説明すると、現在キャンプではロースタイル、ハイスタイル2つのスタイルがあります。
簡単にいうとキャンプ用品の高さを全体的に低くするか高くするのかで変わってくるだけです。
どちらにもいい点と悪い点がありますのでそちらを説明します。

ロースタイルの良い点・悪い点
・良い点
全体的に荷物がコンパクトになる。
道具がコンパクトのため、撤収作業も早く終わらせることができる。
全体的に低くすることにより子供でも座りやすく、食事を取りやすい。
座高が低いため、地面と近くぬくもりを感じやすい。
・悪い点
座高が低いことにより大人の方が食事がしづらい。
キッチン周りも低くしてしまうと調理がしづらい。
座高が低いため頻繁に立ち座りがしにくい・

ハイスタイルの良い点と悪い点
・良い点
普段の生活と同じ高さのため食事がしやすい
座り心地のいいチェアを選ぶことができる。
ロースタイルに比べて腰が痛くならない
・悪い点
全体的に荷物が大きくなり、その分重くもなる。
キャンプサイト内に車を止めれない場合、持ち運びが大変
子供にとっては過ごしにくい。

・まとめ

チェアの種類と特徴についてご理解いただけましたでしょうか?
またハイスタイルとロースタイル、区別されているからといって必ずそうすべきということではありません。あくまでも目安として考え、自由なアウトドアライフを満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA