初めてのアウトドアチェアを選ぶ時のポイント

キャンプに行った時に使用するチェアの選び方についてまとめてみました。
キャンプチェアはアウトドアだけでなく使い方次第で色々なシーンで利用することができます。
せっかく購入するのであれば、事前に情報をチェックしておきましょう。
そこで、チェアの選び方のポイントや購入前に確認しておけば間違いない項目などをご説明します。

・チェアのタイプで選ぶ

キャンプの時に使用するチェアの選び方としては大きく分けて、ロースタイルかハイスタイルかによって変わります。最近、人気がありもはや定番と化しているのが、座る位置を低く設定したロースタイル。より地面に近くタープ内を広く使え自然の風景を楽しむことができるのが特徴。
反対に、ハイスタイルは腰を下ろす高さが普段の生活と同じぐらに設定されている高さのことを言います。普段と同じということで使いやすく、座り心地のいいモデルが多いためゆっくり落ち着いて過ごすにはぴったりのスタイルです。

ロータイプの良い点・悪い点
・良い点
全体的に荷物がコンパクトになる。
道具がコンパクトのため、撤収作業も早く終わらせることができる。
全体的に低くすることにより子供でも座りやすく、食事を取りやすい。
座高が低いため、地面と近くぬくもりを感じやすい。
・悪い点
座高が低いことにより大人の方が食事がしづらい。
キッチン周りも低くしてしまうと調理がしづらい。
座高が低いため頻繁に立ち座りがしにくい・

ハイタイプの良い点と悪い点
・良い点
普段の生活と同じ高さのため食事がしやすい
座り心地のいいチェアを選ぶことができる。
ロースタイルに比べて腰が痛くならない
・悪い点
全体的に荷物が大きくなり、その分重くもなる。
キャンプサイト内に車を止めれない場合、持ち運びが大変
子供にとっては過ごしにくい。

・2人用チェアについて

キャンプを行う人数によっては一人用のチェアだけでは足りなくなってくる場面もあるかと思います。もしそうなってもいいように何かと便利な2人掛けのチェアも選択肢の1つとして持っておきましょう。

2人掛けチェアの良いところ
・チェア2脚持っていくよりも収納サイズが小さい
・子供と一緒に座ることができ安心感が高くくつろぎやすい
・2人掛けがあるだけで、見た目が少しオシャレになる。
・使わないときは荷物置き場としても使用することができる

せっかく2人掛けを用意したもののあまり使わない時に、荷物の置き場としても使えるというメリットは大きいと思います。
もし余裕があるのであれ2人掛けも持っていってみてはどうでしょう。

・軽量さや持ち運びのしやすさ

キャンプを行う場合、チェア以外にもテントやタープ、クッカーや食器類などかなりの荷物をもっていくことになりますがキャンプでとくにかさばるものはひとりずつ必要になるアイテムです。食器類などはさほどかさばるものではありませんがチェアなどは思いの外かさばってしまいますので購入するときは車にどれぐらいの余裕があるのかを注意して購入しましょう。

コンパクトチェアなどの収納にスペースを取らないものは確かに便利なのですが、軽くコンパクトになっている分座り心地は折りたたみ式とうに比べて劣ってしまうというデメリットもあります。
他のアイテムとの兼ね合いやご自分の好みに合わせて選びましょう。

・座面のハリと高さ

アウトドア用品は前述でもお伝えしている通り”コンパクトにできる”ということがひとつのポイントですので、自分にあった”座面の高さが気になる”や”座面が柔らかすぎる”ということがよくあります。アウトドアで使用するときは椅子にずっと座ってばかりではなく立ち上がったりまた座ったりというのを繰り返すことになります。自分の好みや、体にあったチェア出ない場合と腰やお尻が沈みこんでしまい、立ち上がるのが面倒になってしまいますので注意しましょう。

・メンテナンスがしやすいかどうか

チェアも、テントやタープと同様に直接地面につけて使用しますので使い終わってそのままにしておくと早く劣化してしまいますのでメンテナンスのしやすさも重要なポイントとなります。
コンパクトチェアなどは生地部分とポール部分を外せるようになっていますのでメンテナンスなどはしやすくなっています。

・まとめ

アウトドアチェアを選ぶ時のポイントをご紹介してきましたがいかがでしたか?
特に自分の好みにあった座面の高さや座り心地のもの出ないと、せっかく購入したものの使わなくなった、、、なんてことにもなりますので気をつけてくださいね。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA