テントの豆知識| WAQ OUTDOOR JOURNAL

自分に合ったテントを選ぶのであれば、ある程度テントにどんな種類があるのかを知っておくことが大切となります。
そこでまずはテントのタイプの中でもとりわけキャンプ用として主に使われる種類の中から、初めて購入される人がおすすめされやすいテントの種類を分類して紹介していきますので、特徴を理解してぜひ選び方の参考にしてください。

・テントの構造について

キャンプ用のテントとしておすすめされることの多いテントの構造には大きく分けて2種類あります。
シングルウォールテントと、ダブルウォールテントというタイプなのですが、どちらも長所もあれば短所もありますので、自分のスタイルに適したテントを見つけましょう。

・シングルウォール
ポップアップテントなどの単純な構造に多く見られるシングルウォールテント。
設営が比較的簡単で軽量化されているためバイクツーリングなどには適していますが、レインフライと呼ばれる雨などからテントをカバーするシートがないため、水が侵入しやすかったりテント内が蒸れやすかったり前室がないモデルなどと不便な点もあります。

野外イベントやビーチなど、悪天候になりやすい環境の中で宿泊する可能性が少ないシーンではおすすめのテントと言えますが、しっかりと一泊する必要のあるキャンプの場合はスペック不足のモデルが多く不向きと言えます。

・ダブルウォールテント
登山用のテントからファミリー用のテントまで幅広く使われるテントの定番タイプです。
キャンプ初心者であればとりあえずダブルウォールテントの中から選ぶのが間違い無いでしょう。

インナーテントと呼ばれる室内と、それを覆うように被せるレインフライを組み合わせて使うテントなので雨風をしのいでくれるだけでなく通気性にも優れており、テントの内部が蒸し暑くなるのを防ぎ、また結露が発生しにくい構造となっています。

大きめのレインフライを搭載したテントであれば”前室”と呼ばれるスペースを作れるテントもあるので、荷物を置くスペースを確保できるタイプのテントもあります。
しかしその分パーツの種類や重量などが重くなり、構造も少し複雑になるので
一人で設営するにはある程度の慣れが必要です。

キャンプ場などで宿泊する予定がなく、野外イベントやBBQなどを想定している方はシングルウォールテント、がっつりとキャンプを楽しみたい方はダブルウォールテントがおすすめです。

・ポール素材の種類

テントの構造やグレードによって使われているポールの材質が異なります。
テントを初めて買うとき、買い換える際にはこちらも見てみましょう。

・アルミ合金
強度と柔軟性を兼ね備えた軽量な素材。

節目もフラットにできるので、テントポールに使用する上で最適な素材です。
ほかの素材と比べると高価なもののため、上級モデルに多く採用されています。

・スチール
十分な強度がありますが、重く、柔軟性に欠ける素材です。
そのため、天井などの柔軟性が必要な箇所に使われることはなく、テントのサイドポールなどに採用されていることが多いです。

・グラスファイバー
鉄と比べて軽量で柔軟性があり先ほど紹介したものよりも安価なため

コストパフォーマンスに優れた素材です。
ポールのつなぎ目に感具が使用されていることが多くスリーブに通す際に
引っかかりやすいというデメリットもあります。

・テントを設営する時の工夫

グランドシートを利用する
テントの下にはグランドシート等を敷き、テントの底が地面に直接触れないようにしておくと・水濡れ・浸水・汚れからテントを守ることが出来るので長く使用することができます。

選ぶ際のポイントは、テントとシートの間に雨水が侵入してこないようテントよりも少し小さめのサイズを選ぶか、はみ出してしまうのであればその部分を内側に折り込んでおくことがポイントです。

レイヤードをしっかりする。
テントを設営しただけでは快適に睡眠を取ることはできません。
そのままでは寝心地も悪く、地面の冷たさも直に伝わってきてしまいます。
必ずテント内にはテントシートを敷き、余裕があればその上にキャンピングマットを
設置すると快適に眠ることができますので、しっかりとしたレイヤードもポイントの一つです。

・天候が悪い時の設営の方法

場所選びは慎重に
テントを設営する際に必ず水はけが良く水たまりの少ない場所を選びましょう。
他よりも低く平らな場所で設営してしまうとどんどん水が侵入して大変なことになります。
しかし、テントサイト内がどこも水たまり、、、そんな場合は石や木を利用して
サイト周りに水が流れるよう溝を作りましょう。溝を作ってしまえば外に水を逃がすことができますので
テント内へ水が侵入することを防げます。

タープを最初に設営する
タープをはじめに設営してしまえばその中に荷物を入れることができるので
テントの前に設営してしまいましょう。
この時大きめのテーブルも合わせて用意することで作業が楽になります。

テントの設営は雨が小降りになるのを待つ
肝心のテントの設営ですが、極力雨が小降りになるまで待ってから行うようにしましょう。
無理やり雨が降る中設営しても、テント内に水が入ってしまっていたら快適に過ごせなくなってしまいます。
タープの中で準備できるものはしておいて、状況をみて一気に設営できるようにしましょう。

・まとめ

キャンプサイトを予約したのに天気予報は雨…どうしても残念な気持ちになってしまいますが、必ずしもキャンプが出来ない訳ではありません。
もしキャンプの天気が雨になりそう…という時でも工夫して快適に過ごせるように設営してみましょう。

WAQオンライン公式ストア

WAQオンライン公式ストア